12難【難経

十二難曰.

十二難曰.
經言.
五藏脉已絶於内.用鍼者反實其外.
五藏脉已絶於外.用鍼者反實其内.
内外之絶.何以別之.
然.
五藏脉已絶於内者.腎肝氣已絶於内也.而醫反補其心肺.
五藏脉已絶於外者.其心肺脉已絶於外也.而醫反補其腎肝.
陽絶補陰.陰絶補陽.是謂實實虚虚.損不足益有餘.
如此死者.醫殺之耳.

意釈・訳文

 五臓の脈が、既に内部で絶えようとしているのに、誤って外部を実させる刺法を行うことがある。
 五臓の脈が、既に外部で絶えようとしているのに、誤って内部を実させる刺法を行うことがある。
 昔の医書は誤治を戒めているが、内外の絶は、どのように区別したらよいのか?

 五臓の脈が既に内部で絶えようとしているのは、内に相当する腎と肝の気が絶えようとしていることでわかります。この場合、外に相当する心と肺の気を補して実させるのは誤治です。
 五臓の脈が既に外部で絶えようとしているのは、外に相当する心と肺の気が絶えようとしていることでわかります。この場合、内に相当する腎と肝の気を補して実させるのは誤治です。
 陽気が絶えようとしているのに陰気を補したり、陰気が絶えようとしているのに陽気を補したりするのは、これこそ、実しているものを更に実させ虚しているものを更に虚させ、不足しているものを更に損ない、有余しているものを更に益させるなどの誤治です。
 このようにして死んでしまうのは、医者が誤って殺したようなものです。