鍼灸院からの情報 > 治療と東洋医学 >

ストレッチで筋肉や関節を傷めてしまう原因への対策と治療方法

ストレッチは筋肉を傷め関係する2つの関節も傷めてしまう筋トレ

中国からの公害物質PAHが蓄積された肉体は、ストレッチで容易に傷められてしまう

 大気汚染物質で劣化したゴムを無理に引き伸ばして生じる結果から、大気汚染物質PM2.5の有毒成分PAHで劣化した筋肉をストレッチするとどうなるかを推測してみてください。

ストレッチの注意点

ストレッチをする時は、反対の筋肉を縮めるように意識すること

 DS元気を活用して、安全に柔軟性を高めてください。

「膝裏がストレッチされる」運動

 目の前に壁があるところで、両足をまっすぐにそろえて立ちます。
 両手を壁につけます(足をスライドさせても、ふらつかないようにするため)。

 右足を少し後ろにスライドさせます(最初は少なめで)。
 前にある左足に重心を移動させながら、後ろにある右足の踵が上がらないよう、前にある左膝を曲げます。
 前にある左足に重心を置いたまま、後ろにある右足の「膝裏がストレッチされる」。

 今度は、右足を前に、左足を後ろにします。
 前にある右足に重心を移動させながら、後ろにある左足の踵が上がらないよう、前にある右膝を曲げます。
 前にある右足に重心を置いたまま、後ろにある左足の「膝裏がストレッチされる」。

 人によって、さまざまな効能があります。ぜひ、お試し下さい。

携帯からも閲覧できます


鍼灸院からの情報 > 治療と東洋医学 >