鍼灸院からの情報 > 電磁波の歪み調整で過敏症も楽にする治療 >

夏型過敏性肺炎の原因への対策と治療方法

夏型過敏性肺炎が増えているのは、なぜか?

夏型過敏性肺炎が増えているのは、中国から飛んで来るPM2.5の中の猛毒成分が増えることで、エアコンのカビで肺炎が起こりやすくなるから

 夏型過敏性肺炎が楽になるように、化学物質過敏症黄砂症(黄砂アレルギー)を改善させるようにDS元気などで体調を整えることで、夏型過敏性肺炎以外の症状も楽になります。

2017年5月7日(日曜日)をピークにPM2.5が多かった

 この期間に外気を吸い込んだ人や、これ以降、部屋に入り込んだハウスダストを吸い込んだ人は、大変です。
 猛毒成分を肺に吸い込んで、内臓脂肪や皮下脂肪に蓄積させてしまっているため、免疫が狂わされている期間が長引いています。
 肺の過敏さを楽にするため、DS元気を使ってみてください。

夏型過敏性肺炎とは、カビによる肺の病気

夏型過敏性肺炎とは、トリコスポロン・クタネウムという真菌(カビ)の胞子で咳などが起こる肺炎

 夏型過敏性肺炎と呼ばれるのは、日本では梅雨以後の高温多湿の季節に起こることが多いからです。
 夏型過敏性肺炎は、カビの胞子を吸い込むことによって、胞子に対するアレルギー反応が起き、肺に炎症が生じる肺炎です。
 カビが、エアコンで繁殖していることも多いため、5月から10月の間だけ過敏性肺炎の症状が現れることも多いです。
 カビは、浴室と脱衣所の間、台所の流し台、窓付近の畳に多く、カーペットや寝具などでも繁殖します。
 特に、日当たりや風通しの良くない築20年以上の木造住宅の朽ちた木や畳などでも繁殖します。
 また、築7年以上の鉄筋コンクリート住宅の3階以下でも多く繁殖します。

カビの繁殖しやすい条件を作らないことが大切

 エアコン・加湿器・洗濯槽をまめに掃除してください。
 浴室・台所などの水周りは特に念入りに掃除してください。
 カビの生えやすい湿度の高い時期は特に要注意です。
 冷房を早めに終えて送風運転を2時間ぐらいすると、エアコンの中の湿度を70%未満に乾燥させることができます。
 70%未満でカビ本体の増殖は止まり寿命で死滅していきます。
 胞子は、しぶとく残っているので、油断すると、また増殖します。
 送風運転による乾燥を5日ぐらい続けると大幅に改善します。

カビが増殖する生育条件

 冷房活用時の室内のエアコンの中は、湿度99%!
 暗く重い雰囲気を改善するのに、磁場の歪みを減らすDS元気を使ってみてください。

過敏性肺炎とは

過敏性肺炎:外因性アレルギー性肺胞炎、アレルギー性間質性肺炎、有機物の粉塵による塵肺症など

 過敏性肺炎とは、カビや細菌などを含んだ粉塵(黄砂など)や埃、化学物質防虫剤など)を吸い込んでいるうちに、気管支の先の部分(肺胞や細気管支の内部および周辺)でアレルギー反応を起こして発病する、「びまん性肉芽腫性間質性肺炎」です。
 気管支ぜんそくと診断されることもあります。
 抗原となるカビを吸い込んでから4〜6時間後に、咳や痰・発熱などの軽い風邪のような症状で始まる事が多いです。
 風邪だと思って放っておくと症状が重くなり、次第に息切れなどの呼吸困難を伴う過敏性肺炎の症状が現れるようになります。
 過敏性肺炎の症状が軽い場合は環境を改善するだけで十分です。
 発熱、咳などの症状があり、進行すると呼吸困難を伴うことがあります。
 過敏性肺炎の症状は8〜12時間持続しますが、同じ環境だと過敏性肺炎の症状はそれ以降も続き、違う環境に移動すると、たいていの場合、数日から10日で治ります。

過敏性肺炎の咳の大半は、カビが原因

 過敏性肺炎の原因となるアレルゲンの種類などによって名前がつけられています。

過敏性肺炎の症状は、悪寒、発熱、頭痛、全身倦怠感、体重減少、チアノーゼ、痰、胸痛、咳、呼吸困難など

 過敏性肺炎は、30〜50歳代の人に多くみられる傾向があります。
 夏型過敏性肺炎の進行例:
  1. 乾いた咳
  2. 息切れ
  3. 里帰りすると咳が止まる
  4. 自宅に戻ると咳が出る
  5. 毎年、夏になると咳が出る
  6. 激しい咳
  7. 高熱
  8. マジックテープをはがすような呼吸音がする
  9. 息もできない程の激しい咳

過敏性肺炎の診断

夏型過敏性肺炎の実際例

夏型過敏性肺炎となるカビを吸い込んだ実例

 倉庫に長い間しまっておいた大量の提灯を祭りの準備作業で、掃除した時に大量にカビを吸い込み、咳と発熱に苦しんだ。
 カビくさく感じた古い宿に泊まったら、何人かが咳と発熱に苦しんだ。
 風通しが悪くカビの多い職場で、クーラーを使いだしたら、ほぼ全員が風邪のような症状で苦しんだ。
 他にも、いろいろあります。

過敏性肺炎の治療

過敏性肺炎は原因となる対象から離れ、過労を避けることが一番の治療

 過敏性肺炎でも抗生剤の安易な服用、長期の服用は体を疲れさせるだけで逆効果の場合が多いです。
 ただし、症状の似ているマイコプラズマ肺炎の時には、マイコプラズマにも効く抗生剤を服用すれば1、2回の服用で効果を実感できるので過敏性肺炎との違いが分かります。
 基本的に抗生剤は、3日以内で細菌を大幅に減らす決着をつける薬剤で、通常の風邪の症状を起こすウイルスや耐性を持った菌には無効です。
 過敏性肺炎の急性期は特に過敏になっているため、寝る時にも立体マスクをして過敏性肺炎の症状を和らげ、過労を避けて免疫力を回復させると、早く治ります。
 過敏性肺炎の急性期は、副腎皮質ホルモン剤(ステロイド剤)の吸引で炎症を抑えた方が咳の発作が和らぎ、楽になる場合も多いです。
 カビの繁殖しやすい条件を作らないことが大切です。
 原因となるカビを取り除くために、エアコン・加湿器・洗濯槽、浴室・台所など、まめに水周りの掃除を。
 空調機や加湿器の水も、まめに交換します。
 小鳥も飼わないようにするなど、環境を改善していきます。
 抗原(カビ等)が分かったら、環境を変えて、抗原(カビ等)から離れることが大切です。
 場合によっては、職業を変える、あるいは住居の建て替えや、古い箇所の修復、転居等も考えるべきでしょう。
 また空調装置、加湿器、屋内外を徹底的に掃除してください。
 掃除の時に埃やカビを吸い込んでしまわないよう、マスク、プラスティック手袋などで防護してください。
 また、カビとり剤などで、カビをとろうとして、花粉症などのアレルギー体質になってしまった人もいますので、薬剤の使用は最小限に、換気・防護などに充分に注意して、掃除してください。
 掃除機は排気のきれいな掃除機を使ってください。
 アレルギー性なので、カビを除去しなければ病気は完治しません。
 家屋を改修したり、転居することをお勧めします。
 そのまま住み続けたり、改修が不十分だったりすると、肺の機能が損なわれて死亡することもあります。
 DS元気も活用してください。

過敏性肺炎のツボ押しや針治療

針治療で、針を刺して効果のあるツボ

 DS元気を使ってみてください。

携帯からも閲覧できます

外部リンク


鍼灸院からの情報 > 治療と東洋医学 >