19難【難経

十九難曰.

十九難曰.
經言.
脉有順逆.男女有常.而反者.何謂也.
然.
男子生於寅.寅爲木.陽也.
女子生於申.申爲金.陰也.
故男脉在關上.女脉在關下.
是以男子尺脉恒弱.女子尺脉恒盛.是其常也.
反者.男得女脉.女得男脉也.
其爲病何如.
然.
男得女脉.爲不足.病在内.
左得之.病則在左.右得之.病則在右.
隨脉言之也.
女得男脉.爲太過.病在四肢.
左得之.病則在左.右得之.病則在右.
隨脉言之.此之謂也.

意釈・訳文

 陽が生まれる時刻は、寅の刻(木に属し陽)。
 陰が生まれる時刻は、申の刻(金に属し陰)。
 男脈は関上より上の寸口に勢いが現れる。女脈は関上より下の尺中に勢いが現れる。男の尺中はいつも弱めで、女の尺中はいつも強め。
 反対は、男に女脈、女に男脈。
 男が女脈を呈する時は、陽気が不足していて、病変は体の内部。
 女が男脈を呈する時は、陽気が太過していて、病変は体の外側の手足。
 脈が左に出ると病変も体の左側、右に出ると病変も体の右側。