鍼灸治療院からの情報@神戸・三宮 > 治療と東洋医学(針治療の現場から) >

後頭神経痛の治療

携帯電話からも閲覧できます

後頭神経痛の原因

後頭神経痛の症状は、意外に多い頭痛

 後頭神経痛とは、急に耳の後ろや後頭部が「キリキリ」と痛くなる頭痛です。左右いずれかのこともありますが、後頭部全体が痛くなることもあります。肩こり耳鳴り、急に頭を動かした時にめまいを伴うこともあります。首の付け根から突き上げられるように痛みが上がる首痛です。
 後頭神経痛は、頭の皮の神経痛で、子供の頭痛の原因になることも多いです。
 後頭神経は、頚椎2番(C2)、頚椎3番(C3)から走行する神経です。
 大後頭神経は、後頭部へ走行し、後頭部に頭痛や触診で痛みを感じます。この部分が痛むと、大後頭神経痛です。
 小後頭神経は、側頭部で耳の後ろへ走行し、耳の横か上に痛みを感じます。この部分が痛むと、小後頭神経痛です。
 大耳介神経は、耳の後の付近の皮膚に分布する神経です。この部位が痛む場合も後頭神経痛とみなされます。

後頭神経痛が症状の原因である場合も

 何科に行っても良くならない頭痛の原因が、後頭神経痛である場合が多いようです。
 後頭神経痛で、めまい、吐き気、嘔吐、食欲不振、うつ状態、いらいら、不眠となり、鎮痛剤を飲んで胃潰瘍になる人も。

うつ病、神経性食欲不振症と診断されていた女性の症例

 頭痛がひどく食欲がない。夜も眠れない。気がふさいで話もしたくない。吐き気がひどくて嘔吐する。
 よく話を聞いて、診断すると、後頭神経痛であることが判明。
 肩こりを楽にする治療で、後頭神経痛頭痛が消失すると、吐き気、嘔吐、食欲不振、うつ状態、不眠も消失。

後頭神経痛の市販薬

 後頭神経痛の市販薬というと、痛散湯という薬になります。病院で診断を受けた上で、テグレトールやリボトリールなどのお薬を処方してもらう方がお勧めです。

後頭神経痛の対処

 後頭神経痛は、診断力のある医師や技術力のある治療師の助けを借りるなどして、適切な対処を行えば、大半の後頭神経痛は改善します。

後頭神経痛と体操

 後頭神経痛は、肩こりや疲れでを起こすこともあるので、その場合は体操などで血流を良くした方がいい場合もあります。
 ときどき起こる後頭神経痛にクロナゼパム(商品名:リボトリール、ランドセン)を内服するのも一つの対処療法ですが、ずっと続く場合は、頚椎の異常など、病院で検査を受けた方がいい場合もあります。

後頭神経痛とホルモンのバランス

 後頭神経痛では、肩こりや頚部の凝りを伴います。頚部の凝りで、頚部のリンパ循環が悪いと、脳低動脈の循環が悪くなり、結果脳下垂体などのホルモンの分泌が乱れ、尿量や血圧、体温、血管当のコントロールが失調し、自律神経失調症による体調不全を訴える場合が多いです。

後頭神経痛の病院での検査が必要な場合

 後頭神経痛の中には、まれに、椎骨脳底動脈血流不全症で脳梗塞の前兆となる場合、脳腫瘍の場合、頚骨の損傷の場合もあります。
 違和感やピリピリした痛みの場合や、りきんだり、くしゃみで悪化するような後頭部の痛みは、血管性の後頭神経痛の可能性があるので、病院で検査を受けてください。

後頭神経痛の針治療

針治療で針を刺して効果のあるツボ

関連する本

書籍ガイド

外部リンク


鍼灸治療院からの情報@神戸・三宮 > 治療と東洋医学 >