13難【難経

十三難曰.

十三難曰.
經言.
見其色而不得其脉.反得相勝之脉者.即死.得相生之脉者.病即自已.
色之與脉.當參相應.爲之奈何.
然.
五藏有五色.皆見於面.亦當與寸口尺内相應.
假令
色青.其脉當弦而急.
色赤.其脉浮大而散.
色黄.其脉中緩而大.
色白.其脉浮渋而短.
色黒.其脉沈濡而滑.
此所謂五色之與脉.當參相應也.
脉數.尺之皮膚亦數.
脉急.尺之皮膚亦急.
脉緩.尺之皮膚亦緩.
脉渋.尺之皮膚亦渋.
脉滑.尺之皮膚亦滑.
五藏各有聲色臭味.當與寸口尺内相應.其不相應者病也.
假令
色青.
其脉浮渋而短.若大而緩.爲相勝.
浮大而散.若小而滑.爲相生也.
經言.
知一爲下工.知二爲中工.知三爲上工.
上工者十全九.中工者十全八.下工者十全六.
此之謂也.

意釈・訳文

尺膚
脈状弦急浮大散(数)中緩大浮渋短沈(小)軟滑
顔面の色肝脈心脈脾脈肺脈腎脈
自     相生    相勝(死病)相勝(死病)相生    
相生    自     相生    相勝(死病)相勝(死病)
相勝(死病)相生    自     相生    相勝(死病)
相勝(死病)相勝(死病)相生    自     相生    
相生    相勝(死病)相勝(死病)相生    自     
 五臓には、それぞれ特有の声、色、臭、味が対応し、寸口の脈や尺膚に対応して現れる。もし対応していなければ病んでいる。
 昔の医書に、
 顔色と脈と尺膚の3種の診察法のうちで、その中の一つだけしかできない者を下工、二つができる者を中工、三つとも全部できる者を上工といい、全部できない者は問題外。
 上工は10人の病人をみて9人までも治すことができ、中工は、8人までは治すことができ、下工でも6人くらいは治すことができる。
 とあるのは、このことをいっている。