鍼灸治療院からの情報 > 書籍ガイド >

関係法規(マッサージなどの法律)

関係法規(マッサージなどの法律) コメント

 関係法規(マッサージなどの法律)を購入し確認して下さい。業者は、マッサージ法律を知らない人達を集め、短期間の研修で認定証を乱発しています。
 正規の国家資格者の増加と無資格マッサージの供給過剰が続けば、法的な問題が表面化し、業界の信頼低下は避けられません。
 これからのマッサージは、今まで以上に、相手の要求に応えられるサービス(足裏だけでなく、肩・首・腕・指・背中・腰なども的確にマッサージして欲しいとか)と、的確な医療知識(重病の予兆かどうか、検査のため病院に行ってみた方が良いとか)が問われてきます。

関係法規(マッサージなどの法律) 関連書籍

無免許営業の取締り

 医師以外の者で、あん摩、マッサージ、指圧、はりまたはきゅうを業としようとする者は、それぞれ、あん摩マッサージ指圧師はり師またはきゅう師の免許を受けなければならず、無免許でこれを業として行った者は、30万円以下の罰金に処せられること、および「業とする」ということの意味は反覆継続の意志をもって施術を行うことである。

あん摩マツサージ指圧師,はり師,きゆう師等に関する法律

〔免許〕
 第1条 医師以外の者で,あん摩,マツサージ若しくは指圧,はり又はきゆうを業としようとする者は,それぞれ,あん摩マツサージ指圧師免許,はり師免許又はきゆう師免許(以下「免許」という.)を受けなければならない.
〔免許資格〕
 第2条 免許は,学校教育法(昭和22年法律第26号)第56条の規定により大学に入学することのできる者で,3年以上,文部大臣の認定した学校又は厚生大臣の認定した養成施設において解剖学,生理学,病理学,衛生学その他あん摩マツサージ指圧師,はり師又はきゆう師となるのに必要な知識及び技能を修得したものであつて,厚生大臣の行うあん摩マツサージ指圧師試験,はり師試験又はきゆう師試験(以下「試験」という.)に合格した者に対して,厚生大臣が,これを与える.
〔罰則〕
 第13条の5 次の各号の一に該当する者は、30万円以下の罰金に処する。
 1 第1条の規定に違反して,あん摩,マツサージ若しくは指圧,はり又はきゆうを業とした者

外部リンク

あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律の一部を改正する法律等の施行について