鍼灸院からの情報 > 鍼灸院情報 >

症状と要望

症状と要望について針治療で対応

針治療を症状を緩和する手段の一つとして活用してください。病院での検査・治療との併用をお薦めしています

鞭打ち(ムチウチ)、腰痛、肩こり、腱鞘炎、逆子、膠原病、足がつる、化学物質過敏症(MCS)、目の充血、骨盤整体、緊張性筋炎症候群(TMS)、虫刺され、ヘルペス、湿布薬の副作用、頭痛、眼精疲労、夏バテ、慢性肝炎、アトピー性皮膚炎、花粉症、サルコイドーシス、クローン病、線維筋痛症、三叉神経痛、咳喘息、 メヌエル病、ケネディ病(球脊髄性筋萎縮症)、パーキンソン病症候群、生理痛、低髄液圧症候群、脳脊髄液減少症、モートン病、パニック障害、器質性肺炎、飛蚊症、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、 へバーデン結節、視力回復、めまい、難聴、顎関節症、頸肩腕症候群、胸郭出口症候群、肋間神経痛、尺骨神経痛、後遺症、斜頚、ベル麻痺、脊柱側わん症、若ハゲ、脱毛、猫背、首の凝り、首の痛み、膝の痛み、背中の痛み、胃潰瘍、胃炎、筋肉疲労、肘の痛み、テニス肘(テニスエルボー)、スポーツ障害、試合や大会前のコンディション調整、フライバーグ病(ケーラー病)、手足のしびれ、病後の疲れ、介護疲れ、看護疲れ、味覚異常、嗅覚異常、歯の痛み、知覚過敏、前立腺肥大、不妊症、生理不順、更年期障害、月経前症候群(PMS)、月経前緊張症、子宮内膜症、子宮筋腫、糖尿病、高血圧、不整脈、動悸、息切れ、睡眠障害、なかなか疲れがとれない、慢性疲労症候群(CFS)、目のまわりのくま、肝機能低下(酒に弱くなったなど)、便秘、蕁麻疹(じんましん)、アレルギー性鼻炎、鼻たけ(鼻茸)、甲状腺の異常、変形性関節症、特定疾患、自己免疫疾患、関節リウマチ(RA)、全身性エリテマトーデス(SLE)、間質性肺炎、肺線維症(全身性強皮症)、潰瘍性大腸炎、ビュルガー病(バージャー病)、静脈瘤、心肥大、むくみ、ストレス感、自律神経失調症、不眠症、全般性不安障害(GAD)、引きこもり、ご近所づきあいや職場などでの心労など。

効果を実感できる針灸院で、さまざまな症状と要望への対応を!

 鍼灸脈診の基本に従って、少数の針で体を楽にします。
 当院の針治療で使う針は直径0.16mm。この細くて短い日本人用の針1種類しか使っていません。
 針の痛みに関しては、尖った金属を肌に刺すのですから多少の痛みは当然あります。しかし、ツボの状態により無痛に近いときもあります。院長は痛がりなので、わざわざ人に痛い針をするのは好みません。太い中国針も使いませんし、電気を流す針もしません。
安全
鍼灸
使用する針は、一回限りの使い捨て(ディスポーザブル)のため、
肝炎などの院内感染の心配もなく安全です。
 食物アレルギーは、潜在的なアレルギーを含め、重視しています。
 医療関係者の食品アレルギーに対する問題意識不足も多いため、ご自身で判断できるよう、対応策もアドバイスしています。
 耳つぼとは違うダイエットを提唱しています。
 サプリメントや健康器具は販売していません。

美容やダイエットにも対応

 ダイエット(痩身)、ニキビ、美容、美肌、小顔など。

院長では充分な対応ができないため、治療効果を期待できないもの

小児針小児の臨床経験がありません。
ガン気力、体力、指導力とも力不足。
インフルエンザ体調を悪化させないよう、他人に感染させないように。重篤な場合は救急医療の活用を。

担当させていただいた方々

効果を実感したい方、自律できる体作りを目指す方

【職業別】
 医師、歯科医師、看護師、薬剤師、鍼灸師などの医療従事者と家族。
 精神保健福祉士、ホームヘルパーなど医療福祉介護関係者。
 教職員、保育士など教育関係者。
 代表取締役、自営業者など事業主の方。
 サラリーマン、OL、派遣社員。
 主婦、パート、アルバイト、フリーター、学生。

自賠責保険での治療は可能

 当院では、交通事故が原因で、鞭打ち(むちうち)の症状で病院に通院中の方にも、当院の受付窓口で治療費をお支払いいただくよう、お願いしています。窓口での無料扱い、つまり、当院から保険会社に治療費を請求することは、していません。
 当院では、領収書発行の依頼があれば領収書を発行します。当院での治療費が全額返金されるよう保険会社と交渉していただき、当院の領収書を保険会社に提出してください。一般の保険取り扱いと違い、医師の承諾を得ることなく、自賠責保険での針治療は可能です。
 当院では、後日、保険会社から当院に治療回数の照会など、書類提出の依頼があれば書類を提出します。
 当院では、治療に関する費用や期間を保険会社と相談することが無いようにすることで、関係者に対し中立を保つようにしています。
 当院では、数年〜数十年前の事故を契機に体調不良となってしまった人の治療を頻繁に担当しています。針治療で上手に緊張が解放されていくと、症状の大半が劇的に改善していきます。そのため、現在、病院に通院中の人についても、治療回数を頻繁にするよう、当院から指導することは、していません。