3難【難経

三難曰.

三難曰.
脉有太過.有不及.有陰陽相乘.有覆.有溢.有關.有格.何謂也.
然.
關之前者.陽之動.脉當見九分而浮.
過者.法曰太過.
減者.法曰不及.
遂上爲溢.爲外關内格.此陰乘之脉也.
關以後者.陰之動也.脉當見一寸而沈.
過者.法曰太過.
減者.法曰不及.
遂入尺爲覆.爲内關外格.此陽乘之脉也.
故曰覆溢.是其眞藏之脉.人不病而死也.

意釈・訳文

 脈状で、太過の脈、不及の脈、陰乗の脈、陽乗の脈、の脈、の脈、関の脈、格の脈は、どんな脈のことか?

 関上から指先の方向の部位に人体の陽の動きが現れる。寸(関上から指先の方9分)で、軽く浮かして脈を診る。
 太過:寸から更に指先によった所にまで脈が現れる。
 不及:寸まで届かない。
 :寸から更に指先の方に行って魚際の所まで搏動が現れる。この時は、外が閉じてしまって内が外との交流を拒むという意味で外関内格と言う。この時の脈は、陰の気が強過ぎるため、陽の部位にまで溢れて、乗りかかっているので、陰乗の脈と言う。

 関上から肘の方向の部位には人体の陰気の状態が現れる。尺中(関上から肘の方1寸)で、深く沈めて脈を診る。
 太過:尺中から更に肘によった所にまで脈が現れる。
 不及:尺中まで届かない。
 :尺中から更に肘窩の近くまで搏動が現れる。この時は、内が閉じてしまって外が内との交流を拒むという意味で内関外格と言う。この時の脈は、陽の気が強過ぎるため、陰の部位にまで覆いかぶさって、乗りかかっているので、陽乗の脈と言う。

 の脈やの脈は、胃の気がなくなった時に現れる、いわゆる真臓の脈の種類なので、この脈状を現している病人は死ぬ場合が多い。