2難【難経

二難曰.

二難曰.
脉有尺寸.何謂也.
然.尺寸者.脉之大要會也.
從關至尺.是尺内陰之所治也.
從關至魚際.是寸口内陽之所治也.
故分寸爲尺.分尺爲寸.
故陰得尺内一寸.得陽寸内九分.尺寸終始一寸九分.故曰尺寸也.

意釈・訳文

 寸口の脈には尺と寸があり、尺と寸は脈気が大会する脈動部位の寸口にある。
 尺内:関〜尺。人体の陰の状態と密接な関係がある。
 寸口内:関〜魚際。人体の陽の状態と密接な関係がある。
 寸口という言葉を広義に使う時は、この部位の中で、関上よりも肘によった所に尺中と呼ぶ場所があって、これを単に尺とも言い、広義の寸口のうちに含まれる。また、尺中という言葉を広義に使う時は、手首から肘までのことで、広義の寸口という場所もそのうちに含まれる。この寸口を単に寸とも言う。
 人体の陰の情報を得るには尺(1寸)、陽の情報を得るには寸(9分)を診る。尺と寸の長さは1寸9分。これが、脈診をする時の尺と寸である。