鍼灸院からの情報 >

ツボと経絡

ツボと経絡でアクセスの多いページ

  1. 足の太陽膀胱経[38]
  2. このページ[62]
  3. 足の少陰腎経[76]
  4. 手の厥陰心包経[79]
  5. 難経[85]
  6. 足の少陽胆経[88]
  7. 手の太陰肺経[98]
  8. 霊亀八法と子午流注[100]
  9. このページ
  10. 手の陽明大腸経*
  11. 任脈
  12. 足の太陰脾経
  13. 手の太陽小腸経
  14. 督脈
  15. 足の厥陰肝経
  16. 足の陽明胃経
  17. 手の少陰心経
  18. 手の少陽三焦経
  19. 素問
  20. 霊枢

経絡上のツボを使いこなすには

難経素問霊枢などを解読していくことが必要

 経絡のことも解説している中国の古典には、変換・秘匿・暗喩などが満ち満ちています。文字通りにしか解釈できない人は、文献を抱えて頭が混乱するので、原文に近いものを読むのは止めた方がベターかもしれません。
 中国の古典を解読する時は、精神面で鬼神の類いになってしまわないよう、謙虚な姿勢を保持して下さい。真正面から読むのではなく、上下・左右・前後・表裏から、暗号を解いていくように読んで下さい。単なる文献オタクには嵌まり込まないように。

中国の古典を解読していくことが必要

 頭の柔軟な方に中国の古典の解読に挑戦していただきたい。生理学と分子栄養学と量子物理学で妥当性を検証し、唯物論と唯心論のバランスをとりながら、解読した結果をインターネットで公開して戴ければ、多くの鍼灸師が助かります。
 中国の古典を適切に解読できれば、針治療などの医療技術にも使える本だと信じ、精進して下さい。
 ちなみに「傷寒雑病論」は「傷寒論」と「金匱要略」を合本にしたものです。

12経絡と奇経八脈(督脈・任脈・陽蹻脈・陰蹻脈・陽維脈・陰維脈・帯脈・衝脈)

12経絡の順番と督脈・任脈

 経絡マップなども参考にしてください。
 
LU:寅03)手の太陰肺経LI:卯05)手の陽明大腸経
太陰  陽明 ↓
SP:未09)足の太陰脾経ST:辰07)足の陽明胃経
 
HT:午11)手の少陰心経SI:未13)手の太陽小腸経
少陰  太陽 ↓
KI:酉17)足の少陰腎経BL:申15)足の太陽膀胱経
 
PC:戌19)手の厥陰心包経TE:亥21)手の少陽三焦経
厥陰  少陽 ↓
LR:丑01)足の厥陰肝経 GB:子23)足の少陽胆経
 
GV:督脈 
CV:任脈 

陽蹻脈 宗穴:申脈

申脈(宗穴)→ 僕参(本)→ 附陽(郄穴)→ 臑兪巨骨肩髃人迎地倉巨髎承泣睛明風池

陰蹻脈 宗穴:照海

然谷照海(宗穴)→ 交信(郄穴)→ 缺盆人迎睛明

陽維脈 宗穴:外関

金門陽輔 陽交(郄穴)→ 居髎臂臑臑会天髎臑兪風池瘂門 風府 脳空承霊正営目窓頭臨泣陽白本神

陰維脈 宗穴:内関

築賓(郄穴)→ 衝門 府舎大横腹哀期門天突廉泉      

帯脈 宗穴:足臨泣

章門帯脈五枢維道

衝脈 宗穴:公孫

気衝横骨大赫気穴四満 陰交 中注肓兪商曲石関陰都腹通谷幽門

経絡理論でバランスを整えるツボは針を駆使する鍼灸師でないと効果が薄い

 「肩凝りなら肩に針」という「整形外科的な鍼」は、「瀉のみで補はない」ので「補う力が無い」と言えます。
 東洋医学的な鍼では、手技で瀉と補を使い分けます。鍼の補法は瀉法よりも慎重な手技が要求されるので、鍼は瀉法に向いています。この瀉法の使い方を工夫すると、より高度な針治療が可能になります。例をあげれば、経絡理論で活用している五行理論を応用することでツボを瀉すことで経絡を補すことができます。また、体力不足の主たる原因が寒熱の過剰である場合には、過剰なものを瀉すことで体の機能を回復させます。ツボと経絡の使い方には、数学的な感覚と柔軟な思考が必要です。

経絡の五行穴(五輸穴)

経絡の五行穴のツボを使いこなすには数学的センスも必要

五輸穴
経気
経絡
主治心下満身熱体重節痛喘咳寒熱逆気而泄
陽干(大過・剛)庚:かのえ壬:みずのえ甲:きのえ丙:ひのえ戊:つちのえ
陰干(不及・柔)乙:きのと丁:ひのと己:つちのと辛:かのと癸:みずのと
干合化生→金→木→土→水→火
 
胆経(甲)→土 剋:足竅陰 母:侠谿 甲:足臨泣 子:陽輔 畏:陽陵泉
脾経(己) 剋:隠白 母:大都 己:太白 子:商丘 畏:陰陵泉
 
肝経(乙)→金 乙:大敦 子:行間 畏:太衝 剋:中封 母:曲泉
大腸経(庚) 庚:商陽 子:二間 畏:三間 剋:陽谿 母:曲池
 
小腸経(丙)→水 畏:少沢 剋:前谷 母:後谿 丙:陽谷 子:小海
肺経(辛) 畏:少商 剋:魚際 母:太淵 辛:経渠 子:尺沢
 
心経(丁)→木 母:少衝 丁:少府 子:神門 畏:霊道 剋:少海
膀胱経(壬) 母:至陰 壬:足通谷 子:束骨 畏:崑崙 剋:委中
 
胃経(戊)→火 子:厲兌 畏:内庭 剋:陥谷 母:解谿 戊:足三里
腎経(癸) 子:湧泉 畏:然谷 剋:太谿 母:復溜 癸:陰谷
 
流れ(体液と膜の相互作用による):心包←丁(癸)/三焦←(壬)丙
心包経(相火) 母:中衝 丁:労宮 子:大陵 畏:間使 剋:曲沢
三焦経 (母):関衝 (壬):液門 (子):中渚 (畏):支溝 (剋):天井

五要穴

 原穴募穴背兪穴絡穴郄穴
臓腑陽病陰病 慢性急性 
寅:肺経 太淵 中府 肺兪 列缺 孔最
卯:大腸経 合谷 天枢 大腸兪 偏歴 温溜
辰:胃経 衝陽 中脘 胃兪 豊隆 梁丘
巳:脾経 太白 章門 脾兪 公孫 地機
午:心経 神門 巨闕 心兪 通里 陰郄
未:小腸経 腕骨 関元 小腸兪 支正 養老
申:膀胱経 京骨 中極 膀胱兪 飛陽 金門
酉:腎経 太谿 京門 腎兪 大鐘 水泉
戌:心包経 大陵 膻中 厥陰兪 内関 郄門
亥:三焦経 陽池 石門 三焦兪 外関 会宗
子:胆経 丘墟 日月 胆兪 光明 外丘
丑:肝経 太衝 期門 肝兪 蠡溝 中都
督脈    長強 
任脈    鳩尾 
陽維脈    陽交
陰維脈    築賓
陽蹻脈    附陽
陰蹻脈    交信

下合穴

下合穴は胃経膀胱経胆経にある

足三里
大腸上巨虚
小腸下巨虚
三焦委陽
膀胱委中
陽陵泉

霊亀八法と子午流注

携帯からも閲覧できます

外部リンク

経絡テスト向野義人氏のサイト
ツボ健康法オンライン相談室クリンスイ・クラブWeb

鍼灸院からの情報 >