鍼灸院からの情報 > 治療と東洋医学 >

坐骨神経痛の原因への対策と治療方法

坐骨神経痛が増えているのは、なぜか?

 坐骨神経痛が増えているのは、中国から飛んで来る公害物質が増えることで、疲れがとりにくい体調になるからです。
 坐骨神経痛が楽になるように体調を整えることで、坐骨神経痛以外の症状も楽になります。
 坐骨神経痛が起きる原因をこのぺーじでは、分かりやすく説明しています。
 坐骨神経痛原因を理解して治療できる鍼灸師の針治療もお薦めします。

坐骨神経痛

 坐骨神経痛とは症状に対する名前です。坐骨神経の経路と分布領域に痛みのあるものが坐骨神経痛と呼ばれています。
 患部に熱がある急性期の痛みの時は、激しいストレッチは逆効果。
 坐骨神経は、神経のなかで1番太く、しかも1番長い神経です。
 坐骨神経は、腰の骨の4・5番目の神経と骨盤を形成する仙骨の前面から出てくる神経が束になり、1本の神経になった神経です。
 坐骨神経は、梨状筋の下を通り、太ももの後ろを下り、膝の裏でふくらはぎと、すねの2方向へ別れます。
 坐骨神経は骨盤から出てきた後に梨状筋の下を通過します。この部分で神経が絞扼(こうやく)されると、臀部の疼痛、下肢に放散する疼痛やしびれを起こします。そのため、絞扼性神経障害という疾患に分類されます。その症状は椎間板ヘルニアなどによって起こる根性坐骨神経痛と似ています。
 坐骨神経痛は、歩いたり座ったりする動作が制限されることが多く、日常生活に大きな支障を来たします。
 お尻から足にかけての疼痛やしびれ、運動麻痺などがあったら、早期治療をおすすめします。

坐骨神経痛の原因

 臀部から脚にかけて走行する坐骨神経が何らかの原因で圧迫されることにより痛みが生じます。
 坐骨神経痛の原因には、アルコール・砒素・鉛などの中毒、糖尿病・痛風などの代謝疾患、梅毒などの感染性疾患、仙腸関節炎、脊椎の関節炎、股関節炎、坐骨神経鞘を含む筋膜炎、筋に波及する繊維組織炎、変形性骨炎、第5腰椎の仙骨化、脊椎カリエス、脊椎腫瘍、骨盤腫瘍、炎症性の神経炎。
 坐骨神経痛の多くは、骨盤が前方に変位することによって、梨状筋が伸張されて起こります。
 骨盤が機能障害を起こして固着した状態では、梨状筋にストレスが加わり、梨状筋症候群の原因となります。
 仙骨や腰椎などの機能を高め、梨状筋の機能を高めることによって、坐骨神経痛が解消される場合が多くあります。

坐骨神経痛の症状

 坐骨神経痛の症状は、お尻から太ももの後ろ側、膝から下の足の外側などに重だるい感じやしびれが生じるのが主な特徴です。特に動いていなくても、ももから足の裏にまで痛みを感じることがあります。
 ある日突然に、太ももの痛みやしびれが現れるケースもあります。
 急性腰痛のように急性的な痛みではなく連続的に起こってきます。また痛み以外に下肢のシビレや歩くのもつらいと感じる場合もあります。
 腰・臀部〜下肢の後ろ側にかけてシビレや鋭い痛みがあります。下腿やかかとや足の裏まで痛みがある場合もあります。
 臀部から太ももの後ろ側にかけて鋭い痛みがあります。かかとや足の裏まで痛みがある場合もあります。

坐骨神経痛と脊柱管狭窄症

 高齢者では、脊柱管狭窄症とは腰椎(腰の骨)が老化などにより変形し、脊柱管(神経が通る穴)が狭くなって神経を圧迫し痛みが現れます。
 間欠性跛行という症状が特徴で、数分の歩行で両足又は、片足全体に痛み、しびれなどが出現します。しばらく休息をとると再び歩行ができます。

坐骨神経痛とヘルペス

 ヘルペスで坐骨神経痛を発症する場合もあります。

坐骨神経痛と中殿筋、小殿筋、腰方形筋

 中殿筋・小殿筋はスポーツ外傷、転倒、落ちる物を防ごうとした時に痛め易い筋肉です。立位では痛みをあまり感じませんが、 座位だと骨盤上部に痛みが出たり、足にシビレが出ます。左右どちらか、若しくは両方のお尻の上あたりを押さえると痛みを感じる場所があったり 、 無意識に揉んだり、押したりしていることあります。
 中殿筋の場合はさらに進行すると腰方形筋など他の筋肉にも症状が進み範囲が広がっていきます。範囲が広がりますと、治療回数も10回以上通院しなければ治らなくなってきます。
 腰方形筋 は骨盤上部の左右から第12胸椎にかけて存在します。床から物を持ち上げる動作のときや長時間または繰り返し、体を曲げたり捻ったりした時に痛みやすく、立ったり座ったりの動作時に痛みの出現が多いです。

坐骨神経痛と大腰筋

 大腰筋によるものは、背中をそらす動作時に痛みがある場合が多く、座っている姿勢から、 立ち上がったりする時に痛みが出ます。 急激な運動や急激な負荷、長時間の車の運転、スポーツ外傷などによって痛めることが多く、椎間板ヘルニア、ぎっくり腰、慢性腰痛なども大腰筋に問題がある場合が多いです。

坐骨神経痛と梨状筋(りじょうきん)

 梨状筋は、骨盤の中心にある仙骨から股関節に向かって、お尻を横切るように付いています。
 梨状筋は仙骨から始まり、足の付け根に付いており、股関節を外旋させる働きがあります。梨状筋が炎症もしくは過度の緊張状態になると、その下を通る坐骨神経を圧迫して神経の走行に沿って痛みが出ます。
 坐骨神経痛の多くは、骨盤が前方に変位し梨状筋が伸張されて起こります。

梨状筋症候群

 梨状筋症候群は、少しづつ悪化し、通常は、ラセーグ徴候は陰性です。梨状筋間で坐骨神経が締め付けられた上に、仕事や運動でストレスが加わり発症することが多いようです。
 梨状筋症候群の原因は年齢により異なりますが、比較的多いのがぎっくり腰から腰痛が慢性化した梨状筋症候群です。
 骨盤が機能障害を起こして固着した状態では、梨状筋にストレスが加わり、梨状筋症候群の原因となることがあります。

梨状筋症候群の原因

 怪我から起こったり、長時間の座位による圧迫などが関係することもあります。

梨状筋症候群の診断

 梨状筋や坐骨神経に圧痛があり、放散痛を再現できる。
 臀部打撲などの外傷の既往があったり、特定の姿勢や運動で痛みが強くなる。
 神経症状は腓骨神経領域に出ることが多い。
 腰椎に椎間板ヘルニアがあれば、ヘルニアによる坐骨神経痛という診断が優先します。

坐骨神経痛と椎間板ヘルニア

 椎間板ヘルニアによって、神経根および周囲組織が圧迫されると血行障害が起こり、循環状態に変化を及ぼします。また周辺に浮腫が現れたりして一層神経根への刺激が強まり、悪循環を形成してきます。その刺激による痛みは、臀部からやがて大腿下腿へと拡大していきます。痛みと痺れの症状がある場合、もっとも大きな椎間板ヘルニアが長期的に神経根を圧迫し、筋力低下があれば、更に大きく強い圧迫が存在していることを意味しています。やがて、炎症を起こし「神経根」状態になります。これが痛みの直接原因です。
 椎間板ヘルニアは、やがて瘢痕萎縮化し神経圧迫をやめるようになります。神経根炎が長期に渡ると周辺の繊維化や癒着が起こり、変性した神経組織は元の状態に回復することが不可能になります。
 椎間板ヘルニアが腰部の神経根を圧迫すると坐骨神経痛が起こります。これを根性(こんせい)坐骨神経痛といいます。

坐骨神経痛の予防

 足腰を鍛える軽い運動を始める、寝る前やお風呂上りにストレッチをして柔軟性を保つ、腰に負担のかかる姿勢を長時間続けない、など。

坐骨神経痛に有効なお尻を上下する体操

 仰向けに寝て両膝を軽く立て、息を吐きながらお尻を持ち上げ、ゆっくり下げます。

坐骨神経痛と漢方薬

坐骨神経痛のストレッチ

梨状筋ストレッチ

  1. 天井を向いて、両膝をまっすぐにした状態で寝ます
  2. 右膝を抱えるように曲げ、左手で右足首を持って、胸のほうに引き寄せ、右手は右膝のあたりを支え、楽な呼吸で、30秒ほどキープ
  3. 天井を向いて、両膝をまっすぐにした状態で寝ます
  4. 左膝を抱えるように曲げ、右手で左足首を持って、胸のほうに引き寄せ、左手は左膝のあたりを支え、楽な呼吸で、30秒ほどキープ

坐骨神経痛と病院

 病院の整形外科で坐骨神経痛と診断された場合、レントゲンやMRIで腰椎などに異常が見られないと、痛み止めの薬や湿布での治療になります。症状が緩和されないと、治療法として、椎間板ヘルニアなどの手術や入院をすすめられることもあります。

牽引治療(骨盤牽引)

 骨盤にベルトをかけて引っ張る治療法。
 間歇牽引:体重に合わせて15〜20分間断続的に牽引。
 持続牽引:弱い力で数時間牽引。
 ※痛みの強い時は効果的ですが、長期の漫然とした牽引は、かえって症状を長引かせることもあるので要注意。

温熱療法

 ホットパックなどで温めることにより、血流を改善し、筋肉の緊張と痛みを緩和しようとする治療法。
 ※熱をもっていたり炎症が起こっている場合は逆効果。

低周波治療

 電気刺激により筋肉の働きを促し疼痛を緩和しようとする治療法。

神経ブロック

 神経伝導路(道すじ)に局所麻酔剤を注入し、痛みの伝達をブロックするする治療法。
 神経根ブロック、硬膜外ブロック(腰部硬膜外ブロック:腰椎の棘突起の間から注射、仙骨硬膜外ブロック:仙骨裂孔から注射)

坐骨神経痛のツボ

 DS元気で、ツボ押し、してみてください。
 坐骨神経痛のツボとしては、 大腸兪承扶殷門(太ももの裏が痛い)、 委中承筋(ふくらはぎが痛い)、 附陽崑崙五枢(足から腰にかけて痛い)、 環跳風市丘墟、 など。

坐骨神経痛の針治療

 神経痛の針治療は、体のなかにある余分の水分を調整し、血液のめぐりを良くして、温めることが基本になります。ただし、急性期の熱をもった炎症部位は冷やすのが基本です。

梨状筋症候群

 梨状筋によって坐骨神経の圧迫がひき起こされている場合、病院で坐骨神経痛の治療を受けても、なかなか症状が改善しない場合がありますが、針治療だと申脈などをうまく使えば改善することが多いです。

携帯からも閲覧できます

外部リンク

梨状筋ストレッチストレッチ・イラスト

鍼灸院からの情報 > 治療と東洋医学 >