鍼灸院からの情報 > 治療と東洋医学 >

黄砂・PM2.5の観測状況(本日分)

黄砂PM2.5の濃度分布図

ライダー装置による観測データを黄砂・PM2.5に分けて、対数目盛グラフで表示

 ライダー装置とは、レーザー光で、大気中の浮遊粒子状物質(エアロゾル)を測定する装置です。
 ライダー装置で、エアロゾルの高度別濃度分布、粒子の大きさ・形状などを知ることができます。
 ライダー装置は、粒子の形状で、黄砂・PM2.5を区別しています。
 測定状況(*):計測不能な高度があるため、計測可能な高度のみの観測データをグラフで表示します。
 測定状況(X):観測データが届いていないため、グラフで表示できません。

黄砂・PM2.5の観測状況(本日分)

黄砂よりもPM2.5の方が多く観測されています

 この情報を多くの人に拡散してください。
 情報拡散には、twitterでのつぶやき、blogへの投稿なども活用してください。
 黄砂・PM2.5の観測状況:国立環境研究所←最近の観測状況
 ※国立環境研究所のデータを見やすく表示しています。

携帯からも閲覧できます

外部リンク

国立環境研究所


鍼灸院からの情報 > 治療と東洋医学 >