鍼灸院からの情報 > 治療と東洋医学 >

肺真菌症:肺アスペルギルス症、ノカルジア症など

肺真菌症が増えているのは、なぜか?

 肺真菌症が増えているのは、カビを含みやすい黄砂の飛来が、日本全国に広がっているからです。
 肺真菌症が楽になるように体調を整えることで、体も楽になります。
 肺真菌症が起きる原因をこのぺーじでは、分かりやすく説明しています。
 DS元気も活用してください。

肺真菌症とは

肺真菌症とは、カビの一種である真菌が肺に感染する病気

 肺真菌症は、健康な人にも感染することがあり、感染の報告も増える傾向にあります。
 肺真菌症は感染症であり、カビによる夏型過敏性肺炎とは異なります。

肺真菌症の原因:アスペルギルス、ノカルジアなど

 原因となるのは、カビで、約20種類あります。
 黄砂には、600種類以上の細菌が付着しています。

肺真菌症の症状

 発熱、咳、痰、呼吸困難など。
 肺アスペルギルス症、ノカルジア症など。
 肺真菌症で急性型の場合は、髄膜炎を併発することもあるので、迅速な治療が必要です。

肺真菌症の治療

 抗真菌剤を投与したり、手術を要する場合もあります。

肺アスペルギルス症

肺アスペルギローマ

 肺アスペルギローマとは、先行疾患で肺が傷つけられた状態に、アスペルギルスが生着し、次第に増殖、やがて空洞などの気腔内に菌球やボール状の真菌の塊が形成される慢性の病気です。
 先行疾患として、肺結核後遺病変、肺気腫、気管支拡張症、塵肺症(黄砂症も含む)、胸部手術後、サルコイドーシス、間質性肺炎などがあります。

アレルギー性気管支肺アスペルギルス症

 アレルギー性気管支肺アスペルギルス症とは、気管支に付着して、かたまりを作ったアスペルギルスが抗原となって、アレルギー反応を起こす病気です。
 発熱とともに、喘息に似た発作を起こします。
 アレルギー反応で、気管支が破壊されます。
 適切な治療が行われないと、全肺に広範囲な線維化、嚢胞化病変を来たし、呼吸不全になります。
 気管支と肺の破壊を防ぐため、治療の第1選択は、ステロイドの使用です。

日本人必読の書

カスタマーレビューを読んでから購入

ノカルジア症(ノカルジア肺炎)

 ノカルジア症とは、黄砂などの塵埃(じんあい=ダスト、ほこり)と共に、病原性放線菌のノカルジア属菌(好気性)を肺に吸い込んで、化膿性肉芽腫性炎を起こし、咳や痰、発熱、胸痛、呼吸困難など肺炎に似た症状を起こす病気です。
 放線菌は、細胞の中に核膜を持たない原核微生物の仲間で、菌糸が放射状に伸びることからこのような名前が付けられました。カビなどの真核微生物とは生物学的な分類が異なります。
 病原性放線菌は、進行すれば菌は血液を介して内臓、皮下など体中に広がり、それぞれの組織に膿瘍を生じます。
 ノカルジア菌が脳で増殖する場合もあり、パーキンソン病との関係も指摘されています。
 病原性放線菌で、アクチノミコーゼという後遺症が残る場合もあります。
 アクチノミコーゼとは、現在は感染性がない状態で、過去に放線菌による感染で肺が破壊されたため、肺機能が低下し、肺活量の低下・息切れなどが起こる後遺症のことです。

携帯からも閲覧できます

外部リンク

関連する本

書籍ガイド


鍼灸院からの情報 > 治療と東洋医学 >