鍼灸院からの情報 > 治療と東洋医学 >

鞭打ちの原因への対策と治療方法

鞭打ちの保険治療は診断書を書く病院だけでは不十分

鞭打ちと認められる状態が継続する人は7%程度

 交通事故などで、むちうち症と称されるものの内、正式に鞭打ちと認められる人は、損保会社の資料で、7%程度です。
 大半の人は、病院で「完治した」と言われた後でも、辛い症状が出ています。
 病院で頚椎症と診断されて、病院の治療だけに専念する人が多いのは残念なことです。
 鞭打ちになった人の体験談から判断しても、牽引による治療は万人に適切とは言えません。
 事故のショックを解放する治療をしないなら、結果的に病因病理を無視した治療です。
 たいていの鞭打ちの症状は、負荷をかけられて出てきた症状をいじくりまわすよりも、負荷をとってあげることが先決です。
 一方的な診断を優先させると、治療師の自己満足を患者さんに押し付けることにもなりかねません。
 自分の体調を患者さんに投影することなく、治療師が治療可能な形に適切に診断を確定していくことが大切です。
 担当する医師や治療師が治療結果を出せないなら、他の治療師の協力を得たり、他の治療師に乗り換えるべきです。

鞭打ち損傷の症状

鞭打ちの症状の特徴は、2〜3日後から症状が現れ、だんだんと強くなること

 鞭打ちの症状の特徴は、軽い事故だと受傷直後の検査では異常無しと診断されたり、自覚症状も無かったのに、2〜3日後から症状が現れ、だんだんと強くなることです。
 鞭打ちの症状で慢性的に苦しめられる病気となることもあります。初期の段階での適切な治療が重要です。
 鞭打ちの症状は人によって様々で、肩こり、手の震え、手足のしびれ、感覚異常、集中力低下、ふらつき感などがあります。
 鞭打ちの症状は追突事故、特に自動車で後ろから追突されたときに起こる場合が多いです。他に、スノーボードが原因となる場合もあります。

鞭打ち症に効果のあるツボ刺激

DS元気針治療で効果のあるツボ

 鞭打ち症にDS元気も活用してください。

鞭打ち症:頚椎捻挫

首の周りの筋肉や靭帯の捻挫で出る症状

 首を伸ばすと、首痛や肩の痛みが強くなります。
 首や肩の動きが制限されることも。
 急性症状のみで3ヶ月以内に治癒し、慢性化しない症状と診断されますが、反射トルクとなる筋収縮反射が長期間に渡って解消されないため慢性化し、長期に渡って不定愁訴の後遺症に苦しめられる人も実際にいます。

鞭打ち症:根症状

脊髄から枝分かれした神経が圧迫されて出る症状

 首痛、腕の痛みやしびれ、だるさ、後頭部の痛み、顔面痛など。
 咳やくしゃみをしたり、首を横に曲げたり回したり、首や肩を一定方向に引っ張ったりしたときに、症状が強くなります。

鞭打ち症:バレ・リユウー症状(後部交感神経症候群)

椎骨動脈の血流が低下して出る症状

 頭痛、首痛難聴、目のかすみ、眼精疲労、めまい、耳鳴り、吐き気など。
 顔面や喉の違和感、腕のしびれなどの知覚異常、声のかすれ、嚥下困難、胸部の圧迫感などが出る場合も。

鞭打ち症:脊髄症状

脊髄や下肢に伸びている神経が損傷されて出る症状

 下肢のしびれや知覚異常が起こり、歩行障害を起こします。膀胱直腸障害で尿や便が出にくくなる場合も。

鞭打ち症:脳髄液減少症(低髄液圧症候群)

髄液圧が急上昇した時にクモ膜が裂けることで脳脊髄液が減少して出る症状

 不定愁訴(頚部痛、慢性的な頭痛、嘔気、めまい、倦怠感、視力障害、思考力低下、記憶力低下など)。
 天候と気圧の変化で症状が変化します。

鞭打ちとスノーボード

 鞭打ちにスノーボードが原因している人も多いです。気にならなかった場合でも、後から後遺症が出てくることもあるので要注意です。

鞭打ち症では保険金の支払いがない場合も

保険金をお支払いできない場合

 ※いかなる原因であっても頚部症候群(いわゆる「むちうち症」)または腰痛で他覚症状のない場合は、保険金をお支払いできません。
 保険の契約書を念のため確認してください。

鞭打ち症の後遺症の治療方法

鞭打ち症の後遺症の針治療

 動物は首を傷め過ぎると死にます。そこで、衝突時に瞬間的に衝撃が加わる関節を守るため、反射的に筋収縮を起こすことで、関節トルクを発生させて、ムチ動作を起こします。
 このムチ動作で、筋肉が激しく収縮し炎症を起こします。
 しかし、運動エネルギーを熱エネルギーに変換することによって、むちうち損傷で筋肉に炎症を起こした分、熱エネルギーで神経にもダメージが出る場合もありますが、関節を形成している骨を守ることになります。
 反射トルクとなる筋収縮反射で、衝突時のショックに備えて、頚椎などの損傷を最小限にします。
 その後、損傷部位が自然治癒するまで、反射トルクとなる筋緊張反射で首などを守ります。
 ここまでは非常に大切なことなのですが、頚椎捻挫が回復すれば、この緊張を解放しても良いのに、往々にして、この状態(反射トルクとなる筋収縮反射)が定着しています。
 そういう方の後遺症は、いかにショックを解放してあげるか、ということに着眼点を置いた鍼灸師の針治療で早く楽になる可能性が高いのです。
 私が担当した例でも、20年以上前のものもありました。
 たとえて言えば、サイドブレーキをかけた状態で車のエンジンを動かしているようなもので、しんどくなりやすく、この状態だけでも疲労が蓄積してきます。
 この状態を解放しない限り、元気を出しにくく、季節や天気の変わり目や、人によっては加齢に伴って何十年も後になって後遺症が出てきます。
 私が担当させてもらった範囲では、大半の方が、1年以内の場合は初回で、かなり昔の場合や複数回経験している場合は週1回程度の治療で1ヶ月半ぐらいまでの間に、相当楽になってもらえます。
 前後に微調整する鍼も行い、治療効果の定着を図っていることもあって、治療効果の継続も確認しています。
 正式な鞭打ち症が残る人は7%という統計結果を知らなかったときは、医師の誤診例ばかりを担当していたのではないのかと感じていました。
 鞭打ち(むちうち)は損傷があるものでも針治療で治る可能性があるので、あきらめないで下さい。
 信じられない人には信じてもらえないかもしれません。楽にならない、治らない、と思い込んでしまって、治療の可能性を閉ざしてしまう人は鍼灸師の中にもいて、非常に残念なことです。
 頚椎ばかりに注目するのではなく、もっと、体全体のバランスをとっていく、という針治療が得意とする観点から、治療方法を検討していただきたいです。
 数多くの鍼灸師を渡り歩いてでも、治療効果を引き出せる相性の良い鍼灸師と出会えるよう、粘り強く捜してみて下さい。
 DS元気も活用してください。

携帯からも閲覧できます

外部リンク


鍼灸院からの情報 > 治療と東洋医学 >