鍼灸院からの情報 > 治療と東洋医学 >

ヘルペス(帯状疱疹)は誤診されやすいため原因への対策と治療方法が重要

ヘルペスは誤診されて悪化させる治療?になることも

ヘルペスが初期だと痛くない場合も

 ヘルペスの初期の段階で病院に行っても、「ヘルペスとは違う!」と診断されて痒み止めを処方され、数日後、悪化して激痛が出てから再度来院したら、「ヘルペスですね」と言われるような人も、実際にいますから、免疫力を整えるためにも、電子の浄化ツールを活用してください。

ヘルペスとは

 ヘルペスは、発疹が出ても痛くない場合が多く、無痛か、かゆかったりします。帯状疱疹と言うと皮膚表面に発疹が出る症状だけに限定してしまう感じがするので、ヘルペスと言うほうが良いような気がします。
 患部の免疫が低下すると、ヘルペス・ウイルスは活動を活発化させるため、強い毒素を多量に出し神経を刺激するようになります。そのため、患部が激しい痛みに変化していきます。

ヘルペス対策は過労や精神的な葛藤状態の解消と患部を触らないこと

 軽度のヘルペスは、過労状態や精神的な葛藤状態を解消し、炎症部位をかきむしったりなどして患部を広げなければ、たいていの場合、免疫力が回復することで自然に治ります。
 炎症部位をかきむしったり、不適切な軟膏で発疹部分の膿を広げないこと。
 心配になったら、抗ウイルス剤の処方も検討する病院で診療を受けること。その場合、「カユミ止めの処方しか考えない皮膚科」ではなく、「抗ウイルス剤の処方も検討する皮膚科」で診療を受けること。
 DS元気を活用してみてください。

 ↑日本人必読の書

ヘルペスを虫刺されと勘違いし、痒み止めでステロイド剤を塗ると最悪!

ダニさされ、虫刺されの症状と誤診され、ヘルペスでステロイド治療をされると後が大変

 本当は、ヘルペスの症状なのに、病院で、「ダニのさされあとでしょう」と誤診され、ステロイドを塗ると最悪です。ご注意下さい。
 ステロイド剤を塗ると免疫を抑制するため、ヘルペス・ウイルスの活動が活発になり、強い毒素を多量に出すようになります。そのため、激しい痛みに変化していきます。そのため、アトピーの人で、ステロイド剤や免疫抑制剤を使う人は、ヘルペスにも要注意です。
 ヘルペス・ウイルスの潜伏部位は、神経周囲の細胞です。なぜかというと、生体側が神経を刺激しないよう免疫反応を弱めに調整しているためです。ヘルペス・ウイルスが活動的になって目に感染した場合、失明することもあります。
 ヘルペス・ウイルスが全身に広がった場合、病院の集中治療室で強い痛みに耐え生死をさまようこともあります。

ヘルペスは、強い日差しを浴びて出ることも

ヘルペスを発症させる最も大きな要因は、精神的な葛藤状態

 ヘルペスは体が冷える風(冬だけではなく、夏場のクーラーの風も含む)を受けると、より発症しやすくなります。
 精神的な葛藤状態(うつ状態)は内服のステロイド剤で緩和させることもできるので、ヘルペスの症状を改善させるために、免疫力を抑制するはずの内服のステロイド剤を使用した方がいい場合もあります。
 いままでは、日差しを浴びることで、肌の免疫力がアップしていたのですが、強い日差しが肌を刺すような強さとなってしまったため、逆に肌の免疫力が低下しています。心臓に負担がかかった状態でかいた汗に強い風があたると局部的に熱を奪われて冷えてしまいますから、暑い時にもヘルペス・ウイルスが活動しやくなっています。
 精神的に葛藤状態を抱えた状態で、墓参り、ゴルフ場、クーラーなど、風があたる所にいると、ヘルペスを発症してしまうリスクが高まります。近年、ゴールデンウイーク明けやお盆休みの後にも、ヘルペスが多発しています。

ヘルペス・ウイルス感染症の種類

ヘルペスの薬

ヘルペスと関係することもある病気(ベル麻痺など)

ヘルペスに対する針治療やツボ押し

 急性期は、病院で抗ウイルス剤を処方してもらうなどして沈静化させることも有効。特に、急性期は患部に針をするのは望ましくないです。
 ヘルペスが沈静化した後、免疫力をあげるようにしたり、痛みによって強張ったところをほぐしたりするのに、針治療を利用することをお勧めします。
 DS元気で、ツボ押し、してみてください。

携帯からも閲覧できます

外部リンク

ヘルペスにステロイドよくある誤診です

鍼灸院からの情報 > 治療と東洋医学 >