鍼灸治療院からの情報 > 治療と東洋医学 >

キャッスルマン病


携帯電話からも閲覧できます

キャッスルマン病に対する管理人の針治療の方針と現状

 歯の治療電磁波過敏症などの悪影響があります。
 防虫剤などの化学物質による悪影響もあります。歯磨きは、歯磨き粉を使わず、水洗いした歯ブラシで、みがいてください。口の中の舌下静脈から、歯磨き粉に含まれる化学物質が、心臓へ流れ込まないようにするためです。
 上記の点に対策していきながら、針治療を続けていくと、症状が緩和してきます。
 ステロイド剤の服用が早期のうちに、一日おきになるよう、ドクターと相談しながら、コントロールしてください。
 他の膠原病に対する注意と同様の点にも対策していけば、症状が軽くなっていきます。

外部リンク

Wikipedia 膠原病
自己免疫疾患

関連する本

書籍ガイド