鍼灸院からの情報 > 治療と東洋医学 >

加工食品の表示

携帯からも閲覧できます

加工食品のアレルギー物質表示

 アレルギー症状を起こす要因は多種多様です。その中でも食品アレルギーを起こす人は年々増えていて、かゆみやジンマシンだけでなく、血圧低下や呼吸困難など、重い症状になる場合もあります。
 そこでアレルギーに悩む人が、安心して買物できるよう、食品衛生法改正などにより、容器包装された加工食品に含まれるアレルギー物質の表示が義務づけられました。
 2002年4月1日以降に製造されたものから、この新しい表示基準が適用されています。
特定原材料
5品目
(義務表示)
卵、乳製品、小麦、そば、落花生(ピーナッツ)

※製造・加工の過程でわずかに使われる「極微量な原材料」まで表示
特定原材料に準じるもの
19品目
(推奨表示)
あわび、いか、いくら、えび、オレンジ、かに、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、さけ、さば、大豆、鶏肉、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン

加工食品の販売形態によって表示省略可能なもの

●店で製造・加工して消費者に直接販売する食品。
(コロッケや天ぷらなど、店頭での計り売りや、バイキング方式で販売する食品で、容器が持ち帰り用に使われる場合)
●包装面積が小さい食品
(30平方cm以下)

加工食品には表示の無いものもあります!

 賞味期限が長い缶詰、乾物、菓子などについては、表示しているものと表示していないものがしばらく混在しています。買物の時には、ご注意下さい。

便秘でなくなった理由が、食品アレルギーの場合もあります

 テレビなどで、「キウイが便秘に良い」と言われていますが、アレルギー反応で下痢気味になったため、結果的に便秘でなくなっている場合もあります。アレルギー反応の場合、手の甲や指先付近で、赤いブツブツが出る場合もありますし、目の充血を起こす場合もあります。

関連する本

書籍ガイド


鍼灸院からの情報 > 治療と東洋医学 >