鍼灸治療院からの情報@神戸・三宮 > 治療と東洋医学(針治療の現場から) >

黄砂+PM2.5→猛毒NPAHで、喉痛・咳

携帯電話からも閲覧できます

黄砂+PM2.5→猛毒NPAHの健康被害対策を

黄砂が多い日は洗濯物を干さず、普段から空気清浄機の活用を

黄砂はPM2.5の有毒成分PAHの化学反応も促進

黄砂は花粉症も悪化させるPM2.5の有毒成分PAHの化学反応も促進

 黄砂は、中国の砂漠で巻き上げられ偏西風に乗って、中国の工業地帯や都市のスモッグ(煙霧)を通過する時に、NO2(二酸化窒素)、VOC(揮発性有機化合物)、硫酸塩エアロゾルなどを取り込んで、さらに化学反応で光化学スモッグPM2.5の有毒成分PAHなどを生成し、有毒な黄砂に変化します。
  1. NO2 + VOC + 紫外線(太陽光線) → 光化学スモッグ
  2. NO2 + VOC + 光化学スモッグ硫酸塩エアロゾルPAH発癌性
  3. NO2 + PAH → 毒性がPAHの100倍以上のNPAH(強い発癌性
  4. PAH + 光化学スモッグPAHキノン発癌性花粉症の悪化)

PM2.5の有毒成分PAH入りの黄砂で肺炎や慢性病が進行

 PM2.5の有毒成分PAH入りの黄砂で、肺から気管支に向かって炎症を起こし、花粉症で咳が止まらないと思い込んでいる人もいます。
 黄砂の健康被害によるで、肺から体全体に黄砂症が進行していくのに、単なるカゼアレルギーと診断されている人も多いです。このため、子供や若い人は、体の基本を構成していく大事な成長期に、治りにくい病気になる要因を体に蓄積しています。
 黄砂に無防備だと、若い世代や赤ちゃんの時から、人生の長きに渡って、手厚い医療や介護的な福祉が必要となります。
 黄砂で洗濯物を汚さないように。黄砂で汚れた車の洗車も要注意です。

黄砂の影響で、痰・喉の痛み・鼻血・熱なども

黄砂で、喉の痛み、頭痛、熱など、病気になる赤ちゃんも

黄砂成分の有毒物質で、後から健康被害も

黄砂成分は、アスベストよりも有毒で体に蓄積していきます

シリカ

硫酸イオン

 硫酸イオンは、硫酸塩エアロゾル(主成分は、二酸化硫黄)などから生成され、大半は、空気中のアンモニアと反応して生成された硫酸アンモニウムで、黄砂と反応して石膏成分となり、毛穴を詰まらせて、皮膚炎(肌荒れ、顔のかゆみ)も起こします。

硝酸イオン

 硝酸イオンは、窒素酸化物(主成分は、二酸化窒素)などから生成され、大半は、硝酸カルシウムや硝酸ナトリウムで、ともに、アレルギー症状を悪化させるアジュバント作用や酸化作用があり、べたべたします。硝酸イオン化合物は、黄砂どうしをくっつけて、ネバネバした感じにします。主に、鼻で炎症を起こしますが、鼻詰まりなどで、口呼吸だと喉や気管支にも炎症を起こします。

PAH・NPAHなど

DEP(排気ガス粒子)

重金属イオン

細菌

 黄砂には、日本には少ない感染症や食中毒を起こす病原性の細菌やカビも付着しています。

農薬

放射性物質

黄砂成分に含まれる中国の有毒物質と由来

黄砂を無防備に吸い込むのは危険

黄砂:0.5〜5μm<赤血球:6〜8μm<スギ花粉:30μm

 黄砂は、肺胞など、気道の奥にも沈着し、長期に渡って、健康を害し続けます。
 黄砂を無防備に吸えば、長期に渡って、日本人の体が少しづつ破壊されていくのは、当然の結果です。テレビで、花粉の予測を春に毎日報道していますが、それに比べて、黄砂の予測や健康被害の報道が少なすぎるため、現在のところ、気がついていない人が多いだけです。
 黄砂をジョギングやサイクリングで吸い込んで健康を悪化させている人は意外に多いです。

黄砂の時期:飛散が多いのは3月〜5月

黄砂の健康被害は、2月3月4月5月6月で、たまに秋冬も

 8月・9月の黄砂は中国の工業地帯を通らないで、主に北海道・東北地方に飛来するコースのため、公害物質の吸着が少なく、飛来してくる黄砂の量が多くても健康被害は少ないです。

民主党の黄砂対策は税金を中国に献上するだけだった

黄砂の健康被害の本質は中国の大気汚染PM2.5の有毒成分PAH

 黄砂対策で黄砂の飛散を減らすと、PM2.5黄砂に吸着されて中国本土で落下する分が減るため、日本へ飛来する越境汚染が増えます。そのため、中国で黄砂対策をしても、日本人に黄砂の健康被害が拡大する皮肉な結果を招きます。
 黄砂を減らすために莫大な税金を投入する民主党黄砂対策は、日本人を経済的にも肉体的にも苦しめる支出で、他にも政策のまずさがあって、その結果が増税。
 民主党議員を中国に引率した小沢一郎流、海外に金を流してキックバックを受け取る人格障害民主党議員関係者を利するための政策です。

外部リンク

Wikipedia


鍼灸治療院からの情報@神戸・三宮 > 治療と東洋医学 >