鍼灸院からの情報 > 治療と東洋医学 >

後鼻漏の原因への対策と治療方法

後鼻漏の症状

 後鼻漏の症状は、喉の異常として自覚されることが多いです。
 しかし、後鼻漏の原因は鼻にあります。
 何らかの異常で大量に発生した鼻水が、鼻腔の構造や鼻水の発生位置などで、喉に流れ込んでいます。
 後鼻漏の症状を改善するためには、大量の鼻水を発生させている原因を治療することが第一です。

後鼻漏の問題

鼻の問題

喉の問題

神経系統の問題

後鼻漏の原因

 鼻粘膜の一部で鼻水を作る鼻腺が増殖した状態では、抗アレルギー剤で効果を得るのは難しいです。
 変性が進むと不可逆的なものになると考えられています。

 ↑日本人必読の書

後鼻漏の対策

 鼻水を前から出すように鼻をかむ練習で改善する場合もあります。

後鼻漏の治し方

後鼻漏の治療

 後鼻漏を引き起こす変性した粘膜の改善が必要です。
 変性した粘膜の箇所を正確に突き止め、その部分を的確に治療することが重要です。

後鼻漏のQ&A

後鼻漏の症状をクリアにするには?

 後鼻漏を悪化させる鼻炎が小腸の状態と連動している場合は、DS元気2つで調整する方法を使ってみてください。
 左右の膝下にある下巨虚というツボにあてると、鼻炎が改善して楽になります。

携帯からも閲覧できます


鍼灸院からの情報 > 治療と東洋医学 >