鍼灸院からの情報 > 治療と東洋医学 >

炭化チタンの熱血パワーの効果はDS元気で回復を

炭化チタンの熱血パワーの効果はDS元気で回復を

炭化チタンの効果:体液の流れが停滞している場所の発熱反応を促進する効果以上

 炭化チタンの効果で発熱反応が促進されて血液が温かくなるので「熱血パワー」と表現しましたが、筋肉の機能を活性化する働きは、DS元気で回復させないと、逆効果になる場合が増えてきます。

炭化チタンは、ネックレス・タイプがお勧め

 スポーツなどで、筋肉を温かく保つことで素早い動きに対応させたい人に有効です。そのため、適度に肩を温めておく必要がある野球のピッチャーに炭化チタン(ファイテンが有名)を愛用する人が多いのです。
 炭化チタンのグッズとしては、ネックレスタイプもお勧めです。ただし、暑苦しく感じている時に首にするのは不適切です。クーラーや底冷えで冷えやすい足元を考慮して、足首に巻きつける方が良かったりします。

炭化チタンは熱血効果の回復が必要

炭化チタンは、クリアに回復させないと、熱の質が悪くなります

 炭化チタンは、クリアに回復させないと、熱の質が悪くなり、心経に負担をかけるようになります。
 炭化チタンは、カオス(混沌)の一部を物理的なエントロピーの増大(熱エネルギー)に変換することによって、量子的なエントロピーの減少(秩序・生命への方向)を確保します。
 炭化チタンは、熱力学第二法則に反するマクスウェルの悪魔のように作用します。
 熱力学第二法則に反しないで、量子的なエントロピーを減少させるDS元気を活用してみてください。

炭化チタンの副作用

炭化チタンは、体の発熱反応を促進することで血行を良くします

 中国医学的に表現すれば、湿邪(湿寒・湿熱とも)を温煦します。
 炎症部位に熱があったり、暑さで集中力が欠けていたりする場合、湿熱の邪に炭化チタンを使うのは不適切です。
 炎症に対しては、熱というエントロピーの増大状態をコントロールすることで減少させて消炎作用を実現する針治療ゲルマニウム、物理的な冷却であるアイシングを考慮すべきです。
 炭化チタンを熱感のある患部に装着していると症状を悪化させます。具体例として、急性の腰痛、テニス肘、左右の肩甲骨の間の凝り、熱中症など。特に熱中症の場合は、即座に炭化チタンを体から外し、脇の下に保冷剤をはさんで上半身の熱を冷まして下さい。
 「温補する必要があるツボ」や「寒さを解消する必要があるツボ」に貼るのが最適です。ツボお灸をするのが適している場合が最適です。適切に診断した上で、「温める必要があるツボ」に貼ると、お灸と同様、炭化チタンの効果は即座に実感できます。
 炭化チタンの副作用は、「熱い場所を温める→炎症がひどくなったり、集中力が落ちる→体のコントロールがしにくくなる」です。

炭化チタンに向いている人

炭化チタンは高齢者に向いています

 炭化チタンで筋肉のクッション性能が上がると、関節の痛みも楽になります。
 炭化チタンで心臓に負担がかかる点は、ぽっくり逝けるということで、これも良しとしましょう。

炭化チタンの医療的な効果

医療類似行為の一環として、炭化チタンを持参された方には、クリアに回復させてもらった上で、炭化チタンの効果が出る位置に貼ったり装着しています

 炭化チタン装着の前後で体の変化(可動範囲の拡大や疼痛の緩和など)を確認し、医療的な効果を納得してもらっています。筋肉に対する作用に即効性があるので、なかなか興味深いです。
 整形外科的な消炎療法の一部はDS元気でクリアに回復させたゲルマニウムで代行できます。
 整形外科的な温熱療法の一部はDS元気でクリアに回復させた炭化チタンで代行できます。
 炭化チタンを使うと、その分、筋肉を温かくする針治療を省略できるため、消炎作用が要求される内科的な針治療に集中できます。適切な針治療炭化チタンの効果以上です。お試し下さい。

携帯からも閲覧できます

外部リンク

ウィキペディア(Wikipedia)


鍼灸院からの情報 > 治療と東洋医学 >