難経1難

一難曰.

一難曰. 十二經皆有動脉.獨取寸口.以決五藏六府死生吉凶之法.何謂也. 然.寸口者.脉之大會.手太陰之脉動也. 人一呼脉行三寸.一吸脉行三寸.呼吸定息.脉行六寸. 人一日一夜.凡一萬三千五百息.脉行五十度.周於身.漏水下百刻. 榮衞行陽二十五度.行陰亦二十五度.爲一周也.故五十度.復會於手太陰. 寸口者.五藏六府之所終始.故法取於寸口也.

意釈・訳文

 寸口だけの脈診で、五臓六腑の状態、生死、予後まで判定できる。
 寸口は脈気が大会する所で手の太陰肺経の脈動する部位である。
 人間が息を1度吐き出す毎に脈気は3寸進み、1度吸い込む毎に3寸進む。呼気と吸気で1息、その間に脈気は6寸進む。
 人間は1日1夜で約13500回呼吸する。その間に脈気は全身を50回巡回し水時計は100刻を告げる。営衛の気は、陽の部分を25回、陰の部分を25回、合計50回巡回する。気は、手の太陰肺経から発して全身を巡り、また元にかえる。
 寸口は五臓六腑の経気が終始する所なので、寸口の脈を診ることで判定できる。
 9.375呼吸/分(13500÷24÷60)
 全身の経長=1620寸(13500÷50×6)