鍼灸院からの情報 > 鍼灸院情報 >

鍼灸院経営

鍼灸院経営収支(管理人の場合)

2002年赤字開業時の諸経費
2003年黒字インターネットによる集客
2004年赤字休みを増やして週休2日
2005年赤字人格障害への対応
2006年黒字施設利用費
2007年赤字稼ぎ頭の鍼灸師が独立開業
2008年赤字リーマンショック
2009年赤字政権交代で景気後退
2010年赤字夫婦関係の不和
2011年赤字夫婦関係の悪化
2012年赤字夫婦関係の険悪化
2013年赤字夫婦関係の凶悪化
2014年黒字離婚後、年中無休
2015年赤字定休日を日曜日に

鍼灸院経営を黒字化するには

鍼灸院経営を黒字にする方法

鍼灸院経営を黒字にする方法

鍼灸院経営の売上を増やす方法

鍼灸院経営を赤字にする原因

鍼灸院経営の赤字が続く原因

鍼灸院経営の備え

鍼灸院経営者の将来の備えができる公的な制度は黒字の時は節税効果になります

小規模企業共済 鍼灸院経営者の退職金になります
貸付制度もあるので、運転資金として、ファイナンス(低利のキャッシングや融資)にも活用できます
国民年金基金鍼灸院経営者の老後の年金を増やすため
岡田上鍼灸院 院長は、このページの更新も続けています