鍼灸院からの情報 > 治療と東洋医学 >

帯状疱疹後神経痛の原因への対策と治療方法

帯状疱疹後神経痛

 帯状疱疹後神経痛の痛みは、ウイルスが神経を傷つけるために起こるものです。ピリピリしたりするような痛みで、衣服がすれるだけで痛みを起こすことがあります。夜間はよく眠れたり、何かに集中していると痛みを感じなかったりするという特徴があります。
 帯状疱疹後神経痛の時期には、ウイルスは活動していないので、抗ウイルス剤は効きません。

帯状疱疹後神経痛と東洋医学(鍼灸・漢方)の治療

 急性期の帯状疱疹は、外因が外邪の侵入で、内因が肝胆の湿熱などです。湿熱と外邪が皮膚に停滞するため、疱疹や痛みを引き起こします。
弁証治法症状
気滞血お疏肝理気
理気活血
疱疹がなくなっても激しい痛みが止まらない。しばしば両脇の脹痛、不眠、胸脇苦滿などの症状を伴う
寒湿滞絡散寒除湿
通絡止痛
気候が寒くなり、冷たい風にあたると痛みを誘発する。しばしば四肢の冷え、寒がりを伴う
気血両虚益気養血痛みはひどくないが、治りにくい。疲れると痛みがひどくなり、休むと軽減する。顔色が悪い、疲労倦怠、食欲不振など

帯状疱疹後神経痛の漢方

弁証治法漢方薬の代表処方
気滞血お疏肝理気
理気活血
冠脉通塞丸
寒湿滞絡散寒除湿
通絡止痛
桂枝加苓朮附湯
気血両虚益気養血補中益気湯
四物湯

 ↑日本人必読の書

帯状疱疹後神経痛の針治療

 鍼灸の鎮痛作用を利用して、帯状疱疹後神経痛の痛みを和らげます。症状などをみて、それからツボを決めて治療をします。症状の変化によって、治療に使うツボも変わっていきます。体質改善や免疫力の向上も兼ねることになります。

携帯からも閲覧できます