鍼灸院からの情報 > 治療と東洋医学 >

咳喘息の症状と原因への対策と治療方法

咳喘息が増えた原因への対策

咳喘息が増えているのは、中国から飛来するPM2.5が体内に蓄積してきたから

 咳喘息は、中国から飛来するPM2.5の有毒成分PAHへの対策をすれば、早く治ります。
 PM2.5の有毒成分PAHによって乱された人体のAhRの働きを調和させるDS元気ゴールドを活用して対策してください。

咳喘息を悪化させる小腸経の炎症熱も

 小腸経の炎症熱を抱えていると、小腸の免疫寛容の働きが狂い、アレルギー症状などが悪化しやすくなるため、咳喘息の症状も悪化しやすくなります。
 カゼを引き起こすウイルスや手足口病などを引き起こすウイルスによる小腸の炎症で、小腸経の炎症熱を抱えている人が増えています。
 小腸経の炎症熱を浄化するDS元気ゴールドを活用して対策してください。

咳喘息の原因はPM2.5の有毒成分PAH

咳喘息の原因となるPM2.5の有毒成分PAHを肺に吸い込むと悪化

咳喘息の人に効果のあるツボ刺激

DS元気ゴールド針治療で効果のあるツボ

 PM2.5の有毒成分PAHが肺から血液中に取り込まれると、人体の受容体AhRに結合し、生理的な働きが攪乱されてしまいます。
 咳喘息の針治療では、気の動き(機能的な働き)を改善させる効能を活用して、咳喘息への治療効果を出していきます。

咳喘息の症状

咳喘息とは喘息特有の呼吸困難が無く、咳だけが続く病気

 風邪インフルエンザも含む)をひいた後、肺に粘着している黄砂をしっかり取り除こうと体が反応することで、咳喘息の症状が出る人も。

黄砂は咳喘息を悪化させる化学反応も促進

 NO2(二酸化窒素)やVOC(揮発性有機化合物)などと共に、PAHキノンが生成されると咳喘息が悪化し、猛毒のNPAHも生成されると、さらに体調が悪化します。
  1. NO2 + VOC + 紫外線(太陽光線) → 光化学スモッグ
  2. NO2 + VOC + 光化学スモッグ硫酸塩エアロゾルPM2.5の有毒成分PAH
  3. NO2 + 黄砂+PM2.5→猛毒NPAH(NO2(二酸化窒素))
  4. PAH + 光化学スモッグ → PAHキノン
  5. PAH + 生体内での代謝 → PAHキノン

咳喘息の対策

咳喘息対策の要は、清浄な空気を吸える環境

咳喘息対策はPM2.5の有毒成分PAH対策

 2013年になって、健康な大人でも、PM2.5が多いと、身体に軽いダメージを受け、軽い健康被害が長引いています。
 2014年になって、健康な大人でも、黄砂+PM2.5→猛毒NPAHで、身体にダメージを受け、健康被害が長引いています。
 2013年以降、さすがに、マスコミもPM2.5を報道するようになりましたが、危機感が無さ過ぎます。
 詳しい報道が制限されている中国関連の情報に関する大人の事情、文字通り空気を読んで、対策してください。

咳喘息対策には、マスクも有効

 医療用の微粒子にも対応できるマスクが、おすすめです。

普段から、邪気を浄化していると、咳喘息も起こりにくくなります

 DS元気ゴールドを活用してください。

咳喘息で注意すること

喘息は診断しても、咳喘息を診断しない医師も

咳喘息と喘息と病院での検査

咳喘息とは咳だけを主徴とする好酸球性の気管支炎

 咳喘息は、フォローが重要です。  持続性の咳を訴えて来院する人は、確かに咳喘息であることが多いです。
 しかし、詳しく問診すると、咳以外の呼吸器症状があり、すでに喘息になってしまっていることも多いからです。
 診断的治療で改善した人に、ピークフロー値の測定を行い、フォローするのがベターです。
 息切れや息苦しさは主観が入り、本来の呼吸器症状ではないこともあります。
 しかし、詳しい問診で咳以外の呼吸器症状を確認したら、呼吸機能検査やピークフロー測定を行い、すでに気管支喘息と診断すべきかどうか検討する必要があります。
 咳以外の症状にあまり悩んでいない人は、咳が出なくなると来院しなくなってしまいます。
 しかし、ピークフローなどを定期的に測定することで、喘息の見落としを防ぐようにすることは重要です。
 咳喘息の症状が改善したらピークフロー検査をお薦めします。

咳喘息とアトピー咳嗽とアレルギー性鼻炎

咳喘息とは呼吸困難を起こす事なく、空咳が続く病気

アトピー咳嗽とは喘息発作を起こさずに咳が続く病気

アレルギー性鼻炎で鼻がつまって起こる咳

アトピー咳嗽もアレルギー性鼻炎で咳が続くのも咳喘息

 ウイルス・マイコプラズマ・細菌などの感染症や肺ガンや肺気腫などの内臓の病変以外で、咳が続く症状はPM2.5の有毒成分PAHが原因の咳喘息にまとめて考えた方が対策がシンプルになります。

咳喘息の特徴・症状

咳喘息は、咳が続き、以下のような特徴も

 咳喘息の症状が出たら、軽い内に、病院で、ステロイドの吸引剤をもらってください。

咳喘息には吸入ステロイド薬が効果的

咳喘息で確実に効果があるのは吸入ステロイド薬

 吸入ステロイド薬は副腎皮質ホルモン吸入剤ですから、使用後は必ずうがいをして、口腔内へのカンディダ(鵞口瘡)を予防してきださい。
 咳喘息が良くなって、すぐに吸入ステロイド薬をやめてしまうと再発する可能性があります。
 咳喘息はそのまま自然に改善することもありますが、約30%が喘息に移行し、再発をくり返すこともあります。
 咳喘息に詳しい医師の診断を受けられることをお勧めします。検査では異常が見つからないため、診断は非常に難しく、症状から咳喘息を疑い、治療で良くなれば咳喘息と診断されるのが現状です。

心臓喘息に気管支拡張剤は危険

 心臓喘息の発作の時に気管支拡張剤を使うと死ぬことがあります。

アスピリン喘息

 湿布薬の副作用にも要注意です。

気管支喘息を悪化させる原因

気管支炎で咳が長引く気管支喘息

 気管支炎で咳が長引く場合、風邪などのウイルス感染で気管支炎を起こした場合に多く発生します。

小児喘息

小児喘息になる要因に、抗生剤の乱用も

 ウイルス性の風邪の場合に抗生剤を予防的に投与するのは有害な面があります。

咳喘息の薬

咳喘息に気管支拡張剤は、できるだけ使わないほうがベター

 咳喘息の薬として、気管支拡張剤は、できるだけ使わないほうがベターです。
 喘息と違って、呼吸は確保されている訳ですから、肺〜気管支の炎症反応を和らげることを優先させる吸入ステロイド薬がベターです。
 気管支拡張剤で気管支を拡張すると、心臓に負担をかけます。
 喘息で気管が詰まり窒息する危険がある場合に気管支拡張剤を使用した方がベターです。

四日市喘息を教訓に

四日市喘息は、公害病ですが、昔のことではありません

 これからは、PM2.5の有毒成分PAHの越境汚染による公害の喘息を警戒しなければいけません。

喘息のガイドライン

喘息のガイドラインを守って治療してください

 日本では、薬剤によるコントロールをしながら、原因対策をしていけば、喘息で死ぬことはないはず、なのですから。

咳喘息と黄砂

黄砂+PM2.5→猛毒NPAHは粘膜などを刺激し、咳喘息などを引き起こします

 黄砂+PM2.5→猛毒NPAHは眼球や鼻の粘膜などを刺激し、結膜炎、アレルギー性鼻炎(花粉症)咳喘息などを引き起こします。
 黄砂+PM2.5→猛毒NPAHを吸い込むと、慢性の気管支炎症状が悪化するほか、肺炎など、呼吸器の疾患を起こしやすくなります。喘息の人は、気管支の収縮などにより、喘息の発作回数が増加します。
 黄砂+PM2.5→猛毒NPAHが多量に飛散している日は、外出を控え、窓も閉めた方が良く、最近のマンション等では、湿度に注意しながら、24時間換気も止めた方が良いです。

乾いた咳(空咳)が続く、黄砂喘息は危険

 黄砂+PM2.5→猛毒NPAHを肺に吸い込んでしまった状態で、乾いた咳が続くと、傷ついた肺などの毛細血管から、ギザギザ微粒子の黄砂が血液の中に流れ込んで、全身に循環し、血圧の高い臓器(腎臓や脳など)から蓄積し、傷害を与えていくことになります。
 サイクロン式の掃除機も黄砂を室内に撒き散らしてしまいます。
 黄砂+PM2.5→猛毒NPAHに多く含まれる硫黄酸化物は気管支炎や肺炎を起こす以外に、頭痛の原因にもなりますから、脳に黄砂+PM2.5→猛毒NPAHが蓄積する性質との相互作用で、若年性の脳血管障害も起こしやすくなります。
 黄砂が腎臓に蓄積すると腎臓が傷害されるため、骨代謝が低下し、その状態で咳をしていると、肋骨がヒビ割れ骨折をする場合もあります。

携帯からも閲覧できます

外部リンク

耳鼻科50音辞典

wikipedia


鍼灸院からの情報 > 治療と東洋医学 >