鍼灸院からの情報 > 電磁波の歪み調整で過敏症も楽にする治療 >

人格障害からの混乱への対応方法と治療

人格障害への対応方法は、関わるな・元気あげるな・気をつけろ

人格障害とは邪気を出す障害のある人で、人間の魂を死に追い込むマイナス思考の悪魔

 人間が心を鬼にして対応しない限り、一方的に寄生され、メチャクチャな人生にされるだけです。
 人格障害は、人間を混乱させることで、魂を食い物にして、元気になる悪魔です。
 呪詛返しにも使えるDS元気で、あなたとあなたの家族を守ってください。

人格障害からの混乱を減らす方法

人格障害からの混乱には電磁波の歪み調整カード

 人格障害からの混乱を減らすのに、まずは電磁波の歪み調整カードを使ってください。
 人格障害からの混乱をブーメラン化して人格障害に戻すだけですから、安心して使ってください。
 悪魔に負けない防衛が半端じゃないので、面白い展開になっていくのですが、信じてもらえます?
 電磁波の歪み調整カードを使って、人間関係で生じる混乱をバッサリいきましょ!

人格障害からのマイナス感情の混乱にはDS元気

 人格障害からのマイナス感情の混乱にはDS元気も使ってください。
 電磁波の歪み調整カードに粘着してくるマイナス感情も元気に変えていきます。
 人格障害から、人間の純粋な精神を守り抜くと決意してください。
 DS元気電磁波の歪み調整カードで、あなたの家族の健康を守ってください。

人格障害からの混乱に効果のあるツボ刺激

DS元気針治療で効果のあるツボ

 ハートに埋め込まれた邪念を祓い、混乱させられた箇所をハートに伝えて調整します。
 DS元気2つで調整する方法を参照してください。

人格障害の分類(参考:DSM-IV-TRによる規定)

クラスターA:風変わりで自閉的で妄想を持ちやすく、奇異で閉じこもりがちな奴

クラスターB:関わる人間の調子を狂わせて、元気を奪う奴

クラスターC:不安を強く持った不細工な顔で、関わる人を腐らせて、元気を奪うで鬱陶しい奴

人格障害への対応は、No,Thank you!

人格障害への対応:かわるな・んきあげるな・をつけろ(五七五調)

 人格障害とは、人間を修羅場に巻き込む悪魔であり、人間から元気を吸い取る吸血鬼であり、人間を狂わせるモンスターです。
 「元気あげるな」の字余り(八文字)は、「現金あげるな」です。

人格障害が年々過激(かげき)になっているので、「か・げ・き」で自衛を

 PM2.5の有毒成分PAHが増えて、元気の減り方が早くなったため、人間から元気を奪う度合いが過激になっています。
  1. 人格障害が、一度に人間から奪う元気を過激に増やす
  2. 人格障害から元気を奪われた人間は、元気の奪われ方が過激(かげき)なので、「か・げ・き」で自衛
  3. 人格障害が、元気を奪える人間が減る(1.へ戻る)
 人格障害に関わって、元気にしたら、不幸な人間を増やすので、気をつけて!

人格障害の過激な腐敗力なめんなよ!「か・げ・き」で自衛を

 人格障害は、入り込んだ組織の運営を狂わせることで元気になる破壊力抜群のモンスター!
 人格障害が関わってきても、相手にせず、大切な家族を守ってください。
 人格障害が入社しようとしても、圧迫面接で見破って、入社させないようにしてください。大切な会社を守ってください。
 人格障害が活躍できる場は、お客様の金と心を食い物にするブラック企業です。
 人格障害から元気を奪われることで、癌になったり、鬱になって自殺したりする人間もいる訳ですから、とても深刻な問題です。

人格障害が主張する理由は無視!

 人格障害の言動は虚言癖があるので、真に受けると、あなたの精神が狂って、おかしくなっちゃいますよ。
 人格障害の言動はワンパターン(人間を巻き込む力が強力)なシナリオが多いので、推理して対応!
 人格障害の言葉は無理難題を相手に呑ませるための屁理屈・その場しのぎ・逃げ口上が多いので、無意味!

心の世界の現実は「天使と悪魔の戦い」

 人格障害は、悪魔・吸血鬼(バンパイア)・モンスター(クレーマー)。
 人格障害は、人間に寄生して、都合が悪い時は人間のせいにして、人間をゆすって、ゆれた人間にたかって、人間を狂わせて元気になる人モドキ。

 天使は、相手に喜んでもらえて、嬉しいのは、本人が自律できる状態になって、相手の思考や行動が変化した時。
 悪魔は、相手に喜んでもらえて、嬉しいのは、罠に嵌まった時。自分に都合がいいように、相手の思考や行動が変化することを願う。

 天使は、恩着せがましくしない。自律した人間に成長した上で、子々孫々に繁栄することを願う。
 悪魔は、恩着せがましくして、相手が自分に隷属することを願う。有利な結果を引き出すために。

 天使は、自然な感じの親切がモットーで、相手の依存心が強くならないように偶然を装うこともある。
 悪魔は、不思議で特別な感じ(サプライズなど)を演出し、親切なお人好しは、コントロール対象。

 悪魔に対しては、心を許さず、誘いに乗らず、元気にしないで、道理に基づき、心を鬼にして対応してください。

人格障害と熱力学第2法則(エントロピー増大の法則)

人格障害の法則は、熱力学第2法則(エントロピー増大の法則)

 人格障害の法則は、人間の純粋な精神(エントロピー小)を汚れたもの(エントロピー大)に落とし込むことで、エネルギーに変換する地獄の熱力学。
 人格障害は、人間の純粋な精神(エントロピー小)を汚し腐らせ狂わせて、混沌としたもの(エントロピー大)に変えることで、人間の心のエントロピーを増大させて生命力を奪い、自分の生きるエネルギーを得る地獄の熱力学モンスター。
 不満な気持ちは、心のエントロピーを増大させるため、人格障害不満な気持ちを持つように他人をそそのかして、自らの心のエネルギーに変換します。
 人格障害の世界は、不満な気持ちがエスカレートし、狂気が自省(エントロピーの極小化)を排除し、エントロピー増大の狂気が自己主張して玉座に座る世界。
 人格障害の狂気は、この世をエントロピー増大の修羅場に変える閉鎖系での熱力学現象であり、その他に本質的な理由は皆無。
 生命の本質は、エントロピー増大に抗うのが基本なので、人間なら人格障害に対抗すべし!
 人格障害を殲滅することが、調和を主とする生命の基本原則であり、神の命令です。

人格障害の熱力学第2法則(エントロピー増大の法則)の適用範囲から逃れる方法

 孤立系で、お互いの粒子の間に力が働かない多粒子の系では、時間が経てば、密度の分布が均一化され、エントロピーが増大します。
 エントロピー増大が実現するのは、お互いの粒子の間に全く力が働かない場合で、そのままエントロピー増大を無制限に適用することはできません。
 宇宙空間では、重力が重要な役割を果たし、熱力学第2法則はそのままでは成り立ちません。重力が果たす働きは、統計的に乱雑になろうとする働きと、正反対に働く作用になります。
 人格障害を排除した上での密な人間関係が、人格障害の法則が適用されて混沌の修羅場になることを防ぎます。

人格障害からの混乱を意図したコントロールを調和の祈りで浄化

人格障害の不満な気持ちで乱されると電磁波のエントロピーが増大

 気持ちに擦り込まれた邪気をDS元気で浄化してください。
 DS元気を体感できない人間は、不健康なエネルギーが蓄積している人格障害が形成する場に鈍感である可能性が高いです。
 DS元気を体感できない人間は、人間の魂を魔界に誘い込む存在もいるスピリチャルには、関わらない方が良いです。

人格障害のマイナス感情で混乱させられると低周波磁気のエントロピーが増大

 マイナス感情DS元気で浄化してください。

人格障害のマイナス思考で混乱させられると高周波電気のエントロピーが増大

 思考に組み込まれた邪気をDS元気で浄化してください。

人格障害(パーソナリティ障害)とカウンセリング

人格障害のクライアントと対応したカウンセラーの記事より抜粋

 人格障害と呼ばれるクライアントの中には、カウンセラーの無意識に一気に入り込んでくる人々がいる。
 そのときカウンセラー側の心身反応として、息苦しくなったり、眠くなったり、考えていることが相手に伝わっているように思えたりする。
 また、プライベートの時間にも、ふとそのクライアントのことが思い出されたりもする。
 このように難事例になればなるほど、気の働きを通して二者の間に「情報」が行き交うため、相手の無意識の働きに影響を受けてしまう。
 カウンセリングの場では、「意念(=思い、イメージ)」を働かすことが大切である。
 心の中に閉じ込めざるを得なかったネガティブな強い思いを解放するには、クライアント自らが「自己受容という扉」を開かなければならない。

人格障害との共依存で、社会を不幸にするメサイア・コンプレックス

メサイア・コンプレックスの特徴は、自分に対する強い「劣等感」と、自分を取り囲む社会に対する「嫌悪感」

 メサイア・コンプレックスの「人間を助けたい」という思いの本音は、「自信をつけたい」「社会を変えたい」という心。
 メサイア・コンプレックスの特徴は、自分を愛せない、自信がない、家族も嫌い、自分が住む社会も嫌いなので、人格障害(特に、他者を操作する傾向の強い境界性人格障害)と共依存になります。
 共依存の関係者は周りを巻き込み、関わる者すべてを不幸にします。
 メサイア・コンプレックスは、現状に不満な気持ちを持ち、現実逃避したいので、理想主義に走っているだけです。
 ですから、現場で現実を突きつけられると、不満な気持ちで現実逃避します。
 そのため、メサイア・コンプレックスが主張する奇麗事が現実に成し遂げられることは皆無です。
 奇麗事に酔いしれるシワ寄せで、現場は過酷な現実になります。
 メサイア・コンプレックスは、「友愛」「平和」「人権」「反戦」「可哀想」などの奇麗事に目を向け、厳しい現実を見ません。
 そのため、人格障害が発する奇麗事・泣き落としの嘘を見抜けず、人格障害と共依存になります。
 そのため、悪魔の使い走りとなって、ドラマ仕立ての嘘・奇麗事を発するようになります。

メサイア・コンプレックス+自己愛性人格障害→カルト宗教の教祖

 自己愛性人格障害のパワーが地獄の魔王のように強力だと、奇麗事で、お人良しな男性たちを信者として獲得できるカリスマ性も持っています。  カルト組織が形成されていく過程で、権利拡大のために、他者を非難してコントロールしようとする人格障害の悪魔の性質が、社会の平和を乱し、非常に危険です。
 カリスマ性を獲得した人物(部外者には、気味の悪い奴)が率いるカルト組織に対抗できるのは、長い伝統を保った権威ある家系なので、日本で最も権威がある家系は、天皇家です。
 家系というのは、基本的には世界共通で、男系継承(父方の家系)です。
 父親から息子に受け継がれるY染色体が家系の生物学的な意義です。
 王国や帝国においては、男系が変われば王朝が変わります。
 この基本認識は世界共通です。
 日本の天皇家は、男系継承が途切れず続いているため、万世一系と称され、反日国家を除く世界の国が権威を認めています。
 日本という国号は天皇家の王朝名です。
 天皇家の男系継承が途絶えれば、実質的に日本という国号は消滅します。
 途中に女帝も存在しましたが、どれも父親が皇族である男系の天皇で、次の男系天皇までの中継ぎでした。
 母親だけが皇族の女系天皇というのは、歴史上存在しません。
 日本人を地獄に道ずれにしようとする連中は、女系天皇の容認を求めたりするなど、天皇の権威をおとしめることを画策する人格障害反日です。

メサイア・コンプレックスは、奇麗事で魔道に誘う、カルト宗教への道、危険!

 メサイア・コンプレックスの言動を見て、気味の悪さを感じるのは、奇麗事に危険な臭いやテーストを感じるからです。
 この感覚が無い場合、お気の毒ですが、現在のあなたも同類です。
 悪魔と悪魔の使い魔が多く住むの場所は地獄です。
 なるべく早く心の地獄から脱け出しましょう。
 お人好しは、悪魔に都合がいいように行動してしまうため、天国を語りながら地獄を招きます。
 賢明な人間は、悪魔の嘘・奇麗事・泣き落としなどを見抜き、心を鬼にして悪魔のコントロールを回避します。
 人間は、メサイア・コンプレックスに、薄気味悪さ、心の弱さ、将来の危険を感じます。
 直感を大切にしてください。

人格障害は、うつ病の診断を医師から取り付けている場合も

人格障害は、知識は身につけても、生活の知恵(周りの人間と平和に暮らすための配慮)は身につけない

 人格障害は、理屈を主張しますが、真実(まこと)には欠けます。
 人格障害は、他人の気持ちを傷つけることには鈍感で、他人の情(情け、感情、劣情、欲情など)をコントロールします。
 人格障害は、自分の気持ちが傷つくことには敏感で、自分の情(感情、欲情)を暴走させます。
 人格障害は、自滅(自爆)も多く、機能不全家族(家庭崩壊)による世代間連鎖で絶えてしまう宿命。
 人格障害は、心の本籍地が地獄なので、魔王のように圧倒的な力を持たない限り、心の平安はありません。

人格障害の反対は、感謝の心(ご先祖、両親、縁ある人に恩を感じる心)

 恩に対する感謝は、社会が安定して平和が続くことを願う現実的な哲学です。
 先祖や親(義父・義母も含む)を敬い、妻が子供に命を伝え、夫が妻を守り、お婆ちゃんが嫁の子育てを手伝い、お爺ちゃんが孫に歴史や伝統を伝え、ということを大事にしている家庭ほど、人格障害とは無縁です。
 反日を強制している国では、人格障害の割合が多くなります。

人格障害と関わって、無傷の人は皆無

 人格障害をコントロールしようと考えないでください。
 人格障害をコントロールしようと考えた時点で、あなたも人格障害になります。
 人格障害には複数の人間で対応するのが鉄則です。
 自尊心を低くしている人間ほど、虚偽に基づいた罪悪感を人格障害から持たされて、さらに自尊心を低くされて、人格障害から見下されて、生きる気力を奪われるという不合理な共依存の関係に持ち込まれます。
 殴る・蹴るは体への暴力ですが、罪悪感を持たせようとするのは心への暴力です。
 罪悪感を持たせようとする心への暴力は、断固拒否してください。
 人格障害の概念を知って、人格障害というモンスターが跋扈(ばっこ)する機会を増やさないようにしてください。

人格障害が弱そうに見えても、強力な悪霊に憑依されている時は強くて危険

 人格障害と関わると、修羅場に引っ張り込まれます。
 人格障害とは、不動明王のように鍛え上げられた人間以外、個人で関わらないのが基本です。
 素人が対応できる範疇を超えています。
 この一文を読んで笑える人間は幸せな人間です。
 今までの幸せを維持するため、「関わるな」を維持されることをお薦めします。

人格障害の法則

歴史と実例が証明する法則より改変

  1. 人格障害と組むと負ける。
  2. 人格障害が抜け駆けをすると、人格障害のみが負ける。
  3. 人格障害から嫌われると、法則を回避できる。
  4. 人格障害と縁を切った場合、法則を無効化出来る。
  5. 人格障害と一方的に商売をする場合は、法則は発動しない。
  6. 人格障害と手や縁を切った場合、運気や業績その他、全ての面に置いて急激に回復、若しくは上昇傾向が期待出来る。

人格障害で非定型うつ病と診断されている場合

人格障害のうつ状態は、従来のうつ病とは掛け離れている「非定型うつ病」

 「非定型うつ病」は、イライラした落ち着かない気分に支配され、集中力が散漫になり、仕事などが手につかなくなります。
 「非定型うつ病」は、人間関係にもトラブルが起こりやすく、激しい感情をぶつけてしまったり、逆に相手に拒絶されたと感じて絶望的になり、突発的に関係を切るような行動に走りやすくなったりします。
 「非定型うつ病」の行動パターンは、人格障害の行動パターンに含まれているため、人格障害のうつ状態(生きる気力を奪える人間がいない状態)と言えます。

人格障害は性格であるため、治療できません

 人格障害の治療は、精神分析的精神療法や認知行動療法などの精神療法が中心になります。
 合併している精神障害の治療や精神症状に対する対症療法が補助的に用いられます。
 器質性の脳障害に端を発する症状の可能性もあります。
 人格障害は一般に難治ですが、一部の人格障害は、30〜40歳代までに状態が改善していく傾向(晩熟現象)があります。
 それは、社会生活を通じて多様な人々に触れ、世の中には様々な生き方・考え方があると言うことを知って、受容していくからだと考えられています。

呪詛返しは、投げつけられた糞(クソ)を敷地に返すイメージ

 呪詛返しは、人格障害が投げつけてきた糞を手を汚さないようにゴミばさみで挟んで、投げつけてきた人格障害の敷地に静かに返すイメージです。
 人格障害の汚い言動と共に糞を投げつけられた人間は少し汚れますが、糞の位置は正確に把握できるので、短期間なら踏んでしまう危険が少ないです。
 返された呪詛に相当する糞の位置を知らない人格障害は踏んでしまって臭いぞってイメージです。
 魔術合戦には、イメージが重要で、このイメージの場合、糞を踏んでしまって臭わせた方が大きなダメージを受けます。  もちろん、現実化するのは、糞を踏んでしまうことではないでしょうし、いつ現実化するかも不明です。
 糞のイメージを投げつけてきた人格障害に早めに返すコードなので、呪詛返しすべきです。
 人格障害が投げつけてきた不満な気持ちが濃縮された嫉妬や憎しみのエネルギーを電磁波の歪み調整カードDS元気を使って、 NO, THANK YOU ! ( お断りします ! )で、呪詛返しすれば、調和を乱すトラブルメーカーの自爆を促して、不毛な人間関係を終わらせることができます。
 DS元気は、電磁メタマテリアルの完全磁気導体(Perfect Magnetic Conductor)の表面のメタサーフェスのように、飛ばしてくるマイナス感情の念を位相回転無しに反射して、念を飛ばす奴に、そのまま返しますから、呪詛返しにも有効です。

呪詛返しの量子力学的な解釈

 人格障害によって、過去から未来に向かって伝播する遅延波(因果律)に、あなたの生命エネルギーのエントロピーが増大するように設定されてしまいます。
 交流解釈での量子交流の原理で、未来から過去に向かって伝播する先進波をあなたの生命エネルギーのエントロピーが減少するように意識を放射するのが、呪詛返しになります。
 意識の電磁気学を利用した電子の浄化ツールであるDS元気を使うと、調和した状態に波動関数を収縮させることで、呪詛返しします。
 呪詛返しによって、あなたの生命エネルギーのエントロピーを減少させ、調和した状態に設定し直し、奪われた生命エネルギーを取り戻します。
 提供波と確認波が相殺し合うパターンを変更して調和させるので、人格障害でない人間には無害です。
 人格障害に混乱を返し、自立した人間の間だけで、相互依存の価値創造と共存共栄の調和を図ります。

携帯からも閲覧できます

外部リンク

ウィキペディア(Wikipedia)

関連する本

書籍ガイド


鍼灸院からの情報 > 治療と東洋医学 >