鍼灸院からの情報 > 治療と東洋医学 >

肋間神経痛の原因への対策と治療方法

肋間神経痛が増えているのは、なぜか?

肋間神経痛には、小腸の炎症で腸閉塞に近い状態になった内臓からの反射による場合も

 肋間神経痛が楽になるように体調を整えることで、肋間神経痛以外の症状も楽になります。

肋間神経痛の症状

肋間神経痛の症状は、背中や体の片側に強い痛み

 肋間神経痛の症状は、肋間神経が走っている脊髄から肋骨に沿って痛みます。肋骨が動く胸郭運動で、痛みが誘発されたり強くなったりします。
 肋間神経痛は、冷やさない方が良いことが多いです。冷えに注意するなど、生活習慣も見直してください。

肋間神経痛の症状の特徴

 肋間神経痛の症状が激しくなると、その神経からさらに離れたところまで痛くなることもありますが、これは投射痛と言われます。

肋間神経痛の症状を起こすトリガーポイント(引き金点)

 肋間神経痛の症状は、ある決まった粘膜や皮膚の刺激で誘発されます。この場所が痛みのトリガーポイントです。
 何度も発作を繰り返さないためにも、トリガーポイントを刺激しない工夫が大切です。

肋間神経痛に効果のあるツボ刺激

DS元気針治療で効果のあるツボ

肋間神経痛の原因

肋間神経痛の原因が「断腸の想い」というストレスである可能性を医療関係者も考慮してください

肋間神経痛の原因をさぐる病院での検査

 肋間神経痛で、長期に強い痛みが続く場合は、病院で検査を受けたり、適切な治療を受けたりしてください。
 肋間神経痛は、肋間神経が骨や筋肉にはさまれたり、炎症を起こすことが原因です。肋骨にちょっと無理な力がかかった後に起きることもあります。
 肋間神経痛は神経が骨や筋肉の間にはさまれて刺激されて生じる絞扼(こうやく)神経症によって起こることが多いです。
 肋間神経痛の症状は、中年以降に多く見られますが、原因が心因性のものであることも多いため、若い人でも症状が出ることがあります。
 咳や弱い外力で骨折が生じる可能性があります。この場合は、姿勢の変化で痛みが増強し、呼吸や物を持ち上げるときに痛いのが特徴です。
 レントゲン、MRI、CTでも肋骨のわずかな亀裂は見つけにくいです。

肋間神経痛の治療

肋間神経痛の病院での治療

 肋間神経痛の症状が長引く場合は、病院で適切な診断を受けてください。
 肋間神経痛によっては温湿布などで痛みを緩和できますが、痛みが緩和しない場合は、ペインクリニックや総合病院での診療になります。

肋間神経痛で注射を使うペインクリニックや麻酔科外来

 肋間神経痛の治療には、神経ブロックと呼ばれる局所麻酔薬を使用した注射を使います。
 神経の炎症もある場合は、局所麻酔薬にステロイド剤を混合した注射を使います。

肋間神経痛は何科?

肋間神経痛と間違いやすい病気

肋間神経痛は、内科などの医師に相談するのがおすすめ

 もし胸が締め付けられる様な痛みや、息苦しいなどの肺の異常が気にかかった場合は、総合病院の呼吸器科。
 ストレスが原因な事もありますので心療内科、精神科の診療も検討された方が適当だと思われます。
 肋間神経痛の治し方は個人で判断せず、内科などの医師に相談するのがおすすめです。

肋間神経痛と漢方薬

肋間神経痛とストレス

肋間神経痛の人は、ストレスに悩まされている場合も

 肋間神経痛を和らげようと、鎮痛剤を用いる場合もありますが、鎮痛剤は胃にも負担をかけ、効果が鈍くなってくるので、できれば、鎮痛剤は痛みが激しいときだけにしたほうが良いです。
 まず、きちんと睡眠をとる。食事もきちんととりましょう。
 笑いの時間を共有できる人と時間をすごしましょう。逆に、いつも誰かと一緒で気が休まらない人は、ひとりの時間を作るべきです。
 ストレスが、たまりはじめているときに肋間神経痛という症状が出た時には、対策を考えなさいというメッセージです。
 どうしても痛みが引かない場合は、病院などを訪れて診察を受けるべきですが、生活習慣も見直してください。
 肋間神経痛の場合は冷やさないほうがよいですので、冷えには要注意です。

肋間神経痛と病院

肋間神経痛の診断で、重大疾患を見分ける病院での検査は重要

 血液検査によって内臓の疾患がないか、レントゲンやMRIで画像診断し、骨折や脱臼や外傷による血腫または椎間板ヘルニアを診断します。
 腫瘍などの組織はMRIによって診断できます。
 内臓の異常の中には、血液検査や画像診断で区別のつかない異常もあります。この異常が関連痛として胸に出ることもあります。
 痛みを繰り返す胸の痛みは、内臓から来ていることもあるので要注意です。

肋間神経痛による背中の痛みと帯状疱疹

肋間神経は、胸椎から出て左右に12対存在

 肋間神経は、肋骨と肋骨の間にある肋間筋という筋肉や、その他背中の細かい筋肉の運動を支配しています。
 また、肋骨に沿って背中やわきの下、胸などの感覚を支配しています。
 肋間神経痛とは、肋間神経に沿って、胸や脇腹、背中が痛くなる病気で、多くは片側にだけ激痛が走ります。
 背中を初めとしてわきの下、胸などに鋭い痛みを感じます。この症状は、深呼吸や咳・くしゃみで悪化し、呼吸困難や会話をするのが困難になってきます。

背中を痛める要因として、帯状疱疹も

 帯状疱疹は、脊髄神経節のウイルス感染症で、皮膚文節に沿って病変が広がります。
 ヘルペスウイルスは、脊髄神経節に進入し皮膚に運ばれ、感染した神経が支配する皮膚領域に激しい痛みを起こします。
 数日後に皮膚支配の領域は赤く湿疹が出来て、水泡が出現し、肋間神経に沿って痛みが出ます。
 ヘルペスウイルスは、たいていの人が保有しているウイルスです。水疱瘡もこのウイルスです。
 帯状疱疹は、元々保有しているウイルスで、一過性なら、治りやすい肋間神経痛で、疲労やストレス感が、引き金になることが多いです。

肋間神経痛と咳

肋間神経痛は咳も誘発

 肋間神経痛で、息をするだけで痛む、会話も出来ない、歩けない、それほどに症状が酷い場合には、早めに病院に行ってください。

携帯からも閲覧できます


鍼灸院からの情報 > 治療と東洋医学 >