難経8難

八難曰.

八難曰. 寸口脉平而死者.何謂也. 然. 諸十二經脉者.皆係於生氣之原. 所謂生氣之原者.謂十二經之根本也.謂腎間動氣也. 此五藏六府之本.十二經脉之根.呼吸之門.三焦之原. 一名守邪之神. 故氣者人之根本也.根絶則莖葉枯矣. 寸口脉平而死者.生氣獨絶於内也.

意釈・訳文

 寸口の脈が平脈なのに、死亡することがあるのは、なぜか?

 全身に巡る十二経脈は、全て、生気の原(生命維持の原動力)によって運行されている。
 この生気の原は、十二経脈の運行の根本で、腎間の動気とも言う。
 これは、五臓六腑の基本、十二経脈運行の根元、呼吸の大本、三焦の原(呼吸・消化・吸収・排泄作用の根元)、一名、守邪の神(人体を外界の邪気から守る働き)とも呼ぶ。
 このように、生気の原は人の根本である。根が枯れれば、暫くは何とか生きていても、やがて茎葉共に枯死してしまう。
 寸口の脈が平脈なのに死亡するのは生気が消えかかっていて、内で絶えているからだ。