鍼灸治療院からの情報 > 書籍ガイド >

現代語訳 奇経八脈考

現代語訳 奇経八脈考 コメント

 現代語訳 奇経八脈考は校注をする際、気の動きを感覚で確認しながら、原著の校注をされたそうです。特に、鍼灸師の方に購入をお薦めします。奇経の臨床応用例など、盛りだくさんです。

奇経八脈考には使える脈診が紹介されています

 脈診の一つ、気口九道脈の図は使いやすいように編集しています。解説は奇経八脈考を購入して参照して下さい。

現代語訳 奇経八脈考 関連書籍

気口九道脈

 気口の部位で一脈を九道に分け、十二経絡と奇経八脈を診断する。

左手にて九道を診るの図

 
膀胱経 小腸経
心経
肝経
胃経 三焦経
心包経
脾経
胆経 大腸経
肺経
腎経

 
陽きょう脈← 任脈

督脈(浮)
衝脈(牢)
→陽きょう脈
帯脈←→帯脈
陰維脈/
陰きょう脈←
\陽維脈
→陰きょう脈