鍼灸院からの情報 > 治療と東洋医学 >

光化学スモッグ予報・注意報

光化学スモッグ予報・注意報は、大気汚染予測

光化学スモッグ予報・注意報:大気汚染予測システム VENUS

光化学スモッグ予報・注意報

光化学スモッグ濃度の高い状態が、一日中、続く場合も

 光化学スモッグは、太陽光線(紫外線)のあたる昼〜夕方にかけて生成されます。
 光化学スモッグは、VOCやNO2が、工場から出る煤煙や排気ガスなどから供給されると、その風下で激増します。
 中国からの大気汚染PM2.5の有毒成分PAHや、それから生成された光化学スモッグが、日本に飛来してきた時は、特に毒性が強くなり、日本由来だけでは考えられない、夜中〜午前にかけて濃度が高くなることもあります。
 中国から飛来してくるのは、黄砂だけではありません。
 光化学スモッグ対策をしないと、晴れた日が続くと、一日中、光化学スモッグを吸い続けることもあります。

光化学オキシダント濃度と光化学スモッグ注意報の関係


 ※画像は、国立環境研究所の公式ページの画像を加工せずに、そのまま、JavaScriptで表示しています。

日本人必読の書

カスタマーレビューを読んでから購入

携帯からも閲覧できます

外部リンク


鍼灸院からの情報 > 治療と東洋医学 >