TOP > 書籍ガイド >

皮膚は考える

皮膚は考える コメント

 皮膚は考えるを読むと、皮膚は脳以上の情報処理機能も持っていることが分かります。ぜひ読んでみてください。

皮膚は考える 関連書籍

愛は脳を活性化する
第三の脳―皮膚から考える命、こころ、世界

皮膚は考える 目次(詳細)

序論―感じ考え、判断し行動する皮膚

1 皮膚は最も大きな臓器「外臓」である

皮膚の階層構造
皮膚のバリアはプラスチック並み
常におのれを知っている皮膚

2 電気仕掛けの皮膚機能

皮膚は電池になっている
老人のカサカサ肌の原因は「電池切れ」
外から皮膚に電気をかけるとどうなるか
電気の作用で皮膚の再生を促進する素材

3 情報伝達物質を生み出す皮膚

皮膚は免疫をつかさどる臓器である
皮膚が内分泌系に及ぼす影響

4 皮膚はセンサーである

外部刺激のセンサーとしての皮膚
神経より先に表皮が感じる
もう一つの痛みセンサー
光を感じる皮膚

5 皮膚は脳である

脳の機能を担う部品「受容体」
皮膚は脳と同じ受容体を持つ
精神をつかさどる皮膚

6 身体の健康、こころの健康も皮膚から

外部環境と皮膚
心的ストレスと皮膚
鍼灸の科学と皮膚科学
皮膚科学の可能性

むすび―皮膚科学が拓く未来の医療