鍼灸院からの情報 > 治療と東洋医学 >

院内感染

院内感染しやすい不潔な病院は避けよう!

 院内感染予防対策として欧米では一般的となっているICN(ICナース。感染症制御看護師)も、日本ではほとんどの病院で実施されていません。そのため、日本の病院では、院内感染で死亡している例があっても、公表されるのは一部です。
 院内感染を根本的に無くすには、抗生剤の乱用を抑える必要があります。しかし、日本では、細菌感染の有無を確認しないまま、カゼなどのウイルス疾患に対しても全く無効で肺などを傷めかねないのに、抗生剤を処方する病院が多すぎます。
 免疫力が邪魔されないようにDS元気を活用してください。

薬剤耐性菌(MRSA,緑膿菌,セラチア菌など)の感染対策

院内感染ニュースの一部

三方活栓へのバシラス菌感染で敗血症など

日本人必読の書

カスタマーレビューを読んでから購入

携帯からも閲覧できます

外部リンク