三叉神経痛の症状を改善する原因への有効な対策と治療方法

治療院からの情報 > 自律神経の乱れを改善 >

三叉神経痛の原因(※顔面神経痛は間違い)

三叉神経痛とは顔の感覚を脳に伝える三叉神経という神経で強い痛みがおこる病気

 三叉神経痛の原因はいろいろあります。
 線維筋痛症と関係していることもあります。
 三叉神経がいろいろな理由で圧迫されたり、またいろいろな原因(たとえば黄砂など)で炎症が起こっても痛くなります。
 炎症はヘルペスウイルスで起こる人が多いです。
 三叉神経痛の治療では、顎関節への負担を軽減し、気分転換をしやすい体に調整することも重要です。
 三叉神経痛は、顔が痛くなるので、顔面神経痛と誤って呼ばれます。額、目、頬、顎そして歯茎が痛くなります。
 三叉神経は脳から出た後、3つの枝に分れることから、三叉神経と呼ばれています。
知覚出口痛む場所
第1枝額、目、鼻梁額、目
第2枝上顎、頬、上口唇頬の上付近上顎の歯、頬
第3枝下顎、下口唇下顎下顎、下顎の歯
 三叉神経痛は、御飯を食べるとき、会話をするとき、歯を磨く時などに、瞬間的に激痛が走ります。
 そのため、人によっては深刻な痛みになりますが、脳から三叉神経が出た所で血管により神経が圧迫されていることが多いため、手術で治す方法もあります。
 DS元気も活用してください。

三叉神経痛が増えているのは、なぜか?

三叉神経痛が増えているのは、中国から飛んで来るPM2.5が増えることで、三叉神経が圧迫されやすい体調になるから

 三叉神経痛が楽になるように体調を整えることで、三叉神経痛以外の症状も楽になります。

三叉神経痛に効果のあるツボ刺激

三叉神経痛が起きやすいのは、首や肩などの血行が悪い時や、疲労が蓄積している時や、ストレス感が強い時など

 立ったり座ったり、下を見たり、手を伸ばしたりなどの動作をして、首の状態が変わる時に、三叉神経痛が出る人には、首痛の治療をします。
 歯〜顎の状態が悪いと、三叉神経に電気的なノイズが乗りやすくなるため、三叉神経痛が出る人もいます。
 三叉神経痛が低周波治療器で悪化する人には、電磁波過敏症の治療をします。

DS元気で効果のあるツボ

 首や肩の血行を改善し、疲労回復と気分転換をしやすい体に調整すれば、三叉神経痛を緩和できます。
 首や肩の状態を根本的に改善するためには、手足のツボと経絡を上手に使って、首や肩の調整をすると、楽な状態が長続きします。

症候性三叉神経痛

症候性三叉神経痛は、脳動静脈奇形や脳腫瘍などで三叉神経が圧迫されるために生じます

 原因不明の三叉神経痛は、特発性三叉神経痛と呼ばれます。
 特発性三叉神経痛の原因として、動脈硬化などで蛇行した血管が三叉神経を圧迫して症状を起こしていることが分かってきたため、厳密には特発性とは言えなくなっています。

三叉神経痛と歯痛

 三叉神経痛は歯痛と間違われやすいのですが、歯の状態も大きく影響しています。歯の治療で三叉神経痛が出ることもあります。

三叉神経痛の治療

 鞭打ちなどの事故の後遺症で、体のリンパ循環を阻害されている人は、体の回転運動に逆トルクがかかってしまう歪みを軽減する治療を受けると、三叉神経痛を起こしやすい要因を緩和できます。

三叉神経痛を起こしやすい状態

 首や肩の血行を改善し、疲労回復をしやすい体にし、気分転換をしやすい体に調整すれば、三叉神経痛を緩和できます。
 からだのバランスの乱れを見つけ、改善できるところから改善していくのが三叉神経痛の治療です。
 治療効果は、治療者の病因病理の見立てと治療技術、治療者との相性などで、雲泥の差があります。ご自分にあった治療者を見つけてください。

三叉神経痛の症状

三叉神経痛の症状は、一瞬の刺すような痛みで、長くても数分以内

 歯磨き、ひげそり、顔を洗う動作などが引き金になって、顔に電気が走るような、あるいは針が刺されるような痛みが起こります。
 三叉神経は脳から出て、頭蓋骨の底の方をつらぬいて顔面にきているので、この経路のどこかで三叉神経が圧迫されると強い痛みやしびれが起こります。
 三叉神経痛で感覚が鈍くなっていたり、しびれなどを伴う症状が出る比較的まれです。
 この場合は、三叉神経が脳の奥の脳幹(橋脳)という部分から出てすぐの所で三叉神経が血管によって圧迫されて三叉神経痛が起こります。
 三叉神経痛の一部では、耳鼻科領域の腫瘍、良性脳腫瘍(類上皮腫、髄膜腫など)も発見されています。
 三叉神経痛の場合は、痛みが持続的です。
 三叉神経の領域の知覚が障害されている場合、たとえば右と左とで額の感覚が異なる、頬をつねっても痛くないなどがあります。
 その場合には、脳腫瘍により三叉神経が圧迫されていることもあります。
 三叉神経痛のうち原因がわからない三叉神経痛を「特発性三叉神経痛」と呼びます。

三叉神経痛とテグレトール(薬)

三叉神経痛の薬に、テグレトール(成分:カルバマゼピン)

 一時的に痛みが緩和されますが、時の経過とともに徐々に効果が減少し、多くの薬を飲まなければならなくなるのが一般的です。  問題は、薬の副作用で、肝臓障害、ふらつき、眠気、脱力感があり、長期間の服用で記憶を悪くする可能性があり、薬が飲めなくなることです。

三叉神経痛と病院(ペインクリニック)

 三叉神経痛の症状を緩和してくれる病院も粘り強く探してください。
 麻酔科でのブロック療法(一種の麻酔薬による治療)は効果が切れるたびに注入を受ける必要があります。

三叉神経痛の漢方「弁証→治法」と「主証→代表処方」

風寒凝絡→疏風散寒・温経止痛

 顔面に発作性の激痛、寒冷刺激により痛みが強くなり、温めると軽くなる→川きゅう茶調散。

風熱傷絡→疏風散熱・止痛

 熱感をともなう痛み、焼けるような顔面痛、局部を冷やすと痛みが軽減する。いらいらして落ち着かない。赤ら顔、口渇など→清上防風湯。

風痰阻絡→きょ風化痰・通絡止痛

 顔面に発作性疼痛、しびれ、脹っている感じがあり、頭は重い、めまい、悪心、嘔吐、胸部や季肋部が脹って重苦しい、痰や唾を盛んに吐くなど→半夏白朮、天麻湯+二陳湯。

胃火上攻→清胃瀉火・散熱止痛

 口内の粘膜、唇、歯肉に焼けるような痛みがあり、その一部に触れると痛みが誘発される。あるいは、その場所に熱感をともなう脹痛がある。赤ら顔、目の充血、口臭、口渇、便秘など→白虎加人参湯+黄連解毒湯。

肝胆欝熱→清肝瀉熱・降火止痛

 発作性に焼けるように痛む。情緒の変化により増悪する。いらいらする、煩躁、怒りっぽい、赤ら顔、目の充血、口が苦い、便秘など→竜胆瀉肝湯。

陰虚陽亢→滋陰潜陽・熄風通絡

 顔面に脹痛、筋肉のチック、しびれがみられる。いらいら、ほてり、のぼせ、顔面の潮熱、めまい、耳鳴り、煩悶、不眠、腰や下肢の脱力感など→釣藤散+芍薬甘草湯。

気血両虚→益気養血

 顔面の痛みはひどくないが、なかなか治らない。疲れると痛みがひどくなり、休むと軽減する。顔色が悪い、疲労倦怠、食欲不振など→補中益気湯+四物湯。

血お阻絡→活血化お・通竅止痛

 三叉神経の領域が刺すように痛む。痛みの発作が頻発し、治りにくい、痛む場所が一定しており、押さえると痛みがひどくなる。痛みが夜になるとひどくなる。顔色が灰暗色など→冠脉通塞丸。

三叉神経痛で処方される漢方薬

三叉神経痛の手術

微小血管減圧術

 三叉神経痛の手術では、神経を圧迫している血管を神経からはがし、圧迫を解除します。
 神経や血管や脳を切るわけではありません。

提供:岡田上鍼灸整体治療院(神戸三宮)