鍼灸院からの情報 > 治療と東洋医学 >

急に痛くなった時の対策方法

急に痛くなった時は、まず、冷やすことを考える

 「炎症」という字を見てもわかるように、患部が熱くなっています。この状態の時には、必ず冷やして下さい。
 エンジンと同じように考えて、エンジンがオーバーヒートしている(急性)状態では冷し、暖気運転が必要な(慢性)状態では温める、というのが適切な処置です。もちろん、冷却や温熱では緩和できない痛みもあります。
 骨折や骨折が疑われる時などは患部を固定し、信頼できる病院を利用するのが適切ですが、それでも応急処置で、「急性の痛みは、まず冷やす」ということをしておくと、後々、楽です。

治療ミスに注意

 急性の痛みを、温湿布や風呂や赤外線などで温めてしまうと、患部がオーバーヒート状態になってよけいに痛くなりますし、治るのも遅くなります。何人もの方が、この失敗をして、痛みがひどくなってから、針治療に来られています。
 慢性的な痛みがある人達を、機械で日課のように温めている治療院や病院(近所の、お年寄りが大半、というようなところ)で、温められて患部が脹れあがり痛みが酷くなった、という治療ミスをされた人もいます。
 慢性的に膝が痛む人も、ただ温めるだけで硬直した筋肉の状態を放置していれば、急性の炎症を起こす時があります。そういう時にも、いつもと同じように、温める治療(?)をすると、酷い炎症を起こして、膝が変形してしまうこともあります。こういう時は、痛む個所を冷やし、適切な針治療を受けられる方がベターです。
 病院勤務をしていた人の話では、「痛みは、冷やしても温めても一緒だ!」と言っている医療関係者も、いたそうです。トンデモない話です。急性の炎症も長引かせれば慢性に移行しますから、確かに「一緒だ!」という結果には、なります(患者さんの苦痛が酷くなって、苦しむ期間が長引くのですが)。
 的確な診断をする人は、急性期と慢性期の治療を区別するはずです。
 急性の痛みはまず冷し、炎症の熱い感じがおさまってから、様子を見て、必要があれば暖める治療法に切り替えるのが、ベターです。状況に応じて臨機応変に治療方法を変えるのが治療家の視点だと思います。
 念のため、信頼できる病院で適切な検査を受けて下さい。緊張性筋炎症候群(TMS)を考慮できる鍼灸師の適切な針治療を行えば、早い段階で大幅に痛みが減少し、治るのも早くなります。
 DS元気を活用してみてください。

携帯電話からも閲覧できます


鍼灸院からの情報 > 治療と東洋医学 >