鍼灸院からの情報 > ツボと経絡 >

督脈

督脈←→任脈

督脈のツボ

記号ツボ名称性質針治療お灸での作用部位
GV1長強督脈の絡穴痔疾患尾骨下端と肛門の間
GV2腰兪 腰痛、腰部冷感、痔疾患仙骨裂孔の中央陥凹部
GV3腰陽関 腰痛、下肢神経痛、リウマチ、遺尿症第4・第5腰椎棘突起間
GV4命門 腰痛、精力減退、出血第2・第3腰椎棘突起間
(左右第12肋骨先端を結んだ線と正中線との交点にあたる場合が多い)
GV5懸枢 腰痛、胃腸疾患(嘔吐、消化不良、胃炎)第1・第2腰椎棘突起間
GV6脊中 第11・第12胸椎棘突起間脊髄炎
GV7中枢奇穴食道痙攣、背部痛、肋間神経痛、小児疳虫症第10・第11胸椎棘突起間
GV8筋縮 背部痛、麻痺性の疾患(顔面神経痛)、ヒステリー第9・第10胸椎棘突起間
GV9至陽 胃疾患(食欲不振、胃アトニー、胃酸過多症)、頭重、腎熱第7・第8胸椎棘突起間
(左右肩甲骨下角を結んだ線と正中線との交点にあたる場合が多い)
GV10霊台 喘息、気管支炎、脾熱第6・第7胸椎棘突起間
GV11神道 精神病、ノイローゼ、ヒステリー、肝熱第5・第6胸椎棘突起間
GV12身柱 小児疾患(疳虫)、神経系疾患(神経衰弱、ヒステリー、精神病)、呼吸器疾患(感冒)第3・第4胸椎棘突起間
(左右肩甲棘内端を結んだ線と正中線との交点にあたる場合が多い)
GV13陶道 感冒、頭重、頭痛、眩暈第1・第2胸椎棘突起間
GV14大椎 頚項強、頭痛、鼻出血第7頚椎棘突起と第1胸椎棘突起間
(頭を前屈し、一番高く突出する突起が第7頚椎棘突起の場合が多い)
GV15瘂門 脳溢血、高血圧等による言語障害項窩の中央、後髪際を入ること5分の陥凹部
GV16風府 感冒、咽喉炎、咳嗽、鼻疾患外後頭隆起の下方、後髪際を入ること1寸
GV17脳戸 脳充血、脳貧血、三叉神経痛外後頭隆起上際の陥凹部
GV18強間 脳充血、脳貧血、三叉神経痛脳戸穴の上1寸5分、百会穴の後3寸、正中線上 (小泉門部)
GV19後頂 脳充血、脳貧血、三叉神経痛百会穴の後1寸5分、正中線上
GV20百会 脳充血、脳貧血、三叉神経痛、頭痛、高血圧症、痔疾患前髪際を入ること5寸、正中線上
(左右耳尖を結んだ線と正中線との交点)
GV21前頂 頭痛、頭重、脳充血百会穴の前1寸5分、鼻尖を的に正中線上
GV22顖会 頭痛、頭重、脳充血、高血圧症前髪際を入ること2寸、正中線上(大泉門部)
GV23上星 蓄膿症、前頭痛、鼻カタル、眩暈、眼疾患前髪際を入ること1寸、正中線上
GV24神庭 前頭痛、鼻カタル、眩暈前髪際を入ること5分、正中線上
(眉間中央から上に3寸)
GV25素髎 鼻づまり、喘息、鼻出血鼻尖の中央陥凹部
GV26水溝 人事不省、糖尿病、顔面浮腫、気付け、ヒステリー鼻中隔の直下、人中の中央
GV27兌端 鼻出血、歯齦炎上唇の上端正中、外皮と粘膜の間
GV28齦交 鼻茸、頚項痛上歯齦の前面正中、上唇を反転して上唇小帯の直下

携帯からも閲覧できます

日本の未来のために、日本人必読の書

カスタマーレビューを読んでから購入しましょう!


鍼灸院からの情報 > ツボと経絡 >