鍼灸院からの情報 > 治療と東洋医学 >

お灸

お灸は、せんねん灸や、カマヤミニなどもOK!

お灸は、入浴直前は避けて

至陰  逆子の時、右だけにお灸
三陰交  逆子の時、左右にお灸
関元  下腹部が冷えやすい時のお灸。体力が弱っている時に最適。
水泉  疲れやすい時のお灸。足の裏を触ると痛い所が多い時に最適。
足三里  体がだるく、自然にパワーが出ない時のお灸。マッサージではとれにくい筋肉の凝りにも有効。階段を登るのがしんどい時にすると、膝から下が軽くなるのを実感できます。朝の7時〜9時がベストタイム、便通も良くなります。
 DS元気を活用してみてください。

お灸の注意事項

素人が、お灸で肌を焦がすのは、艾の量が多すぎることも一因

 玄人を自称する人は、気血を滞らせてしまうので、体に良くないです。
 お灸は固める技術なので、固めすぎたら気血を滞らせる結果になります。
 お灸は、診断能力と技術のある専門家にしてもらのが、ベターです。

携帯からも閲覧できます


鍼灸院からの情報 > 治療と東洋医学 >