鍼灸院からの情報 > 治療と東洋医学 >

バストアップの針(胸を露出させない方法で)

胸に刺さないバストアップの針

足が軽く動く体になれば、胸の周りに針を刺すことなく、バストアップの効果を実感できます

 お腹や足のツボに針を刺すだけで、バストアップ効果があるので、ブラジャーや服を脱ぐ必要もありません。
 バストアップの針で、胸に針を刺すと、胸で内出血する場合もあります。そのこともあって、バストに針を刺しません。

下着と服を着てもらったまま、バストアップの針をしています

 バストアップの針をする前とした後に、服の上から本人の手で、バストの感触を確認してもらうことで、効果を実感してもらっています。
 バストを露出させる必要が無いので、セクハラとは無縁なので、安心です。
 バストアップの効果は、きちんと下着をつけ服を着た状態で実感できるものでなければ、意味がありません。

バストアップの針のQ&A

同様な施術をしている鍼灸院があれば、教えてもらえませんか?

 残念ながら、教えることが出来ません。他の鍼灸院のことは、よく知らないので。
 ご近所の鍼灸師に、このページを提示してみるなどして、同様な施術ができるかどうかを事前に確認の上、施術を受けられることをおすすめします。

バストアップの針・美容鍼で、足が軽く動く体になることが、どう関係してくるのですか?

 胃経という経絡の流注(生命エネルギーの流れ)は、乳房の下の大胸筋を吊り上げているクーパー靭帯などを通って足の筋肉に流れています。ですから、この経絡を活発にして、足の筋肉を元気にすると、乳房まわりの筋肉や靭帯も活性化します。
 足の筋肉の状態をフォローすることで、胸を触らずに、バストアップ効果が出るように針をすることが可能です。正確に針をすれば、外側に流れていたバストが内側に寄る効果をパットの上、服の上から、自分の手で触って実感できるぐらい効果が出ます。針治療で、バストの谷間を強調し、たるみを改善することが可能です。

バストアップの針の効果は、一度の施術で維持できるのですか?

 足の筋肉が元気な間、バストアップの効果を維持できます。胃経という経絡の性質上、胃に入る食べ物の量・種類・温度に気をつけるなどして、食生活に気をつけていると、バストアップの効果を維持しやすくなります。
 食生活で無茶をすれば、バストダウン。食生活を改善して元気になれば、バストアップ。食生活とバストアップの関係が、バストアップの針をすることによって、より体に明確になります。この関係を体が忘れてきたら、再度バストアップの針をして体に覚えさせることをおすすめします。

バストアップのツボ押しや針治療

 針治療ツボとして、 中かん、 関元、 章門、 豊隆、 足三里、 血海、 照海、 などを使うことも。
 DS元気で、ツボ押し、してみてください。

携帯からも閲覧できます


鍼灸院からの情報 > 治療と東洋医学 >