難経18難

十八難曰.

十八難曰. 脉有三部.部有四經.手有太陰陽明.足有太陽少陰.爲上下部.何謂也. 然. 手太陰陽明金也.足少陰太陽水也.金生水.水流下行.而不能上.故在下部也. 足厥陰少陽木也.生手太陽少陰火.火炎上行.而不能下.故爲上部. 手心主少陽火.生足太陰陽明土.土主中宮.故在中部也. 此皆五行子母.更相生養者也. 脉有三部九候.各何所主之. 然. 三部者.寸關尺也. 九候者.浮中沈也. 上部法天.主胸以上至頭之有疾也. 中部法人.主膈以下至齊之有疾也. 下部法地.主齊以下至足之有疾也. 審而刺之者也.
人病有沈滯久積聚.可切脉而知之耶. 然. 診在右脇有積氣.得肺脉結.脉結甚則積甚.結微則氣微. 診不得肺脉.而右脇有積氣者.何也. 然. 肺脉雖不見.右手脉當沈伏. 其外痼疾同法耶.將異也. 然. 結者.脉來去時一止無常數.名曰結也. 伏者.脉行筋下也.浮者.脉在肉上行也. 左右表裏.法皆如此. 假令脉結伏者.内無積聚.脉浮結者.外無痼疾. 有積聚.脉不結伏.有痼疾.脉不浮結. 爲脉不應病.病不應脉.是爲死病也.

【解説】

相克:左の陽脉は、右の陰脉を克する

寸:(左)火→金(右)
関:(左)木→土(右)
尺:(左)水→火(右)
金→木は、寸関尺が違うから無い
土→水は、寸関尺が違うから無い

相生:十八難は、相生だけを説明訳している

左:水(尺)→木(関)→火(寸)
火(左寸)→火(右尺)
右:火(尺)→土(関)→金(寸)
金(右寸)→水(左尺)

意釈・訳文

 脈には、三部があって、その各々に4経脈の脈気が現れる。
 手の太陰肺経と陽明大腸経は金に属する。足の少陰腎経と太陽膀胱経は水に属する。
 金生水で、水は低い方に流れくだるだけで上にのぼることができない。だから、足の少陰腎経と太陽膀胱経は下部にある。
 足の厥陰肝経と少陽胆経は木に属する。木生火の理によって、木に属する肝経と胆経からは、火に属する心経と小腸経を生じる。元々、火炎は上にたちのぼるだけであって、下にくだることはない。そこで、手の少陰心経と太陽小腸経は上部にある。
 手の厥陰心包経と少陽三焦経は火に属する。火生土の理によって、土に属する足の太陰脾経と陽明胃経は土で中部にある。
 みな五行の母子関係の法則に従って、金から生じ、水が下がって、木が生えて上にのぼり、火が立ち昇って、土を生じ、金を生じる。
 三部は、寸関尺。九候は、それぞれ、浮中沈。
 上部:天:胸〜頭
 中部:人:横隔膜〜臍
 下部:地:臍〜足
 詳しく調べ、刺すものなり。

 病には、癪病(冷えの邪気が体内に長い間とどまって、冷えの積み重なり)や、聚病(冷えの集まり)もある。
 癪病の病根である冷えの積み重ねの病変が、腹診によって、右の脇下に塊としてわかる時は、肺に結脈が現れる。結脈というのは、脈搏がゆるやかで時々一つ停止する脈のことで、この結脈の現れ方がひどい時は癪の病状もひどく、微かである時は病状も軽い。
 結脈:脈搏が時々ぽんととんで、いつも均等に搏動しない。
 伏脈:脈が筋肉の下を深く潜って流れ、指先でふれても感じにくい。
 浮脈:脈が肌肉の上に浮いて流れる。
 これらの脈が、左に現れると病変も左にあり、右に現れると病変も右にある。
 脈が浮いていると病変は人体の外・表の部にあり、沈んでいると病変は人体の内・裏の部にある。
 脈が沈結:内・裏に癪聚がある。
 脈が浮結:外・表に持病の病変。
 脈状と病状が一致しない場合は死病。