鍼灸院からの情報 > 検索 >

未来人(2062年)の情報から日本の未来を考える

未来人(2062年)の情報から考える日本の未来

概要(このページは単なる妄想です)

 2015年に中国と米国の関係が悪化する。
 中華人民共和国と大韓民国や朝鮮民主主義人民共和国が原因で、第三次世界大戦に発展する。
 朝鮮半島や中国で核兵器が使われ、偏西風の風下となる日本にも放射性物質が広がる。
 安倍総理は、長く首相を務めることになる。
 インドが中国の一部を併合するため、インドの人口は増加する。
 食料供給バランスに大きな偏りができ、経済力が弱く人口の多い貧しい国では餓死の危険も。
 貧しい国発の難民によるテロが、全世界で増えていく。
 第三次世界大戦後から期間が経過していないため、人口問題に起因する不安定な世界状況を軍事力だけでは解決できない。
 天皇陛下は世界中から敬愛されている。

世界政府

 イルミナリティ主導で、世界政府が樹立され、天然資源の保護、食料や富の再分配に関する安定化政策が相次いで打ち出されるが、いずれ崩壊する。
 全人類への食料供給を安定させるため、穀物飼料を用いた家畜肉の生産が制限され、米、大豆、ジャガイモを中心とした農業生産、食生活へシフトする。
 枯渇した漁業資源を回復させるため、数十年間、漁獲が大幅に制限される。
 失われた森林資源を回復させるため、木材の紙利用が大幅に制限される。

書籍

 大量の紙印刷による情報伝達が全面的に制限されることで、書籍情報は電子化され、紙出版文化は衰えていく。
 残った紙書籍は、文化財としての価値が年を経る毎に上昇してゆく。
 遺った紙書籍は、富裕層の書棚を飾る贅沢品として、やがて床の間の掛け軸の如く扱われるようになる。

食事

 家畜肉の生産には、家畜の重量の10倍以上の穀物飼料が必要なため、食肉の生産は大幅に制限される。
 必要なタンパク質は、主に大豆から摂取。
 日頃よく食べるものは、米・じゃがいも・大豆など。
 漁獲権を認め続けると国際紛争の種になるので、地球規模の国家間合意の一環として、海洋漁業も全面的に制限される。海洋汚染が原因ではなく、海洋資源保護と国際紛争を避けるために、法律上、海洋生物を食することが制限される。
 現在のように肉や魚を食することができなくなる。
 菜食主義的な食生活になる。
 インド人は菜食主義に近い生活をしてきたので、超巨大な人口と最強の軍事国家になって、強力なリーダーシップを発揮する。

空中空母

 空中空母とは、ジャンボジェット機並の機体に多数の無人戦闘機を搭載した航空機。たくさんの空中空母が防空任務をこなす。

年表

2010年

2011年

2012年

2013年

2014年:日本は忍耐し、専守防衛に徹する

2015年:中国バブル弾ける

2016年:第三次世界大戦が水面下で始まっていた

2016年4月2062氏が、2chに書き込み

2062年から来た未来人を語るスレッドNo.40

2062年から来た未来人を語るスレッドNo.42

【2062年未来人】降臨スレ専用【2016/4/15】

2062年から来た未来人専用スレッド

【2062年未来人】降臨スレ専用 part2

2062年から来た未来人だが

2017年以降の未来の年表

2017年:アジアの国境が激変

2018年:自動通訳元年

2019年:ロシアと日本の関係が変化

2020年:アジアの安定と平和に日本軍が最大の働き(警備)をする

2024年

2028年

2034年

2035年

2037年

2039年

2041年

2042年

2044年

2045年

2047年

2049年

2053年

2060年

2062年

 インド人と日本人のハーフや、ロシア人と日本人とハーフは非常に多いが、旧中国人や旧韓国人とのハーフはめったにいない。

未来の領土

日本の領土拡大は、ロシアと緊張関係を持つ形に

ロシアの領土拡大で、北東アジアが管理下に

インドの領土拡大で、ロシアとの国境線が長くなる

第三次世界大戦

第三次世界大戦の前に日中で軍事衝突があり、中国に日米が応戦し、インドが中国を鎮圧

2060:a Love Story in a Utopian Future

 あらすじ:
 21世紀初頭に、男性のみが発症する致死性のウィルスが全世界に蔓延した。
 ウィルスで男性のほとんどが死亡し、男性が担っていた仕事を女性に引き継げなかった社会は壊滅的な打撃を受けた。
 わずかに生き残った男性は自らを隔離し、引きこもった。
 女性が大多数を占める小さなコミュニティごとの暮らしが続いた。
 この間、生き残り男性から採取した精液や精子バンクの資源を使って、厳しい管理のもと人工授精により最低限の人口を維持した。
 2060年に、男性のみが持つY染色体のDNAに抗ウイルス修正を施した精子の開発に成功する。

 著者は、カルフォルニア大学の心理学博士号をもつ70歳くらいの女性。
 序文によると、彼女はこの本を意図して書いたのではなかった。
 2006年の夏に夜な夜な、2060年の世界を背景にしたリアルな夢を見続けた。
 あまりにも気になる夢だったので、書き記した内容を伝えやすいように物語調にアレンジして出版したのだという。

 極度の男性不足のためレズビアンが日常化し、生き残った男性は異なる女性と寝る状態が続いた。

 限られた男性や人工授精による交配が続いたため、共通の父親を持つ子供がたくさん生まれた。
 その子どもたち同士の近親交配を防止するために、遺伝子家系を管理する政府機関ができ、無計画なパートナー選び、妊娠、出産はできなくなった。

ジョン・F・ケネディ大統領暗殺の情報公開

副大統領が、テキサス州知事に、暗殺を依頼

 1963年11月22日、車中で、ジョン・コナリーテキサス州知事が、後部座席の大統領の方に振り返り、帽子で隠した左手を手持ちのコートの中へ滑りこませ、右方向に座る大統領の位置を確認しながら、妻の座る側に背中を寄り掛かりつつ、コートの中の左手で銃を発射し、致命傷を負わせ、暗殺を実行した。
 その直後、ジョン・コナリーは、口封じのために、リー・ハーベイ・オズワルドから狙撃されたが、重症を負ったものの一命をとりとめた。ジョン・F・ケネディの暗殺を遂行したジョン・コナリーは、快復後、かたく秘密を守ったため、アメリカ政界で活躍することができた。
 リー・ハーベイ・オズワルドは、ジョン・コナリーの暗殺に失敗し、即座に逮捕され、「はめられた」と主張するのみで、彼の証言からマフィアの関与が暴露されるのも時間の問題かと思われた。
 マフィア上層部やマフィアと癒着した警察幹部の手ほどきで、ダラス市警察の幹部の多くとも関係が深いジャック・ルビーによって、口封じのために、リー・ハーベイ・オズワルドは、銃で狙撃され、殺された。
 ジャック・ルビーは、真相を語らないまま、4年後、獄中で癌により死亡。

カルロス・マルセロ

 カルロス・マルセロは、リンドン・ジョンソン、リー・ハーベイ・オズワルド、ジャック・ルビーとつながりがあった。
 事件の起きたダラスは、カルロス・マルセロの縄張りだった。
 カルロス・マルセロは、マフィアで、1960年の大統領選では、リチャード・ニクソンに50万ドルを献金。リンドンB・ジョンソンには、年間少なくとも5万ドルを手渡し、その見返りに犯罪を取り締まる法案を委員会でつぶすのに協力させた。そのため、リンドン・ジョンソンの力を借りて、カルロスはダラスで思い通りに事業をやれた。
 1961年にINS(移民局)の事務所に行くと、マルセロはグアテマラ市民でビザが切れていると言われ、ろくに荷物も金も持たされないまま、アメリカを追放された。手錠をかけられ旅客機でグアテマラへ送られた。
 カルロスがいなくなった後で、マフィアとの関係を持つことを躊躇しなかった父(父親のジョセフ・ケネディ・シニアは、禁酒法時代に密造酒の生産・販売を行っておりマフィアと関係を持っていた。大統領選挙において、ジョセフ・ケネディ・シニアの依頼で、マフィアやマフィアと関係の深い労働組合、非合法組織により、買収や不正な資金調達、複数の州における二重投票など大規模な選挙不正が行われた)や兄とは違うロバート・ケネディは「マルセロがアメリカにいないことを、非常にうれしく思う」と述べた。
 カルロスは「やつら(ケネディ家)は俺を誘拐して、グアテマラに捨てやがった」と言った。この追放はカルロスにとっては、コケにされ名誉を傷つけられたものだった。
 中米のエルサルバドルとホンデュラスでは、ジャングルの中を歩いたり散々な思いをしたという。2ヶ月間、中米で過ごし、その後、偽造入国ビザと、航空券を手に入れアメリカへ入国する。
 ケネディ家は、選挙のときマフィアに対して借りを作っておきながら、大統領になった後で、マルセロをグアテマラへ強制送還した。このことで、ケネディ家はマフィアを裏切り、宣戦布告したことになる。

リンドン・B・ジョンソン副大統領が、大統領に

 リンドン・B・ジョンソン大統領によって、事件の一週間後、1963年11月29日に、暗殺事件の最初の公式調査委員会が招集された。その委員会は、最高裁長官アール・ウォーレンによって率いられ、ウォーレン委員会の名称で知られるようになった。
 10か月の調査後、1964年9月末にウォーレン委員会報告書が公表された。
 委員会は、リー・ハーヴェイ・オズワルドの単独犯行と結論付け、いかなる個人、団体、国家の共謀を示す証拠は発見できなかったとしたが、事実は異なり、当時のアメリカ政界は、禁酒法(2039年も禁酒ですが)の時に勢力を拡大したマフィアとの関係が強く、情報を公開できなかった。

タイムマシン

 タイムマシンの発着場は、アメリカのネバダ州にあるエリア51空軍基地。
 現代アメリカ軍の一部は、未来人と協力関係にある。
 タイムマシンは先に未来型ができてそのしばらくあとに過去型ができる。
 タイムマシンは未来タイプ(VCX5000)が先に開発され、今でいう電車に似て非常に細長い姿になる。
 その十数年後に過去へ移動するタイプG+NXK6290が開発され、楕円形の姿になる。

未来型が先で過去型があとの理由

 タイムマシンの実用化に向けて次の2つの検証作業が必要になる。
 1)ちゃんとこの世界線を辿ってタイムトラベルしているかを確認する。
・できるだけシンプルな条件で実験を行う。
・無人機を使う。いきなり往復はしない。まずは未来への片道旅行。
・例えば 1時間後の未来へ飛ばし、1時間じっと待って出現することを確認する。
・これを100回、1000回と繰り返す。
・すると何回か出現しないケースがでてくる。(並行宇宙へ行ってしまうため)
・次に、飛ばす時間も変えて 同様に出現精度(確率)を繰り返し確認する。
・こうして世界線のトレース精度を確認し、可能な限りその精度を向上させる。(100%を目指す)
・やがて指定した未来時間への出現率が航空機の飛行成功率と同程度にまで高まる。
→ 未来型タイムマシンが完成。
 2)このようにして確認できた世界線のトレース誤差が、実際の世界にどう反映してくるかが次の関心テーマになる。
・未来へのタイムトラベルだけでは、照らしあわせる記録が未だ無いため検証ができないので、過去へのタイムトラベル往復実験に入る。
・過去へ人を送り、社会や環境を客観的、主観的に記録して戻ってくる。
・未来型で実験したとおりの精度で、タイムトラベラーは概ねちゃんと戻ってくることがわかる。
・タイムトラベル先の過去での記録が、実際の歴史記録と異なっていることが判明する。
・安全なタイムトラベルのためには、世界線のトレース精度を向上させる必要があることが明らかになる。
・精度改善にさらに10年程度を要する。
→ 過去型タイムマシンが完成し、安心してタイムトラベルが可能になる。
●まとめ:
 未来型、過去型はタイムマシンの精度検証過程上の必然かつ便宜的な区別である。
 タイムトラベラーが行方不明にならない程度の低精度のタイムマシンが未来型。
 歴史の記録通りに、過去と未来に往復できるタイムマシンが過去型。

ジョン・タイターが使用したタイムマシンは未来型

 タイムマシンの移動精度が不足していたため、彼の歴史にあった内戦や2000年問題が起きない、この世界に紛れ込んでしまい、期待した未来へ帰ることができなかった。

未来人(2062年)の情報から日本の未来を考える時の注意事項

 2011年以降の書き込みの真贋疑惑が多く、重点的に考察対象にするのは、2010/11/14、2010/11/16、2010/11/21か?

携帯からも閲覧できます

外部リンク


鍼灸院からの情報 > 検索 >