鍼灸治療院からの情報@神戸・三宮 > 治療と東洋医学 >

「健康通信」 No.1 No.2 No.3 No.4


携帯電話からも閲覧できます

東洋医学的な鍼で元気に

 弱いところを守るために、体をかたくして防衛しているのだから、弱いところを元気づけてあげれば、体は元気になります。

東洋医学的に症状を楽にするツボの選び方と治療方法(一例)

 (1)症状も見ますが、人を観ることを優先します。
 (2)東洋医学的に診断して、弱っている内臓の働きをつきとめます。
 (3)内臓の働きを活発にするツボを鍼で刺激します。
 (4)内臓も元気になって、症状も楽になります。

東洋医学的な”気”を意識した鍼の打ち方(一例)

 (1)表面が硬く奥が弱っているツボを見つけます。
 (2)奥の弱いところに元気を補います。
 (3)表面の凝りを解放します。
 (4)奥が元気になり、表面の凝りが楽になると、血色が良くなり、肌の色もイキイキ。

 ・症状を起こしている原因に効果の高いツボを刺激して、症状が楽になることを主にしていきます。
 ・気の流れを良くし、元気を助け、陰陽のバランスをとることで、自律神経のバランスがとれ、筋肉の緊張がゆるみ、血行が促進され、酸素が体のすみずみに行き渡り、肌がきれいになるのを助けます。

 花粉症など、アレルギー症状の緩和にも有効です。