鍼灸院からの情報 > 治療と東洋医学 >

緑内障の症状と治療

緑内障とは

 緑内障とは、視野を喪失していく病気です。
 喪失した視野は回復しないため、失明の原因となります。日本では、糖尿病網膜症を抜いて1番目の失明の原因となっています。視野狭窄は自覚されないうちに末期症状に至ることが多いです。緑内障の早期発見には定期的な健康診断が大切です。

慢性緑内障の症状

開放隅角緑内障(慢性)

 房水が排出されにくくなって、少しづつ眼圧が上がります。中高年で1番多い緑内障です。
 慢性緑内障である開放隅角緑内障は、隅角はその名の通り、ふさがっていません。しかし、隅角の手前にあって、フィルターの役目をしている「線維柱帯」が目詰まりを起こして房水が排出されにくくなるため、少しづつ眼圧が上がります。
 慢性緑内障では急激な発症はありません。眼圧が高いと言われた方は、視野の欠けに注意してください。

急性緑内障の症状

閉塞隅角緑内障(急性)

 急性の緑内障は房水の排出口である「シュレム管」が詰まって起こります。
 閉塞隅角緑内障は、房水によって隅角が押され塞がってしまい、シュレム管から房水が排出されなくなるため、前房内の眼圧が急上昇して起こります。その結果、眼の激痛と頭痛が起こります。
 発作的に眼に激しい痛みや吐き気・頭痛が起こります。発作が起こる前に前ぶれ症状が出ます。

正常眼圧緑内障

 正常眼圧緑内障とは、眼圧が正常値(10〜21mmHg)なのに視神経の萎縮が進行し、緑内障と同様の視野狭窄が出現する病気です。近視の人に多い傾向があります。

緑内障の手術

緑内障のレーザー手術

 レーザー虹彩切開術:「急性閉塞隅角緑内障」を発症した場合に優先して選択されます。レーザーで虹彩切開ができない場合は「観血的虹彩切除術」を施行することがあります。
 レーザー線維柱帯形成術:体への負担が小さいため、高齢患者に適用されることが多いです。しかし、眼圧降下作用が小さく、手術によって安定しなかったり、他の「濾過手術」などの外科手術との併用が難しい、などの欠点から「レーザー虹彩切開術」以外に関しては外科手術に代わるものではありません。

緑内障の外科手術

 線維柱帯切開術(トラベクロトミー):眼圧降下作用が少なく、時間が経つと効果が減少することが多いです。しかし、術後の経過が比較的よく、切開の痕跡もわりと小さく押さえられます。
 線維柱帯切除術(トラベクレクトミー、濾過手術):虹彩に小さく開口部を作るとともに後房と前房の間に房水のバイパスを形成し、房水を強膜へ排出させます。眼圧降下作用が大きく、効果の長期的な持続が見込めます。
 症例によっては、「観血的虹彩切除術」、「毛様体破壊術」、「非穿孔性線維柱帯切除術」などが選択されることもあります。詳しくは医師にお尋ねください。

緑内障の治療

 緑内障治療の基本は、眼圧を下げることを主眼においています。
 緑内障の治療として、点眼薬、内服薬、点滴療法、レーザー手術、外科手術などがあります。視野欠損の程度の少ない発症初期には、点眼薬により様子を見ます。視野欠損の進行具合と視神経の障害の程度から判断して、外科的手術をすることもあります。緑内障の名医を探すことも重要です。緑内障で失った視野を全て取り戻す方法は無いとされています。

緑内障の原因

 緑内障の原因として、歯の治療の悪影響、森永砒素ミルク中毒(1953年から数年の間に森永の粉ミルクを飲んだ人)の後遺症、精神的過労、睡眠不足、など。
 先天性緑内障:生まれつき眼内液の出口の発育が悪いために緑内障になる。
 続発性緑内障:ぶどう膜炎、角膜炎、白内障の手術のあと、腫瘍、ステロイド剤長期投与、水晶体疾患などを原因として発症する。
 原発性緑内障:目に直接原因となる疾患が無い緑内障。早い話が、原因不明の緑内障。医学用語では、原発性=原因不明。

緑内障の検査

眼圧測定検査

 トノメーターという器具を使って眼圧を測定します。痛みはありません。眼圧が22mmHg以上ある場合は正常より高いと診断されます。

視神経を観察する検査

 緑内障患者の3分の1以上では眼圧が正常範囲にあるため、眼圧測定だけで、緑内障ではない、と診断できません。そのため、検眼鏡やスリットランプを使って視神経を観察し、緑内障による損傷がないかどうかを調べます。

周辺視野を調べる検査

 周辺視野を調べる検査を行うことで、視野欠損の有無がわかります。視野検査には、視野内に小さい光の点を表示してそれが見えるかどうかを検査する機器を用いるのが一般的です。

隅角鏡検査(ゴニオスコピー)

 隅角鏡検査(ゴニオスコピー)は、特殊なレンズで房水の排出管の状態を調べる検査です。この検査で、緑内障の型が開放隅角緑内障、閉塞隅角緑内障のいずれであるかを診断します。

緑内障に禁忌の薬

 緑内障に禁忌の使ってはいけない薬があります。その多くは、抗コリン作用を持ち、眼圧を上昇させる可能性のある薬です。抗コリン薬には、瞳を開くとともに 房水の出口をふさぎ、その排出を阻害する作用があります。詳しくは、緑内障の名医に、ご相談下さい。

携帯電話からも閲覧できます

外部リンク


鍼灸院からの情報 > 治療と東洋医学 >