鍼灸院からの情報 > 書籍ガイド >

虫歯から始まる全身の病気―隠されてきた「歯原病」の実態

虫歯から始まる全身の病気―隠されてきた「歯原病」の実態 コメント

 虫歯から始まる全身の病気―隠されてきた「歯原病」の実態をよく読むと、歯や顎の骨の奥深くに潜伏した細菌で起こる病気として、関節炎(あらゆる関節の痛み・腫れ・変形など)、リウマチ、心臓病、腎臓・肝臓・胆嚢障害、首・背中・肩の凝り、帯状疱疹、貧血、肺炎、虫垂炎、神経痛、神経系障害、動脈硬化などがある他、目、耳、皮膚などにも様々な症状が起こることが、大筋で納得できます。
 現状では、歯だけを見ている歯科医師の診断には限界があり、一般的な医師も口腔の影響を考えずに診断するため、継続的に毒素を発生する病巣が放置されたままとなり、その結果、原因不明の治らない難病が多発していることが分かる本です。
 管理人は、この本を読んで、針治療のアプローチ方法が大きく変わりました。
 ご家族の健康管理にも役立つ本です。ぜひ、購入してください。

虫歯から始まる全身の病気―隠されてきた「歯原病」の実態 目次(詳細)

第1章 世界一の歯科医登場、ウサギが明かす治療した歯の問題
第2章 隠された根管治療の事実
第3章 歯牙感染を起こす細菌や微生物
第4章 根管消毒剤では消毒できない
第5章 歯の感染による驚くべき血液の変化
第6章 歯根の感染と全身への影響
第7章 口中にいるスピロヘータ、アメーバ、その他の常在菌
第8章 口内細菌はジキルとハイド、無毒菌が猛毒菌へ
第9章 改良されても問題ある根管充填材
第10章 感染した歯ぐきも全身の深刻な病気につながる
第11章 生命現象はカルシウムイオンに依存する
第12章 歯の細菌が好んで侵す心臓と循環器系
第13章 小さな虫歯から始まる全身病
第14章 レントゲン写真の限界
第15章 免疫力が落ちるときは根の治療を避けるとき
第16章 細菌の出す毒素も細菌と同じくらい有害
第17章 この研究が隠された謎、病巣感染を否認する人々の重大な過失
第18章 虫歯が原因で全身に起きる病気の実例
第19章 「歯根尖切除術」は驚異の外科手術として信じていたものの…
第20章 新たな研究が証明するプライス博士の発見
第21章 二重盲検法に匹敵するウサギ30羽の研究
第22章 死と歯科医学
第23章 電子顕微鏡の驚異 エンドウ豆大に見える細菌
第24章 歯槽の感染を放置しない抜歯法
第25章 まとめ

日本の未来のために、日本人必読の書

カスタマーレビューを読んでから購入しましょう!

携帯からも閲覧できます


鍼灸院からの情報 > 書籍ガイド >