鍼灸院からの情報 > 治療と東洋医学 >

浄化

浄化がますます重要になっているのは、なぜか?

 浄化する必要性が高くなっているのは、中国から飛んで来るPM2.5の有毒成分PAHが体脂肪に蓄積されている面があります。
 浄化する時に、DS元気を使うと、心身の浄化が速いため、身体も早く楽になりやすいです。
 浄化の針治療もお薦めします。

浄化するコツ:感謝の気持ちで輝きを引き出すようにする

 本来の輝きが引き出されるよう、ハートに暖かさと喜びをもって、感謝の気持ちを身近なものに向けてあげて下さい。化粧品で言うマットな感じの光(ぎらつかない輝き)が出てきます。気を入れるという感じではなく、感謝して本来の輝きが引き出されてくるのを待つ、という感じです。
 流れる水(水道の蛇口からの水もOK!)で浄化できるものなら、そうして下さい。そして、手にとって磨いてあげて下さい。
 ぜひ、輝きが出てくることを信じてやってみて下さい。浄化されることを否定せず練習すれば、誰でもできるようになります。浄化する能力は、超能力ではなく通常能力です。
 時計・宝石・貴金属などを浄化して身につけると、気の流れも改善されます。そのことによって、全身の筋肉がリラックスし、体の動きも軽くなります。手首を回したり、首を大きく回して確認すると、効果を実感できます。健康にも良いので、ぜひ、お試し下さい。
 管理人は深く悲しみを感じていた時期に掃除をしていて、光が輝き出していくことに気付きました。
 人生で深い悲しみを経験したことのある人だと、自然に浄化できていると思います。いずれ、浄化できる人が増えていくと思います。
 東洋思想風に言えば、落雷が火を起こし(胆が心を養い)、火に火を重ねて離すため(離為火)、心の解放と浄化を助けてくれます。
 光り物→本人自身→周りの人、という感じで、社会全体に輝きが増していくといいですね。輝きは個性ある光です。
 アクセサリーを浄化すると、愛着のある物ほど輝きが出てくる、というのが特徴で、肌にもしっくりしてきます。

浄化するには、まず掃除!

 光を確認→浄化→確認。

蛍光灯:改善すべき点が多い電気の光源

 蛍光灯を取り外して、洗剤は使わず、濡れた雑巾で汚れを拭い、光が引き出されることを意識しながら渇いた雑巾で拭きます。蛍光灯を取り付けて点灯してみましょう。蛍光灯の光が柔らかく明るい感じになればOKです。

電球:太陽のスペクトルに近い電気の光源

 蛍光灯と同様に電球も磨きます。明るい感じになればOKです。

ライター:ゆらぎのある燃焼が関係する光源

 渇いた布などで、ライターを意識して磨きます。ライターを着火してみて、炎の明るさやハレーションが増していたり、完全燃焼に近い青い炎の割合が増えていればOKです。

鏡:光を正確に反射するもの

 渇いた布などで、鏡を意識して磨きます。鏡に映る姿がクリアーになっていればOKです。

シルバー製品:光の一部を反射するもの

 渇いた布などで、シルバー製品を意識して磨きます。シルバー製品の輝きが増していればOKです。

眼鏡:光を屈折させ透過するもの

 専用の布などで、眼鏡を意識して磨きます。眼鏡の見え方がクリアーになっていればOKです。

宝石:光の一部を反射・透過するもの

 布などで、宝石を意識して磨きます。宝石が綺麗になっていればOKです。

浄化力の強いものもあります

 DS元気を活用してみてください。

磨かなくても意識で浄化できることに挑戦!

 (1)シルバー製品の輝きを確認します。シルバー製品を手にとり、ゆるやかに動かして、意識してキラキラする変化を楽しみます。シルバー製品の輝きが増していればOKです。
 (2)眼鏡の見え方を確認します。眼鏡を手にとり、ゆるやかに動かして、意識してキラキラする変化を楽しみます。眼鏡の見え方がクリアーになっていればOKです。
 (3)宝石の見え方を確認します。宝石を手にとり、ゆるやかに動かして、意識してキラキラする変化を楽しみます。宝石が綺麗になっていればOKです。
 (4)ロウソク(ゆらぎのある継続した燃焼の光)の火を意識して見つめます。炎のハレーションが増して、うっとりするような美しさになっていけばOKです。聖なる雰囲気の空間を作ることができます。悲しみの場を創造的なエネルギーが注がれやすい場に変換することが可能なため、古来から宗教的な儀式などでも多用されています。管理人も鍼治療の補助として利用することがあります。
 蜜蝋で丁寧に作ったキャンドルのあかりは別格です。
 心労で背中が痛くなった人が蜜蝋の輝きを見るだけで痛みがとれた方もいました。
 蜜蝋のあかりは、疲れたハートを癒してくれます。管理人の場合、信頼できる人同士で蜜蝋のあかりを見ていると、ものすごく明るい輝きを発してきて、少しぐらいの体の不調なら瞬時に改善してしまいます。これからの時代の必需品です。電球では、宝石や画廊や生鮮食品売り場などで使われているハロゲンランプがお勧めです。

浄化すると視覚だけではなく聴覚も変化します

 (1)好きなCDを再生し、音のライブ感を確認します。CDを取り出して、手にとり、ゆるやかに動かして、意識してキラキラする変化を楽しみます。CDの輝きが増したことを確認した後、そのCDをセットして再生します。ボーカルや演奏の感じで、ライブ感が増していたらOKです。
 (2)スピーカーから出る音の特に低音部分を確認します。手で軽くスピーカーに触れ、意識してハートが暖かくなるのを感じます。スピーカーから出る音を聴いて、低音のライブ感が増していたらOKです。
 (3)楽器から輝きを引き出すように手入れしてあげます。その後、楽器を弾いてみましょう。音のジッタ−に相当するノイズの部分がクリアになればOKです。

身に付けるものを浄化しよう!

 (1)靴を履いて足を動かして確認します。靴を脱いで手にとり、意識してハートが暖かくなるまで、ゆるやかに動かします。革に光沢が出てくるのを楽しみます。靴を履いてみて、靴が足にフィットして、足が軽くなればOKです。
 (2)ネックレスをしたまま首を回します。ネックレスを手にとり、水洗いが可能なら流水で洗ってから、軽く磨きます。それから、ゆるやかに動かして、意識してキラキラする変化を楽しみます。ネックレスを身につけて、首が大きく回るようになればOKです。

第三者を意識で浄化するのに挑戦!

 (1)コンタクト・レンズ(光を屈折させ透過するもの)をしている人に見え方を確認してもらいます。コンタクトレンズが見える角度になってもらい、意識を向けます。コンタクトをしている人が、クリアに見えるようになってもらえればOKです。

遠隔のものを意識で浄化することに挑戦!

※主観的になりやすい

 (1)街の中のシルバー製品(車、バイク、自転車、電車、腕時計、アクセサリーなど)を意識して見ます。輝きが増していけばOKです。
 (2)雰囲気が澱んでいるところ(※能力の範囲内で)を見つけます。意識してハートが暖かくなるまで見ます。雰囲気が良くなればOKです。

物理学から浄化と意識を考察

 全てのものは、光からできています。このことは最新の科学の仮説である量子力学の結論でもあります。
 量子力学の「観測問題」という哲学的命題を突き詰めていくと、「意識と光には相互作用がある」という結論が出てきます。このことは、あまり明確には認識されていません。
 管理人は、現在のところ変化は微妙ですが、「意識で光の性質が変化する」ことを認識しています。また、「光との相互作用によって体や心も変化する」ことも認識しています。
 光は電磁波です。電磁力学の時間に対応する虚数部分(位相をそろえる、コヒーレントの部分)が意識と作用するのではないかと管理人は推測しています。

携帯からも閲覧できます

関連する本

書籍ガイド


鍼灸院からの情報 > 治療と東洋医学 >