鍼灸治療院からの情報 > 治療と東洋医学 >

宝石・貴金属


携帯電話からも閲覧できます

宝石・貴金属を輝かせて身につけると、肩こりも楽になります

 光で浄化されたように磨いてあげると、キラキラしてきます。そうやって、綺麗になった宝石・貴金属や腕時計や眼鏡などを身につけると、気の流れが改善するため、全身の筋肉がリラックスして体の動きも軽くなります。
 携帯電話や陶器などもキラキラしてきます。木工品もいい感じになります。服やサポーターなども似合ってきます。
 キラキラしてきたライター(100円ライターでもOK)だと、炎もいい感じになります。青い炎の部分が大きくなり、ハレーションの輝きが大きくなります。
 職人が道具を磨いて綺麗にする理由が、よく分かります。
 「気を入れる」という感じではなく、光で浄化する感じで、精妙な針治療にも似ています。
 宝石・貴金属は、身に着ける人の愛着と身に着ける人の優雅さで、輝きを増すものなのです。

関連する本

書籍ガイド