鍼灸院からの情報 > 治療と東洋医学 >

大気汚染粒子情報:国立環境研究所

大気汚染粒子は毒性のあるSPM

大気汚染粒子SPMとは、粒径10μm以下の毒性のあるスス

 大気汚染粒子SPMとは、浮遊粒子状物質です。人為起源の微小粒子で、人の活動、つまり公害に伴って発生する空を霞ませる有毒な粒子です。

PAHとは、発ガン性のあるSPM

PAHとは、有毒な多環芳香族炭化水素の一種のSPMで、発ガン性もある物質

 肺から吸入されて、アレルギーやガンを促進させたり、女性ホルモンのバランスを攪乱したりします。
 DS元気を活用してください。

PAHの生成に関係するもの

DEPで肺が障害されます

 DEPとは、ディーゼルエンジンの排気ガス粒子で、吸入すると、肺の中で、フェントン反応が進むため、肺が障害され、浮腫が出来ます。

PM2.5とは、粒径2.5μm以下のSPM

PM2.5とは、SPMの中でも小さい2.5μm以下の微小粒子状物質

 PM2.5の内、粒子が小さいほど、表面積が多くなるため、人体への毒性が強くなります。

日本の未来のために、日本人必読の書

カスタマーレビューを読んでから購入しましょう!

SPMと花粉症

SPMは、花粉にも付着して、花粉症も悪化させます

 花粉の飛散量と症状の酷さが一致しないことが多いのは、花粉よりもSPMの量に左右されることが多いからです。
 花粉情報だけでなく、大気汚染粒子を生成している硫酸塩エアロゾル情報も確認してください。

大気汚染粒子と硫酸塩エアロゾル

 硫酸塩エアロゾルがら生成されたPM2.5の有毒成分PAHには発ガン性もあります。

大気汚染粒子と黄砂

大気汚染で空が霞んでいるのに、黄砂と誤認されています

 空を霞ませるのは、黄砂だけじゃないです。むしろ、中国からの大気汚染PM2.5で、日本の空が霞んでいる場合が多いです。

大気汚染物質が中国から日本に飛来する順番の傾向

  1. 硫酸塩エアロゾル:PM2.5の観測値が上昇する
  2. 大気汚染粒子  :発ガン性のある有毒なPM2.5が届く
  3. 黄砂      :有毒なPM2.5を吸着した黄砂が届く
  4. 光化学スモッグ :有毒なPM2.5が海上の紫外線照射でも増殖

スモッグを中国語に翻訳すると、煙霧

 煙霧に対応するスモッグ(smog)という英語も、煙(smoke)と霧(fog)からできた造語です。
 煙霧だから黄砂じゃない、という訳ではなく、黄砂の場合もあるし、黄砂以外の粒子状の大気汚染物質の場合もあります。
 大気汚染粒子の発生源の多くは、日本の場合、中国の工場の煤煙や、自宅用の石炭燃焼など、中国の公害です。
 中国の公害は、2007年がピークで高止まりの状態ですが、現在、太陽の活動が弱まることで、海からの水分の蒸発が減っているため、中国大陸の降雨量が減少し、石炭ストーブでの石炭燃焼量が増えています。そのため、これまでなら、中国本土の雨で落とされるはずの大気汚染粒子も日本に飛来しているため、その後も日本での健康被害は増えています。
 「小氷期 太陽黒点」で検索してみると、小氷期である、シュペーラー極小期:1450年〜1550年頃、マウンダー極小期:1645年〜1715年、ダルトン極小期:1790年〜1820年の期間は、ヨーロッパ大陸や中国大陸で雨が減って冬が寒くなるため、北方の民族が水と食料を求めて南に侵略しており、日本でも飢饉があり、火山の噴火や地震(津波)なども多発傾向。

硫酸塩エアロゾル大気汚染粒子の分布

大気汚染粒子予報・注意報(今日→明日)で対策を

 大気汚染粒子は日本に頻繁に飛来していて、大気汚染粒子を花粉黄砂と勘違いしている場合もあります。
 情報の拡散には、twitterなども活用してください。

 ※画像は、国立環境研究所の公式ページの画像を加工せずに、そのまま、JavaScriptで表示しています。

携帯からも閲覧できます

外部リンク

国立環境研究所

wikipedia


鍼灸院からの情報 > 治療と東洋医学 >