鍼灸院からの情報 > 治療と東洋医学 >

膠原病の原因への対策と治療方法

膠原病が増えているのは、なぜか?

膠原病が増えているのは、中国から飛んで来る公害物質が増えることで、免疫の働きが乱されやすくなるから

 膠原病が楽になるように体調を整えることで、膠原病以外の症状も楽になります。

膠原病の種類

膠原病とは、ひとつの病気の名前ではなく一連の疾患を総称していう言葉です

 他に、サルコイドーシスクローン病キャッスルマン病関節リウマチ(RA)、間質性肺炎、肺線維症(全身性強皮症)、潰瘍性大腸炎、ビュルガー病(バージャー病)、 慢性炎症性脱髄性多発神経炎(CIDP:chronic inflammatory demyelinating polyneuropathy)と病院で診断される症状の病気もあります。
 膠原病の専門医による診断と検査を受けられること、特に名医を見つける努力をすることをお勧めします。
 膠原病で熱が続く人もいます。

膠原病のQ&A(当院での針治療について)

膠原病の病歴が長いと、針治療は難しいですか?

 どういう治療であっても、病歴が長いと治療は難しくなる傾向にあります。
 「慰安的なマッサージに近い針治療」では、膠原病に対する治療効果を得るのは、とても難しいと思います。
 「生理学や病理学を意識した針治療」をおすすめします。
 針治療の後に症状が緩和するかどうかを確認することで、治療効果を実感させることのできる鍼灸師であるかどうかを判断し、選択していくことをおすすめします。改善効果を感じられない針治療だった場合は、より技術力のある鍼灸師に切り替えて、針治療を受けられることをおすすします。一度うまくいかなかったからといって、針治療の効果そのものを全て否定しないようにしてください。針治療には、相性のようなものもあります。

費用や通院の頻度は?

 費用は、毎回4000円です。週1回の通院をおすすめしていますが、ご本人の希望を尊重しています。もちろん離脱も自由です。

針治療で、膠原病が改善しますか?

 針治療でも、つらい症状が緩和するという形で、膠原病が改善される人が多いです。長期に渡って経過を観察しないと、膠原病が完治したとは判断できません。ですから、まずは、つらい症状が緩和するように治療していきます。

針治療で、膠原病を改善させるとは?

 細胞の機能を活発にするため、細胞中のミトコンドリアが正常に機能しやすいように、針治療で体を調整していきます。そのことで、アトポーシスが働く機会が減れば、膠原病の症状が改善していきます。アポトーシスとは、体をより良い状態に保つために積極的に引き起こされる管理・調節された細胞死で、カスパーゼと呼ばれる一連のプロテアーゼが中心的な働きをします。ミトコンドリアは、アポトーシスの司令塔としても重要な働きをしています。ですから、細胞の中のミトコンドリアが正常に機能しやすいように針治療で体を調整していけば、膠原病を改善させることになります。

膠原病の原因

 膠原病の原因は、細胞内に細菌やウイルスが感染したために起こる炎症疾患であるという西原克成博士の説があります。喉や腸などのリンパ組織から細菌やウイルスが大量に吸収されると、全身にばらまかれ、その結果、炎症が起こるというものです。
 膠原病の原因として、歯性病巣感染・顎骨骨髄炎・歯周病を起こす細菌の悪影響を管理人は実感しています。

膠原病を悪化させやすい生活習慣

膠原病の名医とは

 膠原病の名医は、患者の訴えに注意深く耳を傾けます。
 膠原病の名医は、言葉を慎重に選んで使います。
 膠原病の名医は、患者の体を触って診断します。
 同じ病名であっても、個人差が大きいのが膠原病です。たとえば、ステロイドによるコントロールの加減をリアルタイムで結果が出る訳ではない血液検査のCRP(炎症数値)だけで調整していると、多すぎたり、少なすぎたりもします。たとえば、骨の溶けるタイプのリウマチだと、CRPが低くくしか出ませんが、関節の可動状態をみれば関節で骨が溶解して関節としての機能が低下しだしていることが推測でき、適切にコントロールする時期を逃さずにすみます。
 膠原病を悪化させる大きな要因に、ハートへの負担があります。権威ある人(ドクターなど)からの希望を失わせるような言葉や攻撃的な言葉で、膠原病の症状が悪化する例は、臨床の現場(特に看護師の目から)では、よく知られていることです。

日本人必読の書

カスタマーレビューを読んでから購入

膠原病の針治療

 膠原病は原因不明で完治が難しいとされていますが、針治療で調整すると、免疫の反応が沈静化してきます。西洋医学では、免疫反応の炎症コントロールに終始しているため、難病になっています。免疫の調整能力の向上に集中して治療に取り組める鍼灸師と出会い、炎症を起こしている細胞が健康になるように環境を調整していけば、良くなる可能性がある病気なのに残念です。
 免疫病である膠原病は、本質をシンプルに考えた方が、治療しやすくなります。
 ミトコンドリアにエネルギーを供給してもらって、細胞内共生をしている健康な細胞であれば、本来、免疫に攻撃されることは無いのです。
 ミトコンドリアと違う細菌などに寄生され細胞内共生を強いられている細胞が、何らかの形で、体をリストラする気運が高まった時に、免疫に攻撃されることになります。
 免疫病を細胞内感染と考え、味方のミトコンドリアが活動しやすい環境に治療していけば良い訳です。
 膠原病は、文字通り、弱った自分を攻撃する状態で、真面目な方が自分の体を犠牲にしてしまう状態の時に発病することが多いようです。精神的なプレッシャー、言葉の暴力、肉体的な過労や眼の酷使、呼吸器系に負担のかかる環境も良くありません。
 病名と治りやすさが一致しないのが膠原病の特徴で、個人によって治る過程や必要とする治療回数の違いが大きいのが実情です。
 DS元気で、オーラ浄化、ツボ押し、してみてください。

携帯からも閲覧できます

外部リンク

Wikipedia 膠原病
自己免疫疾患
難病情報センター 担当窓口Q&A
膠原病〜皮膚筋炎(dermatomyositis complex; DM)日記ブログ 入院に至るまで

関連する本

書籍ガイド


鍼灸院からの情報 > 治療と東洋医学 >