鍼灸院からの情報 > 治療と東洋医学 >

アレルギーの原因への対策と治療方法

アレルギーが増えているのは、なぜか?

 アレルギーが増えているのは、中国から飛んで来る公害物質が増えることで、過敏な体調になるからです。
 アレルギーが楽になるように体調を整えることで、体も楽になります。
 アレルギーが起きる原因をこのぺーじでは、分かりやすく説明しています。
 DS元気を活用してください。

アレルギー

アレルギーの原因となる「アレルゲン」

アレルギーの症状

 アレルギーの症状は、原因となる食品を食べると起こるという単純なものだけではなく、食品が消化吸収される過程が原因となる場合もあります。

アレルギー性紫斑病(ヘノッホ・シェーンライン紫斑病)

アレルギー性紫斑病:皮膚、関節、消化器、腎臓などの血管が炎症を起こし、血液が漏れる病気

 アレルギー性紫斑病の多くは呼吸器感染の後に発症。薬物に対するアレルギー反応でも発症。進行の速度や持続期間はさまざま。

アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎:くしゃみ、鼻水、鼻づまりで朝夕に発作的に起こる

金属アレルギー

 金属アレルギーが一番起こりやすいのは、ピアスを初めて着けるとき。ピアスは皮下組織に金属が接するため拒絶反応を起こしやすいのです。
 歯の治療で口に入れた金属(1ヶ月以上たってからでも)や耳につけたピアスが原因で、手の指の間や足の指の間がさけてきて水虫と間違えたり、顔や唇などが炎症を起こしたり、目の緊張や頭痛を起こすこともあります。

食物アレルギー

食物アレルギーの3大アレルゲン:卵・牛乳・大豆

 食物アレルギーは食べる量が多いと起きやすく、加工品でも起こります。

抗アレルギー剤

抗アレルギー剤として処方される薬剤

アレルギー検査

シングルアレルゲン

マルチアレルゲン

猫アレルギー

 アルゲンとなる猫のフケは、ダニのフンと比べて非常に細かく軽いため、長く空中に漂い、カーテン・壁・特に布製の家具に多く付着します。

卵アレルギー

そばアレルギー

そばアレルギーの症状

 今のところ有効な治療方法が無いため、そばアレルギーの人は、あらゆる食品に混入されているそばに注意した食生活を。
 増量材としてそば殻を混ぜたコショウで、アレルギー事故も発生しています。

アレルギー体質の改善

 喘息花粉症の人も含め、隠されたアレルギー(なんとなく疲れやすい、頭痛が時々ある、タバコの煙などに過敏に反応するなど)に悩む人も要注意です。
 良かれと思って飲んだり食べたりしていても、アレルギー体質の食生活の改善という面では逆効果であることもあります。
 強アレルギー性食品(低温殺菌牛乳、きな粉牛乳など)を体にいいと勘違いして無理に飲んだり食べたりしている間は、アレルギーも治りません。
 アレルギー発生のメカニズムを理解することで、アレルギー体質を改善していくことも重要です。
 戦後、冷たい牛乳を飲む習慣が広まったことで、アレルギーの発生が劇的に増加しています。生に近い乳製品やタンパク質などを過食する習慣が妊娠中から影響して、多様なアレルギーの発生を誘発しています。
 ヨーグルト過食の危険性と日本の野菜の品質の低下について考慮することも重要です。

携帯電話からも閲覧できます

外部リンク

関連する本

書籍ガイド


鍼灸院からの情報 > 治療と東洋医学 >