鍼灸院からの情報 > 治療と東洋医学 >

子宮筋腫の原因への対策と症状を緩和する治療方法

子宮筋腫が増えているのは、なぜか?

 子宮筋腫が増えているのは、中国から飛んで来る公害物質が増えることで、女性ホルモンのバランスを乱されるからです。
 子宮筋腫が楽になるように体調を整えることで、体も楽になります。
 子宮筋腫が起きる原因をこのぺーじでは、分かりやすく説明しています。
 子宮筋腫原因を理解して治療できる鍼灸師の針治療もお薦めします。

子宮筋腫の症状

 子宮筋腫の多くは無症状です。子宮筋腫は、婦人科の検診や妊婦検診の時に、偶然に見つかることが多いです。

子宮筋腫の自覚症状

 子宮筋腫の症状でもっとも多いのが、月経の量が増える症状です。月経の量が増えると、貧血をおこします。
 子宮筋腫が成長して大きくなることで周囲の臓器を圧迫するため、膀胱を圧迫すると頻尿になり、直腸を圧迫すると便秘になり、骨盤を圧迫すると腰痛になります。

子宮筋腫で生理の時の出血が増える原因

子宮筋腫での生理痛をひどくする病気

 子宮筋腫では、生理の時の出血量が増え、生理痛を感じることが多いとされています。それ以外にも、子宮筋腫と似た病気で、子宮腺筋症や子宮内膜症などがあり、こうした病気は、子宮筋腫と併発していることが多く、その場合は生理痛も強くなります。

子宮筋腫で生理の時は出血状態の確認を

 子宮筋腫で生理の出血量が増えると、子宮の中で固まった血液を充分に溶かす余裕がないため、生理の出血の中にレバーのような塊が混じって出てくるようになります。
 子宮筋腫で生理の出血量が多くなるのは、子宮筋腫が大きくなった時に多いです。
 子宮筋腫が大きくても、漿膜下筋腫は出血量が必ずしも増えません。
 子宮筋腫が小さくても、粘膜に近い場所や粘膜下にある筋腫は、生理を起こす子宮内膜に直接影響を与えるので、生理の時の出血が増えます。
 子宮筋腫分娩の状態になると、水道の蛇口をひねったときのような出血をすることがあります。
 子宮筋腫で生理の出血量が多くなると、鉄欠乏性貧血が起こるため、立ちくらみやめまいなどの貧血症状が起こります。いつもダラダラと出血しているような場合は、原因を詳しく検査する必要があります。癌が原因になっていないかどうか、外来の癌検診、超音波検査などをお勧めします。

子宮筋腫の原因

子宮筋腫の大きな原因として血液を汚すものに注意が必要です

日本人必読の書

カスタマーレビューを読んでから購入

子宮筋腫へのツボ押しや針治療

 子宮筋腫に効くツボを使って、針治療します。

子宮筋腫の時に、針を刺すことで有効に効くツボ

 DS元気で、ツボ押し、してみてください。
 他にもあります。

携帯からも閲覧できます


鍼灸院からの情報 > 治療と東洋医学 >