鍼灸院からの情報 > 治療と東洋医学 >

黄砂症(黄砂アレルギー)
PM2.5入りの黄砂飛散時期の対策と治療方法

黄砂症(黄砂アレルギー)の危険性を知っていますか?

黄砂症が危険なのは、黄砂に付着したPM2.5の猛毒成分NPAHによる症状だから

 黄砂症を引き起こす体内に蓄積した猛毒成分を減らしていくと、体も元気になります。

黄砂アレルギーとは黄砂症と呼ぶべき公害病

黄砂アレルギーとは正しい病名ではありません

 黄砂アレルギーとは俗称です。
 黄砂の主成分のシリカによって肺・気管支・鼻・目などの粘膜が傷つけられています。
 黄砂に付着した細菌は約600種類です。
 黄砂に付着したPM2.5の有毒成分PAHで健康被害が出ています。
 黄砂に付着したものによって引き起こされた炎症状態を黄砂アレルギーと呼んでいます。
 黄砂そのものが原因のアレルギーではありません。

黄砂アレルギーの検査は不可能

 黄砂アレルギーの検査は不可能です。
 黄砂は、蛋白質でもないし、金属でもないので、アレルギーを起こすアレルゲンにならないからです。
 黄砂アレルギーの検査が不可能なことを理由に、黄砂の健康被害を否定する医師がいるのは残念です。

黄砂は有毒物質を付着した粘着ダスト

 日本にまで届く黄砂は赤血球より小さい粉塵です。
 黄砂+PM2.5→猛毒NPAHという化学変化が進み、さらに毒性が増します。
 中国の公害が酷すぎて、さまざまな有毒物質が黄砂に付着しています。

黄砂症とは肺炎の咳から症状が悪化していく公害病

 で、肺の毛細血管を傷つけると、肺に粘着していた黄砂が大量に血液に入り込んでしまいます。
 体のあちこちに運ばれて、解毒排泄が追いつかなくなり、内臓脂肪などに有毒物質が蓄積し、内臓で細菌も繁殖しやすくなります。
 黄砂+PM2.5→猛毒NPAHを体内に入れないようにして、有害物質の排除を助ける対策をしてください。
 身体のバランスが崩れやすいところから、機能失調→炎症反応→機能不全という順番に病状が進行していきます。
 発癌性もあるPM2.5の有毒成分PAHの内部被曝を蓄積させない対策を。
 黄砂に含まれる猛毒NPAHの観測値を報道しないで、花粉症で騒ぐテレビに怒りを感じます。

黄砂症に効果のあるツボ刺激

DS元気針治療で効果のあるツボ

 黄砂+PM2.5→猛毒NPAHによって粘膜などが損傷されて症状が出ます。
 黄砂によってダメージを受けた部位の炎症を冷ますツボや、有害物質の排出を助けるツボが有効です。
 咳喘息のツボも有効です。
 黄砂に含まれる硫黄酸化物によって、後頭部が硬直しやすくなっているので、後頭神経痛のツボも有効です。
 このページは、針治療のコマーシャルページでもありますが、「空気」の汚れに関心を持たない鍼灸師に「邪気」を語る資格はないと思います。
 古代の中国大陸で発祥した医学を利用している立場ではありますが、現在の中国共産党に遠慮して、日本人の健康を損なう現状に沈黙している場合ではありません。

 ↑日本人必読の書

黄砂放射能の内部被曝

中国による砂漠での核実験

 1996年まで、核実験を続けていた中国の放射能も黄砂放射線に反映されます。
 黄砂入りの雨が降ると、放射線量の測定値が高くなる現象が、福島原発での事故よりも前から確認されています。
 核実験の時の放射能もつけて、日本全国に黄砂は飛来してきます。

黄砂セシウム137などの内部被曝は数十年も前から

 大気汚染粒子の環境基準を超過する量の黄砂が飛来した時も、放射性物質のセシウム137が大量に検出されています。
 内部被曝とは、放射性物質を体内にとりこみ、長時間にわたって身体の内側から放射線を浴びることです。
 すでに、何十年間も黄砂を吸い込むことで内部被曝を受け続けています。
 広島にはウラン原爆が投下され、長崎にはプルトニウム原爆が投下され、多くの日本人が核爆発の急性被爆で虐殺されました。それでも、日本人の平均寿命は世界一です。

黄砂のマーカーとして、ガイガーカウンターの活用を

 掲示板:黄砂・大気汚染PM2.5 2012年 3月に、
「去年の福島爆発後放射線量計を購入して1年間関東の空間線量を測定してきました。 線量計を関東の知り合いに発送する前に、
黄砂で景色が暗くなるほどの日に測定したらすごい放射能を検出していました。」
という投稿もあります。
 中国が砂漠の上で核実験をしていた時の放射能を含んだ黄砂でも、ガイガーカウンター(商品:エアカウンターSなど)の数値は上昇します。
 福島原発や瓦礫焼却の放射能の内部被曝を心配するよりも、ガイガーカウンターの数値を黄砂+PM2.5→猛毒NPAHによる内部被曝への対策として活用し、黄砂症の対策をする方が賢明です。

黄砂は肺だけでなく腎臓にも炎症を起こします

肺に炎症を起こす黄砂の成分は、硫酸イオン、シリカ、細菌

 黄砂の形は、ギザギザなので、空咳だと派手に肺を傷つけてしまいます。
 肺から気管支に向けて炎症が広がるので、治りにくい咳となります。
 黄砂の粒子は、赤血球よりも小さいので、傷ついた肺の毛細血管から血管の中に入り込み、血液とともに全身を循環します。
 腎臓に達した黄砂+PM2.5→猛毒NPAHは、高い血圧で血液を濾過する腎臓の糸球体を傷つけて腎機能障害を起こし、腎臓病の進行(体の老化)を早めます。  腎臓に負担がかかる疲労時に、腎炎の症状が出る人もいます。

黄砂で乾いた咳が続く状態は危険

 黄砂で、乾いた咳(空咳)が止まらない状態が続くと、ギザギザ粒子の黄砂が肺の毛細血管を傷つけてしまいます。
 肺の血管から黄砂+PM2.5→猛毒NPAHが血液中に流入していきます。
 この傷害で、血液を高圧で漉し出す腎臓に急性炎症が起こり、ランニング中に救急車で搬送されて、救急処置、緊急入院した人もいます。
 医療用の微粒子にも対応できるマスクが、おすすめです。

黄砂によるアジュバント効果

黄砂でアレルギー症状が激しくなる原因は、中国の有毒物質

 アジュバント効果とは、免疫反応で抗体の産生を亢進させる作用のことで、アレルギー症状を激しくします。
 花粉症は、花粉単体よりも、アジュバント効果のある物質が花粉に混入していることで、激しいアレルギー症状が出ます。
 アジュバント効果が強いのは、PM2.5の有毒成分PAH(ディーゼル排気ガス中の炭素性粒子DEPなど)で、硝酸イオン(窒素酸化物)もあります。
 蛋白質を含むダニや花粉や食品などの抗原に混入すると、アレルギー症状を激しくします。

黄砂の多い日に布団・シーツなどを外に干さないで

睡眠中は、喉〜肺が乾燥して、吸い込んだ異物を排出しにくい

 布団・シーツ・枕カバーなどを外に干すと、異物を排出しにくい睡眠中に、肺の奥まで、たっぷりと、黄砂+PM2.5→猛毒NPAHを吸わせることになります。
 他の洗濯物を外に干すかどうかは、家族の身体と黄砂PM2.5の有毒成分PAHの飛散状況を考えて判断してください。

そのまま放って置くと、大変なことになりますよ

汚染された黄砂の蓄積が限界を超えた健康被害が増えています

 風邪などをひいた時に、黄砂+PM2.5→猛毒NPAHが肺に蓄積していたことを思い知らされます。
 黄砂症が進行していく過程は、自覚症状が無い状態が長く続く場合や、限界を超えて爆発的に症状が出る場合など、さまざまです。

公害認定は遅いのが歴史の教訓。自主的に公害対策を

 黄砂+PM2.5→猛毒NPAHの悪影響を真剣に考慮されるよう、このページの情報が現場の医療関係者に対して注意喚起になれば幸いです。
 ある大学の環境科学研究科の女性は、妊娠すると、黄砂をできるだけ吸わないように必死に努力していました。
 妊娠初期に黄砂を吸えば吸うほど、流産や障害児が生まれる確率が上がることを知り抜いているからです。

ウイルス用のマスクを使って自己防衛

 花粉用のマスクだと、しっかり黄砂を吸い込んでしまいます。値段が高くても、ウイルス用のマスクを使ってください。

黄砂による目への悪影響で、失明の危険性も

黄砂は目を乾燥させ、形がギザギザなので、目をこすると角膜に傷がつきます

 傷口から細菌(黄砂には約600種類の細菌)などに侵入されることによって、細菌性結膜炎も発症していることもあります。
 アレルギー性結膜炎と誤診されて、抗ヒスタミン薬の点眼だけだと、角膜の潰瘍が進行していく危険があります。
 正確な診断と治療を受けて、コンタクトレンズを止めたり、ゴーグルを着用するなどして、角膜の潰瘍→失明の危険を避けてください。

黄砂で、リウマチや膠原病(結合組織疾患)も悪化

 黄砂の約60%を占めるシリカだけでも、膠原病が悪化しやすくなります。
 そのため、微小血管内皮細胞や末梢血単核細胞や皮膚線維芽細胞が活性化し、SLEや強皮症などの危険因子になります。

黄砂で、さまざまな炎症が悪化

 黄砂+PM2.5→猛毒NPAHを吸い込んで、発熱する人もいれば、三叉神経痛が出る人もいます。
 黄砂が口腔内に粘着して細菌の棲家となり、歯痛が悪化する人もいます。

黄砂で増える病気

黄砂で気管支喘息が増える

 黄砂+PM2.5→猛毒NPAHで気管支にも炎症が起き、気道が狭くなります。
 そうなると体は咳止めの薬のように神経を緊張させて気道を確保しようとします。
 寝る時に神経が緊張するので睡眠が浅くなり、夜更かししたような体になります。
 喘息状態の体になっているので、猫背にすることで気道を広げ、肩呼吸で呼吸量を確保しようとします。
 肩甲骨内縁に熱がこもり、熱中症の後遺症も起きやすくなります。

黄砂に付着する細菌の分類

 黄砂からは、現在のところ、呼吸器系に感染症を起こしやすいウイルス、クラミジア、マイコプラズマなどは検出されていません。
 グラム陰性菌も、ほとんど検出されていません。それでも約600種類ぐらいになります。

黄砂を大量に吸い込むと、筋肉や頭脳にもダメージ

 屋外のジョギングやランニングで黄砂+PM2.5→猛毒NPAHを大量に吸い込めば、心臓や肺や腎臓などの機能を低下させてしまいます。
 これでは、熱中症状態(けいれん、脱水症状、頭痛など)になりやすく、筋肉疲労と集中力低下が早くなります。

黄砂対策

黄砂対策に、排気のきれいな掃除機

 黄砂+PM2.5→猛毒NPAHが飛んでいる時は、外に洗濯物や布団を干さずに、除湿機を活用して室内干しを。
 黄砂は物置や家の中にも入り込んでいます。
 黄砂が飛んでいない時でも、掃除や片付けの時に黄砂を吸い込まない対策が必要です。
 黄砂は水で洗い流したり、水拭きしてください。
 黄砂を掃くと、巻き上げて吸うことになるので不適切です。
 禁煙してください。

普段から浄化していると、黄砂の悪影響を緩和できます

 DS元気を活用してください。

黄砂のダメージを受けた時に避けるべき食材

唐辛子を含む辛い料理は避けて

 唐辛子に含まれるカプサイシンは、皮膚・粘膜を刺激して、肛門から排出されるまで、体の潤いを奪い続けます。
 黄砂+PM2.5→猛毒NPAHのダメージは、体の潤い力を奪うので、さらに体が辛くなります。
 味付けが辛いと、食材の危険性を味覚で判断することが難しくなる面もあります。
 2015年以降は、風邪のウイルスが簡単に小腸に炎症を起こすように変化しました。
 唐辛子に含まれるカプサイシンで、小腸の腸管が炎症で腫れて狭くなり、腸閉塞になるリスクが増大しています。
 唐辛子は本当に避けてください。童話で有名な、カチカチ山の狸が火傷の痕に、唐辛子を塗られたような感じになります。

衛生状態に問題のある焼肉屋は避けて

 ホルモンは、大腸の肉を食べることもあり、大腸には菌がたくさんの糞便が存在していた訳で、避けた方がよい食材です。
 モツで、サルモネラ菌の食中毒に当たることもあります。
 ユッケなどの生肉は、食中毒という炎症を起こすので論外です。
 肉の生食に付きものの腸管出血性大腸菌O111や、カンピロバクターなどは、新鮮であるほうが危険な食中毒菌です。
 馬では、カンピロバクター、サルモネラ菌、病原性大腸菌O157などの食中毒の起因菌が腸内で常在しにくいので、馬刺し用の生肉は流通しているようですが。

春の食材は控えめに

 春の食材である、タラの目・フキノトウ・ウド・ゼンマイ・ワラビなどの山菜や春野菜の苦味は、デトックス成分の植物性アルカロイドです。
 植物性アルカロイドは、アレルギー反応を起こす場合もあるので、アク抜きは重要です。
 黄砂+PM2.5→猛毒NPAHによるアジュバント効果が無ければ、もう少し食べられるのですが、春の食材は控えめの方が良さそうです。
 竹の子も、掘り起こしてすぐの柔らかいもの以外(大半の竹の子)は、中国産も多く、避けたほうが無難です。

黄砂のダメージを受けた時の養生方法

夜、寝る時にマスクをして寝ると楽です

 カラ咳が酷い場合は、病院でステロイド剤の吸引剤も処方してもらってください。
 タバコなどの煙も避けて(施設内での受動喫煙も含む)、空咳を誘発されないようにしてください。
 喉痛なので、漢方薬だと銀翹散で、感応丸を加えると効果的と言う人も。
 肝臓の解毒作用を高めるため、電解還元水(アルカリイオン水)、セレン(特に摂取量に注意が必要で、イオン比が亜鉛144にセレン1)なども多少は有効かもしれません。
 薬を飲んでいない人には、グロンサンゴールド錠をおすすめします。

黄砂など環境悪化のため、自転車から車にシフトを

 バイクや原付は、2ストロークエンジンで、ガソリンが完全に燃焼しないため、一酸化炭素や炭化水素などの有毒物質が多いです。
 さらに黄砂にガソリンや有毒物質を付着させることになり、さらに日本の空気を汚してしまいます。
 自転車での移動は、有毒性の増した排気ガスを吸うことになり、危険です。
 黄砂+PM2.5→猛毒NPAHの飛散がひどい日に、無防備で自転車・バイク・原付に乗るのは、アスベストの吸引と同様、緩慢な自殺行為です。
 スモッグがひどい日は自宅に引き篭もり、外出は自転車を避け自家用車を活用したほうが良い日も。

黄砂と中国医学の五行理論

黄砂+PM2.5→猛毒NPAHで肺金虚:金生水の関係から腎水虚となり、水剋火の関係から心火実

 肺金虚となることで、金剋木の関係から肝木実となり、木生火の関係から心火実が強化されます。
 心火実となることで、火剋金の関係から肺金虚が強化され、火が強くなりすぎて火侮水となり腎水虚が強化されます。
 そのため、肺腎両虚証・肺腎気虚証(腎不納気)・肺腎陰虚証などになり、髄も傷めます。

黄砂対策は緊急を要します