鍼灸院からの情報 > 治療と東洋医学 >

化学物質過敏症(MCS)の症状を悪化させる成分や原因への対策と治療方法

化学物質過敏症が増えているのは、なぜか?

化学物質過敏症が増えているのは、中国から飛んで来るPM2.5が増えているから

 化学物質過敏症が増えているのは、中国から飛んで来るPM2.5の有毒成分PAHが増えることで、人体のAhRが乱されて過敏に反応しやすい体調になるからです。
 化学物質過敏症が楽になるように体調を整えることで、体も楽になります。

化学物質過敏症とは

 化学物質過敏症とは、特定の化学物質に接触し続けていると、わずかな化学物質に接触するだけで、いろいろな症状が出てくる過敏症です。
 微量の化学物質を呼吸などで体内に摂取し蓄積させてしまったことで、体の限界を越えてしまったのが原因です。化学物質の曝露は、日本では、大気汚染や室内空気汚染など、呼吸器官経由が多いです。体の耐性の限界を越えることで、その後は微量の化学物質に曝露するだけで過剰なほどに敏感となり、アレルギーに似た症状や、情緒不安、神経症、行動過多を引き起こします。
 中国大陸から飛来する黄砂など、微量の化学物質に曝露されるだけで、体調異常の症状を引き起こす人も増えています。

化学物質過敏症の症状と対策

化学物質過敏症の人が対応する化学物質を吸入したり接触すると起こる症状

 人体のAhRの働きを調和させるDS元気を使って、体を楽にしてください。

化学物質過敏症の原因物質

 人体のAhRの働きを乱す化学物質による症状と考えた方が理解しやすいです。

化学物質過敏症と歯の治療

化学物質過敏症を悪化させるホルムアルデヒド

 歯の治療の根管治療で、ホルムアルデヒドを含む薬剤を使われる場合が多いです。

化学物質過敏症を悪化させる水銀

 アマルガムは水銀50%以上の合金で、1970年代が使用のピークです。
 アマルガムの水銀を布でしぼり先生に渡す作業をしていたと、2000年に歯科でお手伝いをしていた人の証言もあります。
 アマルガムのことを聞くと、話題をはぐらかす歯科医師もいます。

携帯からも閲覧できます

外部リンク

Wikipedia


鍼灸院からの情報 > 治療と東洋医学 >